上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
”南米旅行中に短期間ホームステイしてスペイン語を習う”
という人達が結構いるみたい。

俺もどこかでそんな事をする予定。

片言でも理解できるようにならないと、
なんだか不便でしょうがない。

と思える程に、
英語が通じない場面がたくさん。

今のhotelも良い値段するのに(5000円)、
スタッフのみなさん、
スペイン語のみ。

”チェック・アウトの後に荷物を預かって欲しい”
を伝えるだけでも一苦労。

《JTBの六ヶ国語会話》、フル活用中。

でもホテルのスタッフの人達、
みんな良い人だから、
それでも楽しくやれている、
今のところ。

所持金ゼロ、
hotelに50ボリーバル払わなきゃならないから、
まずはATMへ。

見つけたATM、
どれもこれも俺のvisa cardが使えない。

というより、
暗証番号入れて、
金額入力した後、
”二桁のIDを入力”って表示されるんだけど、
何を入力して良いのかさっぱりわからん。

複数箇所のATMで、
色んな数字を試したけど、
お金を引き出せない。

でもなぜか一回だけラッキーパンチ、
250ボリーバル引き出せたから、
hotelへの支払いは完了する事ができた。

次はシウダー・ボリーバル行きのバス・チケットを購入しに、
メトロでcolegio de ingenieros駅へ。

駅から数分の所にバス・ターミナル、
英語が通じない。。。

でもなんとか21:30発の夜行確保、
95ボリーバル(1900円くらい)。

バス発までカラカス観光。

なぜかマックがたくさん、入ってみた。

なんとなく感じてたけど、
ベネズエラの物価って高いと思う、
ビックマックのセット、
35ボリーバルだって(700円)。

メインストリートを歩いてみる。

P1090679-.jpg

P1090680.jpg

P1090681.jpg

ビルの奥に見えるのがランチョと呼ばれる貧民街、
治安が悪いから近寄ってはいけないらしい。

P1090688.jpg

突き当たりに階段発見、
”歩き方”の地図から抜け出してしまうけど、
見晴らしが良さそうだから登ってみた、

P1090682-.jpg

そうでもなかった^^

さらに丘を登っていくと、

P1090684-.jpg

ランチョにだいぶ近づいてしまったみたい。

そろそろ丘を下ろうと思ったら、
見覚えのない道、
迷ってしまったらしい。

なんだか道が汚くなってきて、、、
すれ違う人のガラが悪くなってきて、、、
家並みがカラフルになってきて、、、

そう、
いつの間にかランチョに迷い込んでしまったのだ。

冷や汗。

平静を装いつつ、
丘を登りなおして、
ポリスがたくさんいる所にたどり着いて、
一安心。

ポリスに道を聞いて、
無事、メインストリートに戻る事ができた。

どうやら、
この丘、
ランチョに囲まれている丘みたい、
どうりでポリスがたくさんいた訳だ。

ちょっと怖い思いをした。

”歩き方”の地図内に戻って、

P1090687.jpg

P1090689-.jpg

ボリーバル広場、

P1090691-.jpg

メインストリートの周りは人が賑わってて、
なんだかお祭りのような雰囲気、

P1090693.jpg

マーケット、

P1090694.jpg

高層ビル群、

P1090695.jpg

ロス・カボス公園。

想像してたほど、
危険を感じる街じゃなかった。

ただ、
高層ビルの立ち並ぶ安全といわれる地域、
その後ろにみえるランチョ、
今までに味わったことのない雰囲気だった。

17:00頃、
一旦ホテルに戻ってみる。

と、
急に大雨、

P1090696.jpg

夕立なのかなぁ。

ホテルで二時間待機、
雨をやり過ごして、
19:00にバスターミナルへ出発。

タイミングを逃して、
夕飯は抜き。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keeponrunningsuper.blog11.fc2.com/tb.php/259-e2b54409
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。