上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6:20、
宿をチェックアウト。

6:30、
ツーリストバス乗り場。

たくさん並んでいるバスの中から、
自分のバスを探す。

”誰、このおじさん”にバックパックを預けて、
バスに乗車。

席でくつろいでたら、
バックパックを預けたおじさんにお金を要求される。

”荷物運んであげたから”

だそうな。

拒否。

たったの15ルピー、
でも拒否。

最初にそう言ってくれなかったから。

払ってる人もいたけど。

15分遅れの7:15、
ポカラへ向けてバス発進!

隣の席のネパール女性にお菓子をお裾分け。

カトマンドゥで勉強中、
holidayで実家のポカラへ帰宅するらしい。

ポカラの話、
たくさん聞かせてもらった、
ありがとう!

15:00、
ポカラ到着。

P1090589.jpg

バス・ターミナルに群れているhotel客引きの話を聞いてみた。

最低価格300ルピー。

高い。

バス・ターミナルのあるダム・サイドは宿は安いが不便らしい。

少し歩くけど、
拓けているレイク・サイドへ向かう。

P1090592.jpg

遅い昼食、
モモ=40ルピー、
チョーメン(half size)=25ルピー、
モモがあまり美味しくなかった。

道すがら、
レイクサイドへ向かっているという日本人女性と知り合って、
一緒に連れて行ってもらう、
ありがとう。

レイクサイドの日本人が集まるという”ペンギン・ゲストハウス”へ。

ここ、
ドミトリーがあるのに、

”他の宿泊客が今はいないから”

という訳の分からん理由で、
ドミトリーには泊まらせてもらえない。

シングルは250ルピーでwifi、共有バスでhotシャワー。

250→200のディスカウントを試みたところ、

”最近、日本人ツーリストが減っていて、日本人を主に宿泊させてうちの宿は儲からない”

とかなんとか、
愚痴を言い始める。

んなこたぁ俺は知らん!

何だかこの宿、
面倒くさそう。

他を当たる事にする。

すぐ側、
”karki hotel”。

wifi、共有バスでhotシャワーのシングルで200ルピー。

もう少し探す。

すぐ側、
”shanti”、
”karki hotel”条件は一緒だけど、
スタッフの感じがとても良い、
ちょっと部屋が汚いけど。

もう少し探す。

”Fire on the mountain”、
≪地球の歩き方≫によるとドミトリーがあるはず。

でもドミトリー、
止めてしまったんだと、
残念。

”karki hotel”に宿泊決定。

部屋に荷物を降ろして、
共有バスのホットシャワーをチェック。

出ないぞ!

スタッフに確認したところ、
2~3日に一回くらいしかお湯が出ないらしい。

”お湯使いたきゃ、
部屋にバスルームのある高い部屋に泊まれ”

だとさ。

さようなら~

”shanti”へ移動。

部屋に荷物を置いて、
そう、
共有バスのお湯チェック。

出ないぞぉ~!

スタッフに即確認。

”まだスイッチを入れていないから。後で出るようになる。”

その言葉、
丸ごと信じられない。

すぐにスイッチを入れてもらって、
15分待機。

お湯、
出るようになった。

熱々じゃないけど仕方ない。

”shnti”宿泊確定、

P1090601.jpg

お疲れっ!

P1090594.jpg

宿の屋上、
山に囲まれて、

P1090595.jpg

良い眺め。

P1090597.jpg

空気が美味い。

ツーリスト向けのいい値段のレストランが軒を連ねる中、

P1090600.jpg

ちゃんと俺用の食堂もあって安心、
ルンビニ・レストラン、
二人前くらあるベジ・チャーハン=60ルピー、
カレー=60ルピー、
オレンジミルクシェーク=40ルピー。

他のお客さんも交えて和気あいあいとお話した。

”明日も同じ時間にいるから来いよ”

こういうの、
とっても嬉しい。

シャワー、
ヌルイ。

カトマンドゥより少し暖かいとはいえ、
冬。

ツライ。

少し高くても、
熱いお湯が出る宿に移るか?

何はともあれ、
カトマンドゥから脱出、
気分は晴れ晴れ。

出っぱなしだった鼻水も止まった。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keeponrunningsuper.blog11.fc2.com/tb.php/702-2e4e81d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。