上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レインコートの上着も着込んで寝袋にくるまったのに、
寒む過ぎて何度も起きてしまった。

7:00に起床して準備開始。

ボランティア活動初日。

”ボランティア新規受付”の列に並ぶ。

列に並んでいるときに、
また取材を受けた。

”坊主頭にオレンジのレインコート”は取材陣に大好評!

8:30受付開始。 

受付を済ませて待機場所へ移動。

1、待機場所でスタッフの方が依頼内容と人数を読み上げる。
(ex:ドロ撤去作業、男性2名、女性2名)

2、参加したい人は手を挙げる。

3、リーダーを決めて必要な資材(スコップとか)をみんなで準備

4、ボランティアセンターで用意された車で依頼先へ移動

5、現地作業開始。終了は最大14:30~15:00まで。

6、現地からボランティアセンターへ車で移動。

7、センター到着後、資材を洗浄し返却。

8、解散。リーダーのみボランティアセンターへ作業報告。

活動スケジュールはこんな感じ。

たくさんのボランティア参加者が待機しているため、
2、でたくさんの手が上がり、
作業する担当が決まるまでにかなりの時間を要する。

どうせ、
みんなどの作業でも構わないと思っているんだから、
受付の時点で勝手に割り振ってくれたら良いのになぁ、
と思う。

身に着ける作業道具
(マスク、ゴーグル、長靴とか)
は自身で準備してボランティアに参加するのが原則、
でも資材部で貸りることもできるみたい。

俺は長靴とクギ踏み抜きを防止する中敷きを借りた。

今日の作業は生活排水用の溝を塞ぐ瓦礫・土砂の撤去、
子供一人を含む合計7名のグループ。

一時間ごとに休憩を挟みつつ、
小雨が降りだす15:00に作業終了。

IMG_1327.jpg

IMG_1328.jpg

完全にガレキで埋まっていたU字溝が現れて、
排水が流れるまでに至ったので、
達成感あり。

被災者である依頼人の方からは、
貴重な体験談を聞かせて頂いたり、
温かいお味噌汁や煮物、
お茶菓子などを頂いたりした。

今日伺ったお宅は被害の大きい地域。

家が立ち並んでいたとは思えない程、
周り一面瓦礫の渦。

近くの川には巨大なオイルタンクが転がっていたり、
炎上した大きな船が何隻も横たわっていたり。

恐ろしい光景だった。

作業終了後、
ゲルで一休みしていると、
グループのリーダーだった”あべさん”が。

あべさんは今日がボランティア活動最終日で、
余っている食材をた~くさんた~くさん置いていってくれた。

お湯で温めて食べるご飯とかカレーとか、
カップラーメンとかツナ缶とか。

滞在中は夕飯を買わなくて良い程の分量。

有り難い。

お風呂はやはり今日同じグループで、
すっかり仲良しになった車中泊で参加中の青木さんに、
車で15分程度離れた200円の銭湯に一緒に連れて行ってもらった。

俺とはやとの200円分は青木さんのオゴリ、
有り難うございます。

今日の夕飯、

IMG_1329.jpg

持参してきたコンパクトバーナーを使用して即席ラーメンx2。

食べ終わって19:00過ぎ、
今日も早っ、
就寝。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keeponrunningsuper.blog11.fc2.com/tb.php/466-28bf36be
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。