上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鄭州バスターミナル、
6:00着。

鄭州駅の目の前だったから、
地図で位置がすぐに確認できた。

まずは宿探しだな。

ネットではユースホステルを探せなかった。

駅周辺のホテルを二件当たってみるも400元くらい、
ちと高い。

駅から少し離れてみる。

210元のホテルを見つける、
保留。

ちょっと遠そうだけど、
【地球の歩き方】に載っている一番安い宿”友誼賓館”へ。

キツイ、
汗ビッショリ、
体調が復活してて良かった。

P1010641.jpg

太極拳、
中国っぽい風景に満悦@人民公園。

友誼賓館、
到着!?

ツブレてた、、、

体力・気力の限界点が近い。

保留にしてた210元のホテルへ戻る。

宿泊手続き開始。

ホテルスタッフが懸命に俺のパスポートを確認している。

英語は通じないが、
何やらビザがないのが問題みたい。

メモに、
”japanese,15 days、no visa”って書いたりしながら、
身振り手振りで、
俺の言っている事は通じたみたいなんだけど、

”visaがなければ泊まれない”

の一点張り。

最終的には、
レジストリーの紙を手渡されて、
visa noを自分で記載するように指示された後、
四人のレセプションは俺を無視し始めた。

失礼極まりない態度に怒り心頭!

翻訳本で”支配人”の中国語を探して、
連呼しまくってやった。

支配人登場、
でもこの人も英語が、、、

レセプチョンの四人組とは違って、
態度はちゃんとしてるけど、
やっぱり言うこたぁ同じ、

”visaがなければ泊まれないんです”

ラチがあかない。

あんたらホテル業やってるんだから、
日本人が15日以内の滞在なら、
ビザがいらない事くらい勉強しとけよな、
ふんっ!

仕方ない、
こうなったら値段はどうでもよい、
もう疲れ果てた。

駅前の高そうなホテルに行ってみる、
嫌な予感を抱えつつ。

予感当たる。

どのホテルへ行っても言う事は同じ、

”visaがなければ泊まれない”

大きいホテルなのに英語通じないし、、、

凹みまくる。

マクドナルドへ一時避難。

頭を冷やす。

そういえば、
こんな状況、
ドイツでもあったっけ。

最終的にはなるようになるんだから、
まぁ大丈夫。

気分復活!

鄭州に来た目的はただ一つ、
”少林寺”。

観光とっとと済ませて、
鄭州には宿泊せずに、
上海へ移動してしまおう。

行動開始。

少林寺ツアー会社を探してる途中、
駅前で”24時間荷物預かり所”を発見。

バックパックを預ける、
10元、
安いぞ!

これで身軽になった。

ツアー参加は止めて、
自力で少林寺へ行くことに。

駅前のバスターミナルで少林寺行きのバス発見、
10:00発、
26元。

なんか調子出てきたぞ!

2時間程度で到着、

P1010643.jpg

あぁ~、これ、
”旅猿”で見たことある~!

実は個人的に、
あまり少林寺に興味はない。

子供のころに映画で観た記憶が薄らあるくらい。

”旅猿”というテレビ番組で、
ナイナイ岡村さんの楽しそうな様子をみて、
立ち寄る事を決めたのだ。

少林寺入園、
100元→学割50元、

P1010645.jpg

昼食、
麺類、
10元、
初めての味わい、
ちょっと苦手、
なぜか舌がシビレル。

P1010658.jpg

P1010649.jpg

岡村さんが興奮していた凹み、

P1010650.jpg

それを冷めた目で眺める東野さんがいた場所。

P1010660.jpg

P1010661.jpg

P1010663.jpg

楽しくなってきた^^

P1010664.jpg

ラクダいるし^^

少林寺を後にして、
引き続き”旅猿ツアー”継続、

P1010668.jpg

塔林を抜けて、
ロープウェイで”三皇サイ”へ、

P1010669.jpg

そしてこの先には・・・

P1010671.jpg

”絶景ナリ~!!!”

P1010672.jpg

ロープウェイの到達点、
未だに”二皇サイ”のままだった、
へへっ

P1010677.jpg

P1010681.jpg

チケットに料金が含まれている演武も、
なかなか見ごたえあって良かった。

P1010679.jpg

17:00、
少林寺から鄭州へ戻るバスに乗る、
26元。
(チケット売りの人に”40元だ”と騙されそうになるも、
近くにいた人に助けられる。)

19:00鄭州バスターミナルに到着。

上海行きのバス探し。

今日発はもうなかった。

それを聞いていた何者か分からん人が、
話し掛けてきた。

その人”320元”

俺”何が?”

その人、
英語がしゃべれないから、
320元で上海に連れて行ってくれそうなのは理解できるけど、
手段が分からないのだ。

タクシーのドライバー?
乗り合わせワゴン?

悪い人じゃなさそうだし、
320元なら払えない金額じゃなし、
決めても良いんだけど、
結局、
何が320元なのか判明せず。

お互いに、

”なんか申し訳ないねぇ”

って顔でサヨナラ。

タクシーだったのかなぁ、
それにしては320元じゃ安すぎるよなぁ。

鄭州駅へ。

長蛇の列に並ぶ事30分。

日をまたいで00:12発の寝台列車、
リーズナブルで入手困難といわれる”硬臥”という席を確保できた、
232元。

これで一安心。

P1010689.jpg

夕飯、
18元。

P1010690.jpg

アッという間の付き合いだったねぇ、
鄭州さん、
泊めてくれないアンタがいけないのさっ!

ベェ~

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keeponrunningsuper.blog11.fc2.com/tb.php/521-b2114db1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。