上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インドネシア・ジャカルタ行きの飛行機は20:50発。

チェックアウト時間12:00まで宿でのんびりして、
お出かけ。

200ペソ(空港使用税)は残して、
フィリピン通貨を全部使い切りたい、
換金するほどは余ってないから。

だから行ってしまうのだ、
やっぱり、
日本食レストラン”ネモト”、

P1030454.jpg

これで三回目の”ネモト弁当”、
227ペソ、

P1030455.jpg

食後にバナナ・サービス、
最高!

これでしばらく日本食とはお別れかな。

ビジネス街を歩いてみたり、
ショッピングモールでパンツを探したりしながら、
18:00、
宿へ預けた荷物を引き取りに行って、
マニラ空港terminal 3へ徒歩。

18:30、
空港到着。

チェックインを済ませて、
イミグレーションのある方へ進むと、
その前に何やらゲートがある。

空港使用税750ペソ?

な、なんでそんなに高いの?

国内線の時は200ペソだったのに、、、

ペソが足りん。

ネモト弁当を食べなかったとしても足りん。

仕方ない、
空港内のATMでお金を足りない500ペソを降ろそうと思ったら、
手数料が200ペソ(400ペソ)。

そ、そんなに?

ATMでお金を降ろさず、
持っているUS$をexchangeした。

12US$→504ペソ、
レートが良いのか悪いのかさっぱり分からん。

急に貧しくなってしまった、
夕飯はカップラーメンとお菓子で我慢。

P1030460.jpg

20:50、
インドネシア・ジャカルタへ出発。

雨季、ローシーズンだったフィリピンとは打って変わって、
乾季、ハイシーズンのインドネシア。

宿探しがちょっと心配。



ジャカルタ国際空港、
23:30着。

飛行機を降りて、
イミグレーションへ向かう。

インドネシアはビザが必要、
途中にあるカウンターでビザ申請、
30日以内の観光、
25US$を支払う。

イミグレーション。

問題発生。

出国を証明するものを提示しなければならない、
と係官が言っている。

ネットで調べた時、
マレーシアは必要だったけど、
インドネシアは必要ないはずなのに。

でも大丈夫。

プリントアウトはしてないけど、
パソコンのデスクトップに、
出国を証明するデータファイルをダウンロードしておいたのだ。

パソコンを起動させて、
データファイルを見せる。

9/9発シンがホール行きのe-tiket。

係官、
全く見る気なし。

そして俺に言うのだ、

係官「プリントアウトしてないとダメだなぁ~」

俺「はぁ?プリンター、旅行で持ち歩いてる訳じゃないから!」

もうひとりの係官が加わる。

2人の係官「あっちにプリンターあるからプリントアウトしてきて」

俺「はぁ、、、」

プリンターを探してると、
サービスカウンターがあったから尋ねてみる。

スタッフはヘラヘラした若者5人組。

スタッフ「どこの航空会社?」

俺「Air asiaです」

スタッフ「ここにはプリンターはないから、
イミグレーションの外へ出て、
Air asiaのカウンターまで行って、
プリントアウトを頼んでくるから、20US$。」

俺「はぁ?20US$?プリントアウト1枚だけだけど?」

スタッフ「でもイミグレの外まで行かなきゃならないからさ」

もう理解不能。

俺「じゃあ、プリンターないんだね!」

それだけ確認して、
イミグレーションへ戻る。

俺「プリンターないって言ってるけど!」

係官2人、
ヘラヘラしながら、
俺の見て、

係官「money、money」

ワイロ要求。

俺、
理解した、
きっと出国の証明なんて不要なんだ。

噴火。

俺にできる事はただ一つ、
そう、
大声を出す。

俺「警察呼んで!まず警察と話をするから!それに、絶対お金は払わない!警察呼べ~~~!!!」

係官「絶対に払わない?」

俺「絶対に!!!」

無事、
入国のハンコゲット。

人に怒るの苦手、
ホント疲れる。

国際空港の入り口でこんな事するインドネシアのすべてを疑ってしまう。

イミグレーションを通過して、
すぐに警官を見つける。

念のため、
パスポートに押された入国のハンコ、
visa申請に間違いがないか確認してもらう。

警官の人、

”何が心配なの?”

って顔してたけど、
イミグレーションの事は話さなかった。

堂々とあんな事するんだから、
きっと警官も見て見ぬふりなのだろうと思ったから。

すっかりバックパックの引き取りが遅くなってしまった。

もう他の乗客は誰もいない。

既に止まってしまっているベルトコンベアから荷物を引き取ろうとすると、
カートに俺の荷物を載せようとする人。

勝手に俺の荷物を運んで、
お金を徴収しようとするヤカラだな。

俺「NO!」

日が変わって、
0:00。

空港で夜を明かすつもり。

その前に現地通貨をおろしておこう。

ATMの場所を空港スタッフに尋ねると、
空港の外にあるらしい。

空港を出ると、
案の定、
タクシードライバーに囲まれる。

俺「ATM探してるだけなんですよ。明日バスで街へ行くからタクシーは必要なし」

ドライバー「バスは遅いよ、11:00からだから」

俺「バスは5:00からあるってガイドに書いてある!」

このやり取りは何処の国でも一緒、
慣れてるのに、
イミグレの件を引きづってるから、
イライラしてくる。

なんかこいつら面倒くせっ!

ドライバーを巻くようにして喫煙場所へ逃げる。

喫煙場所までついてきたドライバー1人と得体のしれない人1人。

このドライバーはマトモだった。

バスの時間も5時からだって言ってるし、
料金表を見せてくれて、
街の中心までは高速代込で130000ルピア。

もしバスが捕まらなかったら、
この人にお願いしよう、
名刺をもらっておく。

タバコを吸い終えて、
寝る場所を探しに行こうとすると、
得体のしれない人がついてくる。

空港に宿泊する人が集まる場所を知ってるから案内したい、
と。

俺「必要ないです、1人で探せるから大丈夫、ありがとう」

と言っても付いてくる。

もう言う事は言ったから、
後でお金請求せれようが、知ったことじゃない。

空港内を歩き回ると、
たくさんの人が椅子を確保して、
寝始めている。

俺も近くに場所を確保した。

得体のしれない人「各国のお金を集めてるんだけど、日本の通貨持ってない?」

やっぱりな、
その手、
古いよ、
ベトナムのイミグレでその手口は勉強済み。

俺「何の通貨も持ってないですよ~だ!」

終了。

インドネシアの旅、
なんだか面倒くさそうだなぁ。

イスラム国家と何か関係あり?

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keeponrunningsuper.blog11.fc2.com/tb.php/570-6c793bf2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。