上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明後日の移動はマルガオ駅発7:30。

ここアンジェナ・ビーチからは、
いくら朝早くローカルバスで出発しても、
その時間までにマルガオ駅に辿り着けない。

タクシーを使ってしまったら、
せっかく節約して電車を選択した意味がなくなる。

だから今日の内に移動して、
マルガオ駅周辺で一泊する事にした。

9:450に宿をチェックアウト。

マルガオ駅までのダイレクトバスがない。

アンジェナ・ビーチからパナジへはダイレクトバスがあるけど、所要時間が2時間。

乗り換えは多いけど、
所要時間1時間のアンジェナ・ビーチ→マプサ→パナジで移動する。

アンジェナ・ビーチ→マプサ、25分程度、10ルピー。

マプサ→パナジ、25分程度、10ルピー。

パナジ→マルガオ・バスターミナル、40分程度、35ルピー、A/C座席指定。

12:00前にはマルガオ・バスターミナルに到着。

マルガオ駅まではバスが出てたけど、
ホテル探ししながらマルガオ駅。

判断を誤った。

予想以上に遠い。

暑過ぎる。

日焼けが擦れてイタイ。

マルガオ市内を通過しつつ、
ホテルが見つからぬまま、
市内の外れのマルガオ駅に到着、
13:00。

駅周辺にホテルはなし。

インドの駅にはリタイヤリング・ルームという施設がある。

チケットを持っていれば、
駅構内のリタイヤリング・ルームに宿泊可能。

利用してみよう。

と思ったけど、
止めた。

シングルルームは満室。

ドミトリーはあれど、
汚すぎで、
150ルピー。

ドミトリーの部屋のドアは開けっぱなしで、
各個人用のロッカーがない。

警備がいる訳でもないから、
誰でも部屋に侵入可能。

これじゃ、
荷物からずっと目を離せない。

覚悟を決める。

駅構内で明日の7:30まで過ごすことにする。

19時間30分。

なんだか気が遠くなるけど。

駅構内のレストランで昼食、
”meals ready”と看板に書かれている、

P1120937.jpg

南インドではこれが定番になりそう、
30ルピー、
ダヒー(プレーンヨーグルト)とライス・パイサム(甘いデザート)が付いてる。

ライス・パイサム、LOVE!

荷物は駅のクロークに預けられる(24h、10ルピー)から、
マルガオ市内観光、
ポルトガル植民地時代の名残り、
赤い屋根の家やら教会やら、
見て回るのも面白そうだけど、、、

暑いし、
日焼けイタイし、

P1120938.jpg

駅でポケーッとするのみに決定。

定年退職済みの日本人のおじさんとおしゃべりしたり、
おじさんの乗る電車は7:00p.m.、
俺の乗る電車は7:00a.m.
撃沈、

P1120939.jpg

生黒飴を頂く、
美味い。

インド人同士の殴り合いを観戦したり。

インド人の痴話げんかを横目で覗いたり。

俺もインド人と口げんかしたり。

四人掛けの長イスに俺とインド人二人が座ってた。

足を投げ出して寝始めるインド人。

無意識だろうけど、
足で俺を押すインド人。

俺、
思いっきり押し返しかえす。

怒りだすインド人。

そして大ゲンカへ。

それを見ていたチベット人のお坊さん、
仲裁、
完全に俺の味方。

怒っていたインド人とチベットのお坊さん、
ヒンドゥー語で討論の末、
怒っていたインド人が俺に握手を求めてきて終了。

その後も俺の事を気にかけてくれるチベットのお坊さん。

チベット、
更に好きなった。

P1120941.jpg

夕飯、
揚げ物パン、
辛すぎの10ルピー、

P1120942.jpg

昼間食べたmeals再び、
でも微妙に違う内容だったりする、
30ルピー、
ライス・パイサム、LOVE!

足元フラフラのヨーロッパ人、
(たぶんドラック)
足元フラフラのインド人、
(たぶんホームレス)
殴られて倒れたまま起き上がらないインド人。

飽きないな、
マルガオ駅。

でも座りすぎてお尻イタイ。

P1120943.jpg

夜食の薄ら甘い揚げパン、
5ルピー、

P1120944.jpg

売ってる人。

P1120946.jpg

お休み中のみなさん。

でも俺は寝ない。

床がどこも汚すぎて、
自分の寝袋を敷く気にならない。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keeponrunningsuper.blog11.fc2.com/tb.php/776-7e35f6ca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。