上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アラビア海に沈む夕日に続いて、
ベンガル湾から登る朝日を見に行こう。

5:30起床。

大量の発疹、
左のお尻以外に転移してない事を確認、
ひとまず安心。

今のところ、
カユミなし。

P1130801.jpg

P1130805.jpg

P1130807.jpg

日の出待ちのインド人集結。

最南端の聖地。

そして一時間半後の6:30、

P1130826.jpg

P1130828.jpg

P1130832.jpg

歓声と祈り、

P1130851.jpg

美しい朝日、

P1130847.jpg

P1130859.jpg

P1130864.jpg

P1130873.jpg

海で沐浴する人々、

P1130876.jpg

眠い人。

P1130877.jpg

こんな朝日、見れた、
大満足!

P1130879.jpg

揚げ物2つ&チャイで朝食を済ませる、
14ルピー。

P1130888.jpg

右側のヴィーヴェーカーナンダ岩へフェリーで、
往復20ルピー、

P1130889.jpg

長蛇の列、
修学旅行生の割込ありで、
1時間以上も待つ、

P1130887.jpg

P1130881.jpg

宗教改革者の記念堂、
入場料10ルピー、

P1130885.jpg

隣にはティルヴァッルヴァルさん(詩人)の巨像。

修学旅行生に追い回されて、
俺、
気分を害する。

先生にちゃんと生徒の面倒をみるように指導、
俺、
何様^^

これにてカニャークマリ終了!

バス停へ、
徒歩、
ユルイ坂道、
15分、
汗ビッショリ。

マドゥライ行き10:45のバス、
全然来ない。

インド人家族もマデゥライ行きを待ってる様子、
だから心配なし。

P1130890.jpg

お腹空いた、
揚げ物x4&チャイ=26ルピー。

と、
インド人家族に動きあり。

尋ねてみると、
マドゥライ行きバスが来ないから、
デカいバススタンドがあるNagercoilという街に移動するらしい。

一緒に付いて行く事にした、
バスで10ルピー。

Nagercoilバス・スタンド、
マドゥライ行き頻発、
すぐ乗れた、
13:00出発、
140ルピー。

到着するまでに5時間も掛かった、
18:00、
マドゥライ。

しかも安宿が集まるベリヤール・バススタンドは経由せず、
マトゥサーバニ・バススタンドに到着してしまった、、、

市バス出てるけど、、、徒歩開始。

遠かった、
思ったよりも遠かった。

1時間以上かけてベリヤール・バススタンド周辺へ。

宿探し難航。

空き部屋がないホテルたくさん、
ホントに?

”times”というホテルが315ルピー、
保留。

空き部屋があっても500ルピー以上、
ボロホテルのクセに、
ホントに?

酔っ払い風のおじさんがくっついてくる、
安宿紹介するからと言って。

ホテルを虱潰しながら、
でもおじさんが紹介しようとするホテルだけスキップ、
ザマァミロ。

そして何とか250ルピーの宿発見、

P1130918.jpg

Sri Kasiram Lodge、
ベッドにムシはいなそうだから良し、
蒸し暑いのに蚊もいないのは何故か分からんが。

24時間制だからチェックアウトは明日の20:00。

明日、一日観光して、
次の街へ移動してしまおうと思う。

P1130892.jpg

夕飯はビルヤーニー、
30ルピー、
美味しい。

P1130893.jpg

P1130895.jpg

P1130898.jpg

マドゥライの夜は賑やか、

P1130901.jpg

目的のミーナークシー寺院はライトアップ、
入場は明日、

P1130909.jpg

P1130916.jpg

熱いよね、
絶対。

P1130917.jpg

熟れ熟れパパイヤ、
10ルピー、
美味い。

清潔なベッドで熟睡、
有り難し。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keeponrunningsuper.blog11.fc2.com/tb.php/795-08c7a0e9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。