上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
隣の部屋のサーファーくん、
4:00a.m.、
女性をお持ち帰りしてきた模様。

部屋の前で長い間、
大声で女性と話す声。

声が途絶えたのち、
隣の部屋のドアが開く音が聞こえる。

女性「NO!」

サーファーくん「why?」

女性「we will see tomorrow again.」

サーファーくん「why~?!」

お疲れ様でしたぁ~

そして寝不足の俺。

宿、
朝食付きだったんだね、

P1040742.jpg

9:00、
宿をチェックアウトし、
空港へ。

タクシー使うつもりだったけど、
HISで聞てみたら、
徒歩で40分くらいらしい。

もちろん徒歩。

汗だくで空港に到着。

チェックイン、出国手続きを済ませて、
たくさん残ったルピアの処理。

生活必需品を免税店いて。

洗顔用ローション、
タバコ1カートン。

まだ使い切れない。

P1040743.jpg

65000ルピア、
豪華な昼食になってしまった。

12:55、
シンガポールへ出発!

15:30、
シンガポールに到着。

入国審査は珍しくスムーズに終了。

ATM、
いくら降ろせば良いやら、
マレーシア行きのバス代が見当つかないから、
とりあえず50S$(3000円くらい)。

MRTという電車を使ってブギス駅へ。

駅から歩いて5分程度、
コージー・コーナー・ゲストハウスへ。

一番安いファンのドミトリーは空きがない、
エアコンのドミに決定、
18S$(1100円くらい)。

P1040744.jpg

タケェなぁシンガポール、
久しぶり&ヤダなぁドミトリー。

マレーシア行きのバスターミナルが近くて便利なので、
仕方なし。

久しぶりのホットシャワー、
でも水シャワーでも全然大丈夫なほど、
シンガポールは蒸し暑い、
アリガタミが薄れる。

明日明後日は空きがないから、
俺が泊まれるのは今夜だけらしい。

早々に物価の安いマレーシアに逃げるつもりだったから、
問題なし。

既に時間は17:00、
さっさとシンガポール観光を済ませてしまおう!

まずはバス・ターミナルへ。

マレーシア・マラッカへのチケット、
22S$、
意外に安いんだね。

入国・出国手続きを含めても、
4hくらいで到着するらしい。

持ち金、
残り8S$(480円)。

手数料考えると、
もうATMを使いたくない。

なんとか明日の昼まで、
8S$で生きていく事を決意。

P1040747.jpg

ラッフルズ・ホテル、

P1040748.jpg

日本人が建てた戦争記念塔。

出たっ!

P1040751.jpg

P1040755.jpg

三大ガッカリのひとつ、
マーライオン!

ガッカリさせてくれる事を期待してきてるのに、
全然ガッカリしなじゃないか!

人サイズかと思ったら、
結構デカいし、
迫力あるぞ。

P1040760.jpg

P1040761.jpg

マーライオンを取り囲む夜景もスゴクキレイだし。

P1040758.jpg

人サイズのマーライオンもあります、
こっちだけだったらガッカリさせてもらえたのに。

お次はチャイナタウンへ。

P1040763.jpg

イスラミックのスリ・マリアマン寺院を横目に、

P1040767.jpg

P1040770.jpg

ナイトマーケット、
大賑わい、
安飯を期待してきたけど、
ほんの少し安さが足りない、
夕飯は先延ばし、

P1040769.jpg

ガンバレ、おとっちゃん!

P1040771.jpg

P1040773.jpg

P1040774.jpg

P1040776.jpg

ケムリに憑りつかれたヨーロピアン。

シンガポールは夜景めぐりが面白い、

P1040780.jpg

P1040781.jpg

P1040783.jpg

P1040787.jpg

P1040788.jpg

P1040790.jpg

P1040791.jpg

P1040792.jpg

中秋の名月、
各地でお祭りが模様されている模様。

シンガポールはルールがたくさんある国、

P1040789.jpg

トンネルで自転車乗っただけでS$1000(60000円)です!

シンガポール、
期待してなかったせいか、
とっても楽しい。

ただし貧乏、、、

美味しそうなものが、
たくさん売られているのになぁ、

P1040794.jpg

P1040793.jpg

これで決着、
3.30S$。

1.5Lの水も買ったから、
所持金3.8S$。

部屋に戻ると、
同室に日本人。

小さい頃、
おばぁちゃんからマーライオンのお土産をもらって以来、
シンガポールに来るのが夢だったんだって。

シンガポールは日帰りで十分、
そんな風に言う人はたくさんいる、
俺もそのうちの一人。

でも色んな思いがあるもんだ。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keeponrunningsuper.blog11.fc2.com/tb.php/597-0fa9689d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。