上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7:00、
バンガロール・セントラルバススタンドに到着。

駅はすぐ隣。

コーチン行きのチケットを購入しに行く。

カウンターがまだ閉まってる、、、

8:00まで待つ。

やったぜ!

今日21:40発のチケットをゲット、
257ルピー。

これで思い描いていた通りに移動できるぞ。

荷物を駅構内のクロークに預けて、
バンガロール観光。

その前に気になる。

参考までに、
コーチン行きのバスの値段を聞いてみる。

600ルピー?!

インドはやっぱり列車なんだな。

朝食のために入ったパン屋でケンカ。

もう何度目だろ、
ケンカ。

お釣りを2ルピー足りない(絶対にワザと)。

指摘したら、

店主”今コインが1ルピーしかないから”

と、
1ルピーを渡して、
すべて終わったような素振りをする。

客がどんどん訪れるこのパン&チャイ屋さん、
すぐに1ルピーなんて手に入るだろうと予測。

俺”待ちますよ”

店内でガイドブックを読みながら、
他の店員と話しながら、
15分間。

店主に確認したら、

”まだ”

だと。

でも、
さっき他の客にコインを渡してたように見えた。

腹が立ってくる。

俺”じゃあ、周りのお店で両替すれば?”

店主”それは出来ない”

俺”えっ?なんで?!もう15分も待ってるんだけど!”


”たかが1ルピーで何を騒いでるんだか”

そんな顔をする店主。

絶対に引き下がらないと決意。

俺”じゃあ、あと10分待っても渡さなかったら、警察に行くよ!”

店主”警察だってさ~”

とヘラヘラした顔で、
バカにしたように他の客に話し掛けている。

俺”そう、行くよ、警察に、10分後、絶対にね!”

そして、
やっと1ルピーを手に入れる。

”たかが1ルピー”

そうなんだけど、
分かるんだけど、
絶対に引き下がりたくない。

ヤツラの思い通りには動かないと決めているから。

さて、
ドッと朝から疲れたところで、
気を取り直す努力をしつつ、
観光!

P1130501.jpg

ヴィダーナ・サウダ、
政庁ビル、
だから金網越し、

P1130502.jpg

完成が延ばし延ばしのメトロ、
あと少し?、

P1130506.jpg

高級感が漂うMGロード。

ローカルなエリアへ移動、

P1130507.jpg

これぞローカルフードな雰囲気、
握りこぶし大の代物はもち米風、
10ルピー。

味はまぁ置いといて^^、
下町のおっちゃんと一緒の食事、
楽しかった。

P1130510.jpg

P1130511.jpg

パインには塩・コショウ、
これが結構イケル、
10ルピー。

P1130516.jpg

P1130514.jpg

P1130526.jpg

P1130527.jpg

活気あり過ぎのシティ・マーケット、

P1130517.jpg

P1130518.jpg

フォート、

P1130519.jpg

ティプ・スルターン宮殿、
入場料100ルピーは支払わない、
外から除くだけで十分、

P1130522.jpg

ブル寺院、
中に入るには靴を預ける必要があり、
1ルピーかかる、

P1130523.jpg

見たかった牛さん、
外から除けたから、
中には入らなかった。

1ルピー、
されど1ルピー。

P1130528.jpg

これにて観光終了、
18:00。

バンガロール、
もともと来る予定のなかった街。

そして、
来なくても良かった街だなとやっぱり思う。

P1130529.jpg

夕飯のタリ―、
35ルピー、
美味しい。

でも今の俺にはファンタが一番のご馳走です。

駅構内のクロークに荷物を引き取りに行く。

15ルピー支払う。

お金を支払った人と荷物を取りに行った人は別の人。

荷物を取りに行って戻ってきた人に、
もう一度お金を請求される、
10ルピー。

ん?10ルピー???

最初に請求してきた人、
ボッタクリやがった。

15ルピーだと言い張ってたけど、
ボッタクリ分の5ルピーはちゃんと返却してもらう。

今日は暑かった、
気温だけじゃなく。

そして散々歩き回って、
汗だく。

シャワー浴びたい、
でも叶わぬ夢。

足がホンノリ臭い始めているのが分かる。

みなさん、すいません。

21:40、
コーチンへ。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keeponrunningsuper.blog11.fc2.com/tb.php/789-e4a07339
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。