上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10:00起床。

閉めていたドアを開けようと、
カギを挿して回そうとする。

あれっ、ま、まわらない?!

いくら力を入れても回る気配なし。

喚起する窓はたくさんあれど、
人が出入りできるドアはひとつだけ。

よしっ!

「トノ~!!!トノ~!!!」

大声で叫ぶ。

本宅にいたトノ、
声に気づいて、
俺の部屋前に到着。

この状況に、
とりあえず2人で爆笑の後、
スペアキーでトノが外側からカギを回してみるも、
ビクともしない。

インドネシアの鍵は質が悪いらしい、
数年前に付け替えたばかり。

取り壊しに掛かるも上手く壊せない。

近所の友達2人を呼び寄せる。

IMG_0112.jpg

開かないドアの隣のはめ込みガラスを無理やり外して、
ドアの内側から分解中。

外に出れるようになった俺は、
隣の部屋へお引っ越しです。

11:30、
遅くなった朝食を食べて、
チャリンコで外出。

食べたばかりだけど、

”歩き方”に載ってるレストラン”エカ・バンブー・カフェ”、

P1030559.jpg

久しぶりのスパゲティはインドネシア風?、
味は良いけどショッパイ、
体に悪そう、
22000ルピア。

今日も街をブラつくだけに留める、
のんびりのんびり、

P1030561.jpg

独立記念日のお祝いの旗、

P1030565.jpg

味があるねぇ、渡し船、
写真撮ってたら、
船頭さんがニコッと笑ってくれる。

バガンダランは小さな漁村、
田舎町風情でとても良い雰囲気。

P1030567.jpg

網漁をしばしながめる。

さぁ、
暑いうちにシャワー浴びなきゃ。

宿へ一旦戻る。

と、
新しいお客さん探しで外出してる事が多いトノがいた。

サンセットがキレイだから見に行こう!

トノの提案にのる。

二匹の犬を引き連れて。

P1030572.jpg

デンジャラス・ジェリーフィッシュ、
赤色より緑色がもっと危ないらしい、

P1030574.jpg

夕暮れの浜辺をのんびり散歩、
癒されていくのを感じる、

P1030576.jpg

散歩終了を嫌がるジャック。

宿に戻ると、
トノの友人二人が遊びに来ていた。

1人は朝、
ドア修理の時に既に会った人。

トノ宅で愉快な仲間たちと、
苦みが強~いスマトラコーヒーを一緒に飲む。

しばらくすると、
トノに頼んでおいたガイドが登場。

明日行こうと思っているバガンダラン国立公園ツアーに参加するため。

なんだかあまり感じが良くない。

値段は、
昨日街の旅行会社で聞いた値段と一緒の150000ルピア、
もしくは、
もしこれから参加者がみつからず俺だけの場合は200000ルピア。

俺の目的とする世界最大のラフレシアは、
今は時期じゃないから、見れるか約束できない、
と。

なんだかこのガイドに頼むメリットがない。

断る事にする。

トノと話す、
どうやら友人ではなくて、
公式のガイドを電話で呼んでくれただけだったみたい。

結局、
明日は1人で国立公園に行って、
1人でラフレシア探しをする、
もし見つけられなかったら、
明後日ツアーに参加しようと思っている事を話すと、
みんなに引き止められてしまう。

なぜなら、
国立公園内は本格的なジャングルで、
迷って出てこれなくなる人が多いらしいのだ。

ガイドでさえ迷ってしまうんだと。

トノのバイクでツアー会社探し。

何件か梯子するも、回答はみな一緒、
値段は150000ルピア、
今は乾季だから咲いているラフレシアを見るのは難しい、
と。

国立公園ツアーはラフレシアを見るだけじゃなくて、
洞窟、
滝、
ホワイトビーチなんかも含まれているけど、
ラフレシアが見れないんじゃ、
150000ルピアも払いたくない。

やっぱりツアーの参加は止めて、
ムリをしない程度にひとりで明日探してみる決意をする。

ツアー会社探し終了後は、
トノの寄り道に付き合う。

友人と長話になりそうな雰囲気を醸し出してたから、
その隙に、

P1030579.jpg

夕飯、
屋台で初のサテ、
たったの10000ペソ、
こんなに美味しくて安いなら、
もっと早くから手を出してれば良かった。

食べ終えて、
トノの所へ戻ると、
ひとり友人を紹介される。

正式なガイドじゃないけど、
100000ペソでツアーの内容と同等の案内をしてくれるらしい、
咲いているラフレシアもみ見つける”トライ”はしてくれる、
と。

ヘラヘラ頼りなさそうだけど(すいません^^)、
その人にお願いする事にした。

トノ曰く、
ヘラヘラはしてるけど、
正直者で真面目なヤツだから大丈夫!

その後も寄り道は続き、
トノの妹が働くレストランへ、
タダだからと食事を勧められる。

でも見てたでしょ、
俺がサテ食べてるの、
お腹いっぱい!

P1030580.jpg

デザートだけ有り難く頂く、
バナナ。

宿へ戻る。

パガンダランの夜はcool、
でもバイクに乗ってる時はcold。

体はすっかり冷え切ってしまっている。

でも昼間、
シャワーを浴びそびれたからなぁ。

仕方ない、
気合いで浴びる。

ホットシャワーが恋しい。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keeponrunningsuper.blog11.fc2.com/tb.php/576-aaa12d99
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。