上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7:30、
ホテル料金に含まれている事が確かな^^朝食を取って、
しばし休憩。

P1080843.jpg

9:30頃、
チェックアウトのために受付へ。

やっぱりね。

昨日の夕食代38ディナールを請求される。

Aさんに全部任せることにする。

Aさん”ツアー料金として払ってるから、これ以上払わない!”

と言ってもホテルは了承するはずもなく、
結局、
Aさんとトズールの宿のおっちゃんが電話で話をする。

おっちゃん、
払わないで良いと言ってくれたらしい。

でもホテルから解放してもらえない、
おっちゃんがホテルに料金を払わないと言ってもめてるの?

ホテルの責任者が来るまで待て、
と言われる。

途中、
自称警察官が登場。
(ただし、IDが学生証^^)

ツアー内容をその若造に話したら、
”ツアー料金が高すぎる、
300ディナールくらいの内容だから、
警察に行けばお金を返してもらえる”
と言っている。

若造が警察でないことは間違いないんだけど、
言ってることは正しい気がする。

でも、

警察に届けて、
またトズールに戻って、
おっちゃんと話をして、




そんな面倒はごめん、
これ以上あやつらに関わりたくない、
と、
俺よりたくさん払ってるAさんが言っている。

この時点で、
俺のツアー料金がディスカウントされている事をAさんに伝えた。

とにかくこの夕飯代だけは絶対に支払わない!

待つこと1時間、
ホテルの責任者が現れる気配がない。

11:00になっても解放してもらえなければ、
強引に立ち去る事を2人で決める。

11:00少し前、
突然、
解放宣言。

ホッとした。

これにて偽2泊3日のツアーは終了。

たくさんのムゴイ仕打ち、
すべてはラマダーン期間のせい、
という事にしたい。

何か理由がないと耐えられない。


キッツ~い縄から解き放たれたような解放感。

ツアーに参加したお陰で、
短期間で行きたいところを回れたから、
日数に余裕ができた。

迷ってたジェルバ島に向かう事にする。

Aさんもジェルバ島へ向かうという事で一緒に。

まずはルアージュ(乗合わせバス)でガベスへ、
1.8ディナール。

ガベスからジェルバ島へ、
6.6ディナール、
フェリーを使ったりした。

訳のわからんツアーに縛られず、
自由に動ける事の幸せを実感、
そして、
誰かと一緒の移動はやっぱり楽しい、
待ち時間も苦にならないし。

ジェルバ島に到着。

お金をたくさん使えるAさんと一緒だと、
ちょっとお荷物になりそうだったので、
(そんな気遣いはいらないと言ってくれるだろうけど)
ここでAさんとはお別れ、寂しくなります。

たくさん頼らせてもらいました、
有難うございました。

未だにフィルムの一眼レフというこだわり、
日本に戻ったら、
現像した写真くださいね、
連絡します。

という事で、
1人安宿へ、
ユースホステル”オーベルジュ・ド・ジュネス、
破格の6ディナール(360円)!

P1080846.jpg

でもこんな感じ、
窓がありませんけど。

夜、暑そう。

P1080848.jpg

P1080847.jpg

でも洗濯はフンダンに出来そう、
昨日したばっかりだけど。

腹減った、

P1080851.jpg
P1080852.jpg

安食堂発見、
7ディナールセット、
旨い!

散歩、

P1080855.jpg

ちょっと遠かったけど、
さっそく海を見に行ってみた。

P1080856.jpg

タコ壺群。

今いるフームスークという街、
ジェルバ島で一番にぎやかなんだけど、
どうやらビーチがないっぽい。

ビーチでのんびりしたい。

明日、
バスでツーリスティック・ゾーンまでビーチを探しに行ってみる。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keeponrunningsuper.blog11.fc2.com/tb.php/233-0ff19d92
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。