上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10:00、
宿を後にして、
マドリッド空港へ、
メトロで1ユーロ、
空港税がプラス1ユーロ。

新しく増設されたターミナル4でチェックインしたのが10:45、
それから荷物検査に並び、
出国手続きに並び、
登場ゲートまでトラムで移動して、
いつの間にか12:15の搭乗時間になってしまった。

あんなに手間がかかるんじゃ、
ぎりぎりに空港着いた人は、
きっと飛行機に乗り遅れるだろうな。

ターミナル4を使う方はお気をつけなされ。

カルフールで買ったカステラみたいなお菓子以外、
昨日から食事を取ってなかったから、
機内食x2回は有難かった。

マドリッドを13:00くらいに出発して、
9時間くらい飛行機の上にいたのかな、
でもカラカスに着いた時間は15:30なんだよね、
時差ってイマイチ理解不能。

せっかく日の高い時間に到着して安心してたのに、
入国審査に長蛇の列だし、
(審査は何も聞かれず素通りだった)
預けた荷物がなかなか返してもらえないしで、
ATMの使い方が良く分からんし。
(限度額のせいで?、結局おろせたのがたったの250ボリーバル、
なんでじゃ。でもレートが良く分からんから、
これが一体いくらなのかも分かってない^^)

そんなこんなしている間に、
18:00、
外は日が暮れてしまった。

街の中心へ行くバス(18ボリーバル、っていくら?)に乗る頃には、
ものすごい雨が降り出して、
雷までなり始めて。

俺の南米の旅を暗示している?

不吉。

バスで乗り合わせた中国人のおばさんから、
これから行くエンジェル・フォールの話、
カラカスの宿の話を聞くことができた。

英語がものすごく達者、
空港内で働いてるらしい。

”観光終えたら、空港まで顔を見せに来て”
と言われた。

無事に戻ってこれたら!
ですね。

中国人のおばちゃんがバスを降りた後は、
言葉は通じないないけど、
現地の女性と話をしたら、
その女性からバスを降りがけに、

P1090675-.jpg

電話番号と名前の書かれた紙を渡された。

なんだか、
カラカス、
悪くないんじゃないの?

それともこれが罠?

last stopでバスを降りると、
ヒルトンの真ん前。

中国人のおばちゃんに、
夜の宿探しは危険だから、
今日はヒルトンに泊まる様に勧められた。

ヒルトンで、
参考までに値段を聞いてみる、
600ボリーバル、
高そうだなぁ、
でも、、、
レートが分からん現状、
これがいくらなのやら、
さっぱり分からん。

でも高いことだけは間違いない、
宿泊は丁重にお断りした。

ヒルトンのエントランスで、
”地球の歩き方”で選んどいた安宿”カラコル”に行こうか迷ってたら、
ボーイさんにヒルトンの近くのお勧め宿を教えてもらった。

”カラコル”はダウンタウンの安全じゃない地区の方だから、
これから行くのは危ないとの事。

素直に従うことにして、
教えてもらった”Renovacion”へ、

P1090674-.jpg

250ボリーバル、
既にバス代払ってるから232ボリーバルしかない貧乏人。

200だけ払って、
残りは明日の支払いにしてもらう事にした。

この宿、
ボロそうなのに(あっ)、
ネットが繋がるのだ。

ネットでレートを調べてみたら、
1ボリーバル=19.8円くらい。

Renovacionの宿代は5000円くらいか、
まぁまぁガマンできる範囲で良かった。

ヒルトンは600ボリーバルって言ってたから、
12000円くらいかぁ、
たまには贅沢して泊まってしまっても良かったか?

そして、
貧乏人の俺は、
所持金32ボリーバルすべてを使って、

P1090673-.jpg

これを食した、
これで32ボリーバル=640円って高くねぇ、ねぇ、ねぇ。

これで所持金ゼロ、
水も買えないよぉ~。

中国人のおばちゃん情報によると、
エンジェル・フォールはツアーの参加がベストで、
(個人で行けない?)
シウダー・ボリーバルという街でツアーに参加するのが安いらしい。

だから、
明日はシウダー・ボリーバルへ移動。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keeponrunningsuper.blog11.fc2.com/tb.php/258-553f1752
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。