上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.02.18 裏路地 02/15
午前中、
ジャイプル駅へ。

ジョードプル行きの切符を購入、
明後日2/17 17:00発→22:00着、
172ルピー。

失敗した、
夜遅く着。

宿、
探せるかちと心配。

観光。

旧市街の東の外れ、

P1110840.jpg

ガルタを目指す、
徒歩。

P1110825.jpg

こいつら、
1人ずつ、
俺を追い越してはニヤニヤ。

いつまでも付いてくる。

いつまでも。

日本語でキレてみる、

”お前ら、しつこいんだよ!”

聞き目ナシ。

i pod touchを取り出して、
インド人の友人に電話(を掛けるフリ)、
英語で、

”警察呼んでくれる?ずっと付けられてるんだよ。写真送るから”

ヤツラの写真をi pod touchで取り始める。

ヤツラの顔色が変わる。

そして、
逃げ出し始める。

俺の気は収まらず、
しばらくヤツラを追いかける。

終了、
勝利。

全然スッキリしないけど。

こっちからへりくだって、
上手にコミュニケーション取れば良かった?

そんな努力は絶対にしない!

P1110826.jpg

丘の上の寺院へは後もうすぐ、

P1110834.jpg

到着。

P1110832.jpg

もっとピンクな景色が広がっているのかと思ったら、
そうでもないんだね、
残念。

丘の反対側はまるで別世界のような景色、

P1110836.jpg

谷を下ってみる、

P1110838.jpg

面白そう。

歩みを進めようと思ったら、
寺院が行く手を阻む。

寺院を通過するには、
カメラ持込料50ルピーの支払いが必要。

昨日のように引き返す素振りを見せると、、、

期待通り、
引き止められた。

カメラを使用しない約束で、
通してもらう。

見張られてるみたいだったから、
本当に使えなかったけど、

IMG_0150.jpg

いや、
使ったけど、
こっそりi pod touchで。

秘境な雰囲気たっぷりが面白い。

”50ルピー払っても良かったかも”

一瞬、頭をよぎるまともな考え方は、
即、
切り捨て。

まともに料金支払いながらインドを旅してやるものか。

徹底的にズルく賢く。

ガルタを後にして、
旧市街の裏路地散策、

P1110843.jpg

P1110844.jpg

サモサにも色んなソースがあるが、
この甘辛ソースは美味かった、
10ルピー、

P1110848.jpg

これもインド、
いや、
これがインド?、

P1110854.jpg

P1110855.jpg

P1110857.jpg

イチゴケーキ、
まぁまぁ、
12ルピー、

P1110859.jpg

P1110860.jpg

P1110869.jpg

遠くにミナレット?、
イスラム教区に突入してみる。

P1110868.jpg

急に雰囲気が変わる。

全員の視線が俺に向かっているのが分かる。

”chinese!”

とバカにしたように声を掛けられる。

中近東のイスラム圏で味わった感覚が蘇る。

なんでイスラム教の人達はこう閉鎖的で感じ悪いんだろう。

子供達さへ。

ボールを持った子供が、
俺の横を通り過ぎる時、
それをブツける素振りで脅かした。

お返し、
その子供に肘を突き返す。

驚く子供。

”何もしてこない”

のは常識的な大人。

俺は非常識な大人で構わない。

夕飯、
腹を空かせて、
またまた30ルピー食べ放題タリ―、

P1110870.jpg

飽きないね、
俺。

そして、
ツーリストは珍しいらしい、
この店。

こうなる、

P1110873.jpg

P1110875.jpg

でもタリ―、
本当にもう飽きた。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keeponrunningsuper.blog11.fc2.com/tb.php/757-86a11a98
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。