上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フライト時間2h30m、
4:30a.m.、
マニラ国際空港teminal2に到着。

入国手続きはスムーズに完了。

ATMで現地通貨を入手。

体調悪い、
タクシー使いたい。

でも踏ん張る。

有り難い事にinformation centerが開いている、
街の中心まで走っているはずのジプニー乗り場を尋ねる。

ジプニーとは、
その昔、
米軍が使っていたジープを改造した乗合バス。

歩いて数分に乗り場はあって、
今の時間も走っているらしい。

でもまだ外は真っ暗、
ちょっと恐い。

明るくなるまでエアコンの効きすぎる空港で待機。

7:00、
ターミナルを出ると、
待ち構えていたタクシードライバー。

また定番のやり取り、

タクシードライバー「ジプシーなんてないよ」

俺「information centerで乗り場聞いたけど、、、」

会話終了!

ジプニーを捕まえてバクララン駅へ、

P1030050.jpg

8ペソ、
10円以下。

お釣りをすべてもらったと勘違いして、
さっさと荷台に乗り込もうとしたら、
ドライバーのおっちゃん、
指摘してくれて、
お釣り誤魔化す事なく、
ちゃんと全額渡してくれた。

なんだかホッとする、
嬉しい出来事。

バクララン駅から電車に乗ってペドロ・ヒル駅へ移動、
15ペソ、
15円以下。

駅入り口で荷物検査、
バックパックも中を調べられる、
メンドクサイ、
でも拳銃の国(←レッテルね)、
必要か。

ペドロ・ヒル駅周辺で宿探し開始。

マニラ、
道が狭く感じる、
その狭く感じる道の端でhomelessがたくさん寝てるから、
なんだか歩きづらい。

でも人通りはたくさんあるから、
そんなに治安が悪い印象は受けなかった。

歩き方参照、

”ジョワーズ・ペンション・ハウス”、

あるはずの場所の建物が取り壊し中、
ツブれたのか改装中なのか。

諦めて、近くにあるはずの
”ラブリー・ムーン・ペンション・イン”
を探していると、
若いベトナム人のお兄ちゃんに流暢な日本語で声を掛けられた。

一緒に”ラブリー・ムーン~”を探してくれると。

日本に留学してて、
今は日本語教師をしているんだって、
手には手作りの日本語教材持ってた。

最近、
先生づいてる。

無事に送り届けてもらい、
お別れ。

エアコン付は空き部屋なし。

先生のアドバイス、
今日は雨フリだから、
ファンで十分。

ファンのシングル確保、
450ペソ(900円弱)、
マニラ、
高い、

P1030052.jpg

そして汚い。

スタッフはみんなフレンドリーで物腰やらかくて、
イイ感じなんだけど。

ノドがイタイ、
体がイタイ、
咳と痰、
鼻水、
顔が熱い、
完璧な風邪の引き方です。

体調悪すぎ。

今日は外出しないで寝ていよう。

8:00就寝。

21:00起床。

下半身が異常にダル過ぎ、
動きたくない。

でもノドが渇いたが水がない。

それに何か食べねば。

マニラの夜、
治安大丈夫なんだろか。

昼間歩き回ってないから様子が分からん。

貴重品は全部部屋に置いて、
1000ペソだけポケットに突っ込む。

外へ出ると、
近くにミニストップ様!

日本みたいに、
中で食べれるスペースがある。

夕食を済ませ、
水を購入して、
さっさと部屋に戻る、

P1030051.jpg

紫イモのパン、
美味い。

再び就寝をトライするも、
階下がカラオケ屋さんになっててニギヤカ、
ホテルの廊下もなんだか賑やか、
客?もしくはスタッフか?

寝付けない、
既に13h寝てるせいかも^^

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keeponrunningsuper.blog11.fc2.com/tb.php/553-5db1973b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。