FC2ブログ
いよいよ、
TBSの”世界遺産”で見てから、
ずっと行ってみたいと思ってたギアナ高地を目指す。

P1090698.jpg

カルロスの奥さんに作ってもらった朝食、
美味しかった。

7:00にガイドのお兄さんのお迎え、
タクシーで空港へ。

2時間近く、1人で空港で待たされる。

他のツアー・メンバー待ち?
と思いきや、
ツアーとは全然関係ない人を待っていたみたい。

そのツアーとは関係ない人と、
操縦士と、
俺、
3人で出発!

あれっ?
ガイドさん、
なんで、
ガラス越しにニコニコ俺に手を振ってるの?

何も知らされることなく、
エンジェル・フォールの拠点となる街
”カナイマ”
へ出発。

きっと辿り着いた空港で、
誰かがボードか何かを掲げて、
俺を待ってくれているのだろう、
と妄想を膨らませて気持ちを落ち着かせる。

初の小型機、

P1090741-.jpg

4人乗り。

なんだか小さすぎると飛行機って怖いね、、
機体がブルブルブルブル、
ポロッってすぐに部品が取れそう。

P1090722.jpg

離陸中~、
フワフワ何度も襲ってくる浮遊感、
嫌いじゃない。

P1090724-.jpg

すっかり安定して一安心、

P1090727.jpg

もう1人の乗客さんは余裕。

初小型機に慣れてきた頃、
景色を楽しむ余裕も出てきた、

P1090728.jpg

P1090732.jpg

P1090734.jpg

P1090735.jpg

P1090738.jpg

P1090740.jpg

すっかり魅了されてしまった。

それに、
いつかやりたいスカイダイビングのイメージトレーニング、
なんだかムリそう^^

小さな空港に到着、
ツアーを申し込んだ時のレシートを持ってフラついてたら、
ガイドさんが登場、
英語が話せる人で安心。

空港から歩いて10分程度、
カナイマ湖近くのホテルに到着、

P1090742.jpg

オウムがお出迎え。

そこで、
先に到着していたらしいツアーメンバーと合流、
外国人8名。

そういえば、
今まではラッキーな事に、、
泊まりで参加するツアーでは、
必ず日本人がいたんだけど、
今回は0らしい。

でもそのホテルからトラックに乗って、
すぐにどこかへ移動するらしい。

移動した先に、

P1090743.jpg

ボート?

ガイドが、
”これからエンジェル・フォールに行く”
と言っている。

えっ?
エンジェル・フォールは2日目って聞いてたけどなぁ、
と思いながら、、、
乗船。

P1090744.jpg

キレイ。

P1090751.jpg

他のツアーのボート、
恐らく日本人と思われる2人組みの女の子が乗ってた、
目が合って、
なんとなく挨拶を交わす、

P1090753.jpg

テプイ、
見事に平ら、

P1090755.jpg

P1090756.jpg

昼食休憩地点、

P1090765-.jpg

P1090768.jpg

こんな恐ろしい所も通ったり。

P1090772.jpg

急に天候が悪化して大雨の中、

P1090782.jpg

やっと姿を現したエンジェル・フォール、
世界一の落差(979m)!

でも乗船してから4時間以上かかった、
ケツ痛し。

エンジェル・フォールのある島に上陸して、
ジャングルの中を1時間くらい歩く、

P1090787.jpg

P1090788.jpg

ついにたどり着きましたぁ。

そして更に歩いて真下まで、

P1090802.jpg

神々しい。

エンジェル・フォールを後にして、
エンジェル・フォール近くの宿泊施設へ向かう。

今日の寝床はハンモック、
乗った事はあれど、
寝るのは初めて。

結構、寝心地良さそう。

P1090808.jpg

夕飯、
鶏肉とサラダとご飯、
デザートにメロンとスイカ、
たくさん移動したから、
ご飯が美味しかった。

友達もできた、
スイス人の女性、
Nora。

彼氏と参加しているのに、
俺とずっと話してて大丈夫なのかなぁ、
と気になったりしたけど。

医学生で、
八ヶ国語も話せるんだって、
スゴイねぇ。

話を聞いてみると、
どうやら俺以外の人はみんな、
今日がツアー2日目らしい。

みんなは明日でツアー終了、
俺は明日が2日目なんだけどなぁ。

どうなってんだ、
俺のスケジュール?

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
座席が広くて快適、
ぐっすり眠れた、
7:00にシウダー・ボリーバルのバス・ターミナルに到着。

すぐに1人のおっちゃんが話しかけてきた、
エンジェル・フォールのツアー勧誘。

他の参加者が既に揃ってるから、
俺も明日からの参加が可能らしい。

バスターミナルの横に小さなオフィスがあって、
そこでとりあえず話を聞くことにする。

ベネズエラ、
今日、明日と選挙らしい。

だからお店は全部閉まってて、
街の中心に行っても、
どこの旅行代理店も閉まってる、
と。

それは困る、
でもこのおっちゃんの罠かも?

でもおっちゃんの提示する条件が良すぎる。

ツアーの内容は、
俺がインターネットで調べてた内容と変わらないから問題なし。

今日の宿は、おっちゃん宅に泊めさせてもらえて、
朝食付き。

ここからおっちゃん宅までのタクシーも込みで、
2200ボリーバル(44000円くらい)、
USドルだと290US。

ベネズエラのUSドルの換金レート、
なぜか非常に良くて、
USドルで払う方がなぜか圧倒的に得なのだ。

決めてしまっても良い、
ただ他と全く比べずに、
一件の代理店だけで決めてしまうのがちょっと心配。

カラカスで出会った中国人のおばちゃんが、
”ツアーを空港で探してみな”って言ってたのも気になる。

”空港でも他の代理店を探してみたい”
と言って、
おっちゃを揺さぶろうと思ったら、
困る様子もなく快諾、
気が変わったときのために、
連絡先を教えてくれようとしている。

この態度に、
”この人は信用できそうだな”
と感じて、
ツアーの参加を決めることにした。

ちょうどおっちゃんも一旦自分の家に戻りたかったみたいで、
一緒に家に向かう事に。

家が旅行代理店のオフィス兼住居になってて、
俺みたいな旅行者が泊まれるように、
いくつか部屋が用意されている。

奥さんと子供も一緒、
子供が全く俺になつかない^^

ツアーの値段、
値段は290USドルから250USドルにディスカウントしてもらった。

ついでに、
俺のキャッシュカードが使えないから、
100USドルをボリーバルに換金してもらった、
銀行での換金率は4.5ボリーバル/1USだけど、
7.6/1USにしてもらった。

P1090698.jpg

今日も朝食をだしてくれた。

wifiも使えるし、
こっちからお願いする前から、
洗濯は手洗いしても良い、
って言ってくれるし。

ただで泊まらせてもらってるのに、
居心地良すぎ。

良い天気(というか灼熱)だし、
広い物干しがあるから、
お言葉に甘えて、
汚れを通り越して、
なんだかネバネバし始めたリュックを洗ってみた。

普段、洗いにくいジーンズとジャージも。

選挙のために本当にお店が全部閉まってる、

P1090700.jpg

でも辛うじて開いてるうちの一件で、

P1090704.jpg

昼ご飯、
テレビはやっぱり選挙放送。

静まりかえる街をしばし散歩、

P1090701.jpg

P1090703-.jpg

P1090705.jpg

P1090710.jpg

P1090711.jpg

カラフルな家々、

P1090706.jpg

ボリーバル広場、

P1090708.jpg

P1090707.jpg

カセドラル、

P1090713-.jpg

オリノコ川、

P1090715.jpg

普段は露店が出てて賑わってるだろう。

2時間程度で散歩終了。

時間がたっぷりある、
wifiも速度良好
これは絶好のチャンス、
溜まってたblogを一気に更新してしまう事にした。

おっちゃん=カルロス、
気前がとても良い、

P1090716.jpg

ビールをご馳走になった、
何本でも飲んで良い、
と言ってくれるけど、
ありがとう、
一本で十分です^^

P1090717-.jpg

P1090718-.jpg

夕飯もご馳走になったり。

最初、
だいぶ疑ってたけど、
カルロス、
ただの親切なおじさんかも。

でも一つだけ嘘をついていたのだ。

街の旅行代理店は全部閉まってる、
って言ってたけど、
カルロスのオフィスから10mも離れてない場所に、
一件だけ開いてる代理店があって、
散歩してる時に声をかけられたのだ。

信じてるよ、カルロス。

明日から2泊3日、
良いツアーになりますように!

P1090721.jpg

使わせてもらってる部屋。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
”南米旅行中に短期間ホームステイしてスペイン語を習う”
という人達が結構いるみたい。

俺もどこかでそんな事をする予定。

片言でも理解できるようにならないと、
なんだか不便でしょうがない。

と思える程に、
英語が通じない場面がたくさん。

今のhotelも良い値段するのに(5000円)、
スタッフのみなさん、
スペイン語のみ。

”チェック・アウトの後に荷物を預かって欲しい”
を伝えるだけでも一苦労。

《JTBの六ヶ国語会話》、フル活用中。

でもホテルのスタッフの人達、
みんな良い人だから、
それでも楽しくやれている、
今のところ。

所持金ゼロ、
hotelに50ボリーバル払わなきゃならないから、
まずはATMへ。

見つけたATM、
どれもこれも俺のvisa cardが使えない。

というより、
暗証番号入れて、
金額入力した後、
”二桁のIDを入力”って表示されるんだけど、
何を入力して良いのかさっぱりわからん。

複数箇所のATMで、
色んな数字を試したけど、
お金を引き出せない。

でもなぜか一回だけラッキーパンチ、
250ボリーバル引き出せたから、
hotelへの支払いは完了する事ができた。

次はシウダー・ボリーバル行きのバス・チケットを購入しに、
メトロでcolegio de ingenieros駅へ。

駅から数分の所にバス・ターミナル、
英語が通じない。。。

でもなんとか21:30発の夜行確保、
95ボリーバル(1900円くらい)。

バス発までカラカス観光。

なぜかマックがたくさん、入ってみた。

なんとなく感じてたけど、
ベネズエラの物価って高いと思う、
ビックマックのセット、
35ボリーバルだって(700円)。

メインストリートを歩いてみる。

P1090679-.jpg

P1090680.jpg

P1090681.jpg

ビルの奥に見えるのがランチョと呼ばれる貧民街、
治安が悪いから近寄ってはいけないらしい。

P1090688.jpg

突き当たりに階段発見、
”歩き方”の地図から抜け出してしまうけど、
見晴らしが良さそうだから登ってみた、

P1090682-.jpg

そうでもなかった^^

さらに丘を登っていくと、

P1090684-.jpg

ランチョにだいぶ近づいてしまったみたい。

そろそろ丘を下ろうと思ったら、
見覚えのない道、
迷ってしまったらしい。

なんだか道が汚くなってきて、、、
すれ違う人のガラが悪くなってきて、、、
家並みがカラフルになってきて、、、

そう、
いつの間にかランチョに迷い込んでしまったのだ。

冷や汗。

平静を装いつつ、
丘を登りなおして、
ポリスがたくさんいる所にたどり着いて、
一安心。

ポリスに道を聞いて、
無事、メインストリートに戻る事ができた。

どうやら、
この丘、
ランチョに囲まれている丘みたい、
どうりでポリスがたくさんいた訳だ。

ちょっと怖い思いをした。

”歩き方”の地図内に戻って、

P1090687.jpg

P1090689-.jpg

ボリーバル広場、

P1090691-.jpg

メインストリートの周りは人が賑わってて、
なんだかお祭りのような雰囲気、

P1090693.jpg

マーケット、

P1090694.jpg

高層ビル群、

P1090695.jpg

ロス・カボス公園。

想像してたほど、
危険を感じる街じゃなかった。

ただ、
高層ビルの立ち並ぶ安全といわれる地域、
その後ろにみえるランチョ、
今までに味わったことのない雰囲気だった。

17:00頃、
一旦ホテルに戻ってみる。

と、
急に大雨、

P1090696.jpg

夕立なのかなぁ。

ホテルで二時間待機、
雨をやり過ごして、
19:00にバスターミナルへ出発。

タイミングを逃して、
夕飯は抜き。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
10:00、
宿を後にして、
マドリッド空港へ、
メトロで1ユーロ、
空港税がプラス1ユーロ。

新しく増設されたターミナル4でチェックインしたのが10:45、
それから荷物検査に並び、
出国手続きに並び、
登場ゲートまでトラムで移動して、
いつの間にか12:15の搭乗時間になってしまった。

あんなに手間がかかるんじゃ、
ぎりぎりに空港着いた人は、
きっと飛行機に乗り遅れるだろうな。

ターミナル4を使う方はお気をつけなされ。

カルフールで買ったカステラみたいなお菓子以外、
昨日から食事を取ってなかったから、
機内食x2回は有難かった。

マドリッドを13:00くらいに出発して、
9時間くらい飛行機の上にいたのかな、
でもカラカスに着いた時間は15:30なんだよね、
時差ってイマイチ理解不能。

せっかく日の高い時間に到着して安心してたのに、
入国審査に長蛇の列だし、
(審査は何も聞かれず素通りだった)
預けた荷物がなかなか返してもらえないしで、
ATMの使い方が良く分からんし。
(限度額のせいで?、結局おろせたのがたったの250ボリーバル、
なんでじゃ。でもレートが良く分からんから、
これが一体いくらなのかも分かってない^^)

そんなこんなしている間に、
18:00、
外は日が暮れてしまった。

街の中心へ行くバス(18ボリーバル、っていくら?)に乗る頃には、
ものすごい雨が降り出して、
雷までなり始めて。

俺の南米の旅を暗示している?

不吉。

バスで乗り合わせた中国人のおばさんから、
これから行くエンジェル・フォールの話、
カラカスの宿の話を聞くことができた。

英語がものすごく達者、
空港内で働いてるらしい。

”観光終えたら、空港まで顔を見せに来て”
と言われた。

無事に戻ってこれたら!
ですね。

中国人のおばちゃんがバスを降りた後は、
言葉は通じないないけど、
現地の女性と話をしたら、
その女性からバスを降りがけに、

P1090675-.jpg

電話番号と名前の書かれた紙を渡された。

なんだか、
カラカス、
悪くないんじゃないの?

それともこれが罠?

last stopでバスを降りると、
ヒルトンの真ん前。

中国人のおばちゃんに、
夜の宿探しは危険だから、
今日はヒルトンに泊まる様に勧められた。

ヒルトンで、
参考までに値段を聞いてみる、
600ボリーバル、
高そうだなぁ、
でも、、、
レートが分からん現状、
これがいくらなのやら、
さっぱり分からん。

でも高いことだけは間違いない、
宿泊は丁重にお断りした。

ヒルトンのエントランスで、
”地球の歩き方”で選んどいた安宿”カラコル”に行こうか迷ってたら、
ボーイさんにヒルトンの近くのお勧め宿を教えてもらった。

”カラコル”はダウンタウンの安全じゃない地区の方だから、
これから行くのは危ないとの事。

素直に従うことにして、
教えてもらった”Renovacion”へ、

P1090674-.jpg

250ボリーバル、
既にバス代払ってるから232ボリーバルしかない貧乏人。

200だけ払って、
残りは明日の支払いにしてもらう事にした。

この宿、
ボロそうなのに(あっ)、
ネットが繋がるのだ。

ネットでレートを調べてみたら、
1ボリーバル=19.8円くらい。

Renovacionの宿代は5000円くらいか、
まぁまぁガマンできる範囲で良かった。

ヒルトンは600ボリーバルって言ってたから、
12000円くらいかぁ、
たまには贅沢して泊まってしまっても良かったか?

そして、
貧乏人の俺は、
所持金32ボリーバルすべてを使って、

P1090673-.jpg

これを食した、
これで32ボリーバル=640円って高くねぇ、ねぇ、ねぇ。

これで所持金ゼロ、
水も買えないよぉ~。

中国人のおばちゃん情報によると、
エンジェル・フォールはツアーの参加がベストで、
(個人で行けない?)
シウダー・ボリーバルという街でツアーに参加するのが安いらしい。

だから、
明日はシウダー・ボリーバルへ移動。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村