上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P1080577-.jpg

朝食付き。

アフリカ大陸の”朝食付き”はどこもなんだかイマイチ。

トズールを基点に行きたいと思ってる
・シュピカ、タメルザ、ミデスの三つの街
・オング・エル・ジュメルと呼ばれる場所
(スターフォーズ、イングリッシュペイシェントのロケ地)

ここをルアージュとかバスを探しながら、
1人で一日で回るのはかなりキビシイ。

なので、
旅行代理店でツアーを探すことにした。

最初の代理店、
・シュピカ、タメルザ、ミデス→100ディナール
・オング・エル・ジュメル→30ディナール

4WDで運転手付き。

参加者が俺だけだから貸切、
結局こんなに高くなってしまう。

ツアー参加でチュニジアに来ている人が殆どで、
個人で来ている人は少ないから、
他の参加者を待ってみても無駄だと。

130ディナール(7800円くらい)かぁ、
一件目で決めるのは懸命じゃないな、
もう一件代理店に行ってみる。

・シュピカ、タメルザ、ミデス→100ディナール
・オング・エル・ジュメル→80ディナール

一件目より高い。

そして見た感じ、
もう他の代理店はなさそう、
仕方がない、
一件目の代理店に引き返す。

その途中で、
レンタカー会社の人に声を掛けられる。

「レンタカーじゃなくて、ツアーに参加したいんです、ツアー」
って言ったら、
レンタカー会社の人がドライバーになってくれるらしい、
交渉の末、
シュピカ、タメルザ、ミデス、オングの四箇所、
100ディナールで連れてってくれるらしい。

ここに決めた。

タクシーに乗って、
レンタカーのある場所へ移動。

ってか、
その兄ちゃんの家の前に車は停まっていた、

P1080578-.jpg

兄ちゃんのお家、
青空の下にベットを置いて寝てるらしい。

車、
4WDじゃないけど大丈夫なのかなぁ、
と思いながらも出発!

運転手の兄ちゃん、
とても良い感じで、
2003年に6ヶ月間、
渋谷のバーで働いてた事があるらしい、
親日家。

なんだか良く聞くうさんくさい話ではあるけど、
これは本当だろう、
嘘つく必要ないし、
でも、、、

まずは山岳オアシスの村シュピカへ向かう。

P1080581-.jpg

砂が道に入ってこない工夫らしい、

P1080583.jpg

塩湖、
夏はこんな風にカラカラ、

P1080586-.jpg

野生ラクダ、
こっちに目線釘付け、

P1080587-.jpg

だんだん峡谷が迫ってくる、

P1080588.jpg

P1080589.jpg

P1080592.jpg

P1080593.jpg

P1080595.jpg

P1080599.jpg

P1080600.jpg

P1080602-.jpg

シュピカ到着、
30分くらいのハイキングコースを歩いてみる、

P1080596.jpg

高台から見た今は廃墟となっている旧村、
なんだか別世界。

次はタメルザという街へ移動。

P1080604.jpg

P1080605-.jpg

移動中のパノラマポイント、

P1080609.jpg

P1080610.jpg

グランド・カスカド(大滝)、

P1080611.jpg

P1080612.jpg

そしてやっぱり廃墟になってしまったタメルザの旧村、
ここも不思議な眺めだった。

そしてミデスという街に移動するのかと思ったら、
ミデスはタメルザと似た感じらしい、
という事で、
このままオング・エル・ジュメルに移動する事に。

(地球の歩き方曰く、ラマダン時期はツアーを16:30くらいに終わらせる配慮が必要って書いてあったから、気を使ってみた)

オング・エル・ジュメルはトズールから10kmくらい、
そんなに離れていない場所にある。

シュピカ、タメルザまでは舗装道路だったけど、
オング・エル・ジュメルへの道は完全に砂漠。

それでも普通車で突き進むこと10分くらい、

運転手「これ以上進めない、
トズールに引き返して4WDに乗り換える必要がある、ごめん」

俺「問題ない、気にしないで」

トズールに引き返し始めたところで、

運転手「4WDを使うのに70ディナール必要」

あぁ~、
マジでぇ~、
完全に信用してたのに、
くそぉ!!!!!!!!!!!!!!!!

口論したり、
”頼むから追加料金なしで連れてってくれ!”
って懇願してみたり。

その結果、
オング・エル・ジュメルは諦める代わりに、
30ディナール返してくれる、
と言っている。

そんなんじゃ気が治まらない。

”シュピカ、タメルザなんて行きたくなかった、
オング・エル・ジュメルだけが俺の目的”
と嘘をつき返して、
半額の50ディナールを返してもらった。

”返してもらった50ディナールと20ディナールで、
4WDを借りれるよ”
って言われたけど、
もうダメ、
この人からは何も受け付けられない、
だからオング・エル・ジュメルは諦めた。

やっぱり旅行代理店にしときゃ良かった、
くそぉ。

トズールのメディナ(旧市街)前で降ろしてもらって、
タバコを吸ってたら、
デカイ噴水に隠れている子供たちに、
石を投げ続けられる、
ニヤニヤ笑いながら。

なんでだよ、
更に凹む、
チュニジアが嫌いになってきた。

(子供たち、ただかまって欲しかっただけなんだろうなぁ、
今ならそんな風に考えてあげられるんだけど、
あの時は、本当に凹んでしまった)

って事で、
早めに戻れたから、
宿に戻って洗濯。

宿の受付の人にオング・エル・ジュメルの行き方を聞いたら、
砂漠だから4WDの車をレンタルするか、
ツアーに参加する方法のみ、
公共交通機関で個人では行けないみたい。

受付の人曰く、
今から4WD貸切で行こうとすると80ディナール。

今日払った50 + 80 = 130ディナール、
朝の代理店の価格と一緒。

でも今日はもうイイや。

まだ観てないトズールの街を歩いてみることにした、

P1080616.jpg

子供たちが隠れ場所にしてた噴水、

P1080617-.jpg

昨日の食堂にまた行ってみた、
昨日美味しかったサラダ・チュニジアン、

P1080618.jpg

クスクス・チュニジアン、
美味しかったけど、
残念ながら食べ切れず、
残してしまった。。。

P1080623.jpg

マンホール、

P1080619.jpg

P1080622.jpg

P1080624.jpg

P1080625-.jpg

P1080627.jpg

P1080628.jpg

P1080629.jpg

メディナ、
迷路みたい、
不思議な空間にさ迷い込んだみたいで、
楽しかった。

メディナ出口付近で日本人カップルに遭遇、
明日、
オング・エル・ジュメルのツアーのシェアを持ちかけてみた。

でも既に今日行ってしまっていた、
朝出会えてたらなぁ、
残念。

俺が行こうと思ってた4箇所で、
120ディナールだったらしい。

歩いていける距離のアス・エル・ライン公園、

P1080639.jpg

P1080632-.jpg

どうやらお風呂代わりになってるみたい、

P1080633.jpg

P1080636-.jpg

P1080637.jpg

微妙な公園。

”歩き方”には、
~緑の豊かなオアシスを一望~
って書いて歩けど、
緑の豊かなゴルフ場が広がってた^^

さぁ、
のんびりしてられない、
明日14:30のバスでドゥーズという街に移動したい。

明日の午前中、
80払ってオング~に行くか、
諦めてしまうか、
(所詮映画のロケ地って考えてしまう?)
迷う。

思い出した、
そういえば、
迷った時は勝間方式で”行く”を選択するんだった。

良し、
行く!

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keeponrunningsuper.blog11.fc2.com/tb.php/229-e2258b5e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。