上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラブル発生。

またかっ、
って感じだけど。

ヨン・ホーとの約束の7:00にはバスを乗らなかった。

そんなに早くいくと、
今日乗る列車の23:35まで時間が余りすぎるから。

ヨン・ホーには昨日伝えておいたから、
それは問題ない。

10:00に宿をチェックアウトするため、
レセプションへ。

インドには24時間制というチェックアウトのシステムがある。

昨日俺は8:00にチェックインしているから、
24時間後の今日8:00にチェックアウトしなければならないのだ。

そのシステムがある事は知っていた。

でもいままで泊まってきた宿では一度もこのシステムを使っておらず、
全く気に留めていなかった。

でも昨日もらったレシートに、

”チェックインから24時間後、30分以上チェックアウトが遅れたら、もう一泊分の支払いをする必要がある”

と記載されていた。

追加で350ルピー、
これはヤバいぞ!

非は俺にあること承知。

戦闘開始!

”そんな事知らなかった、誰も教えてくれなかった、チェックイン時になんで注意してくれなかったんだ”

俺が言えるのはそれだけ。

繰り返し訴える。

当然ながら受け入れられない俺の意見。

終いには、

”俺は何も悪くないっ!昨日支払った350(宿泊代)+50ルピー(デポジット)のデポジットを返せ!”

と要求してみる。

当然ながら返却してもらえない俺のデポジット。

しばらく平行線。

”デポジット返してくれないなら、もう行くからっ!”

ホテルを立ち去ってみる。

追いかけてくる様子ナシ。

終了!

このトラブル、
良くある事なんじゃなかろうか。

そのために意味のないデポジットを最初に徴収しているんじゃなかろうか。

だから気にする必要はない。

そんな風に都合よく自分を慰めたところで。

さて、
預けられなかったバックパックが俺の背中に。

どうしよう。

罰ゲーム。

エローラ観光はバックパックと共に。

セントラル・バススタンドで、
エローラ行きのバスに乗る、
バックパックと共に、
24ルピー。

1時間弱、
12:00、
エローラ到着。

バス停近く、
石窟見学前に腹ごしらえ、

P1120727.jpg

25ルピー。

と、
レストランを横切ったのは、

”ヨン・ホー!!!”

7:00のバスに乗ってエローラへ、
観光を終えてアウランガバードへ戻るところだったのだと。

なんだか不思議な縁を感じる、
ヨン・ホーとは。

そして一緒に飯。

夜行列車の切符が取れた事をヨン・ホーに伝える。

ヨン・ホーが移動する次の街も方面は一緒。

”同じ列車だった良いのにねぇ~”

なんて冗談まじりに話してたのに、、、

食事を終えて、
ヨン・ホーと別れる。

幸いなことに、
俺のバックパックはレストランで預かってもらえる事になった。

入場料250ルピー。

今日も快晴=灼熱、

P1120729.jpg

P1120730.jpg

P1120731.jpg

P1120732.jpg

P1120735.jpg

P1120737.jpg

ジャイナ教石窟群NO30~34、

P1120755.jpg

P1120751.jpg

P1120752.jpg

ヒンドゥー教石窟群NO13~29(16以外)、
最大の見所のNO16は後回し、

P1120765.jpg

P1120768.jpg

P1120771.jpg

P1120772.jpg

P1120773.jpg

P1120777.jpg

仏教石窟群NO1~12。

そしてトリは第16窟のカイラーサナータ寺院、

P1120778.jpg

P1120781.jpg

P1120782.jpg

P1120784.jpg

P1120788.jpg

P1120794.jpg

P1120797.jpg

P1120799.jpg

P1120800.jpg

岩から削り出した寺院、
これが人の手によるのもとは、、、

エローラ、
見応えあり、
大満足。

敷地が広いから、
観光客が分散していて込み合わない、
ゆっくり見れるのもとても良い。

暑かったけど、
息が出来なくなる程じゃなかったかな(←エジプトのお話し)。

エローラ石窟群を後にして、
1㎞程離れたグリシュネーシュワル寺院へ。

特別な雰囲気は感じられず、
行かなくても良かったかも。

暑くて、
もうどうでも良くなってた感あり^^

すいません、
グリシュネーシュワル寺院さん。

荷物を預けたレストランでお礼の食事、

P1120805.jpg

30ルピー。

アウランガバードへバスで戻る、
18:00。

夕飯はやっぱり屋台、

P1120806.jpg

昨日のお菓子屋さんにて、
8ルピー、

P1120807.jpg

7ルピー。

どちらも甘くて美味い。

P1120808.jpg

昨日と同じ屋台でオムレツ。

昨日来てるから値段を聞かずに注文。

50ルピーを支払って、
25ルピーしかお釣りが返ってこない。

俺”昨日は20ルピーだった!”

店のおっちゃん”いつも25ルピーだよ!”

感じが良さそうなおじさん、
完全に信用してたから凹むなぁ。

最初に値段を確認しなかった俺の敗北。

”これだからインド人は誰ひとりとして信用ならん!全員がダマそうとしてくるし!インド人、キライ!”

散々、悪態をついてその場を立ち去る。

オッチャンに何かのidを見せられて、
100ルピー要求されたりしながら、
(払うヤツ、いないでしょ?)
10分遅れで列車到着。

23:45、
インド人にもまれながら乗車。

自分のベッドを探し当てると、

”ヒローーー!”

誰だ、
このインド人?

いやっ、

”ヨン・ホーーー!”

同じ列車のチケットが取れて、
しかも席が隣だなんて。

縁があるね、
やっぱり。

しかも行き先をムンバイから変更して、
同じくゴアへ向かうとか。

嬉しすぎる。

乗り換えの心配も、
1人で抱えずに、
ヨン・ホーと分かち合える。

有り難い。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keeponrunningsuper.blog11.fc2.com/tb.php/771-4554979a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。