上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝、
シャワー、
水しか出ない、
暑いから平気。

チェニス(北部)から近いカルタゴ、シディ・ブ・サイドは後回し、
まずは観光しにくそうなチュニジア南部のトズールという街、
アルジェリアから近い大オアシスに移動。

宿で聞いてたバス・ターミナル
”バブ・アリウア”へ行ってみるも、
トズール行きはなし。

教えてもらった
”モンセフ・ベイ”
というターミナルでトズール行きを発見、

P1080567.jpg

ルアージュ、、、
(乗り合わせのワゴン車)

ち、違う、
長距離用のでかいエアコンがきくバスが良かったのにぃ

でもこの時点で滝のようなアセ、
他のターミナルに移動して、
バスを探し直す気力なし、
値段はほぼ同じかちょっと高いくらい、
長距離バスより飛ばすから、
早く到着できるらしい。

ルアージュで行くことにする。

でもダイレクトにはトズールには行けなくて、
ガフサという街で乗り換えが必要だとか。

なんだか危険なニオイがする、
ガフサまで20ディナール(1200円)。

座席は無理やり人を詰め込まず、
良心的、
俺の列も三人用シートに3人だけ、
景色をみたり、
寝てみたり。

14:00、
ガフサに到着。

トズール行きを探すけど、
またまたダイレクト便がない、
メトラウイという街で乗り換えが必要だとか、
う~、
めんどう、
2.40ディナール。

メトラウイ、
14:30に到着、
なんだか人気のない街。

そして、
トズールまでのバスがない?
どういうこと?

アラビックの陽気な3人組みのお姉さま方もトズールに行くみたい。

”私達についてくれば大丈夫よ!”
的なことを言ってくれているみたい、
でもアラビア語だから不確定。

でもこの人達にへばりつく事にした。

待つこと30分、
トズールに行く予定のないルアージュ登場、
5ディナールずつ払えば、
トズールに行ってくれると言っている。

でも、
お姉さま方は決して首を立てに振らない。

俺は適正価格がわからないし、
もうあまり待ちたくなかったから、
5ディナール(300円くらい)で決めたかったけど。

またしばし待ってると、
トズール行きのルアージュが登場、
3.2ディナール。

お姉さま達の許可が下りて、
やっとトズールに行くことができた。

全く英語が通じなかったけど、
この3人と一緒でとても楽しかった。

保守的な服装をした女性でも、
あんな風に会話してくれたりするんだなぁ。

道聞いたりしても、
プイッってされること多々なんだけど。

結局、
18:00にトズール到着。

トズールでは、
たまってたブログの下書き10日分を片付けたかったから、
エアコン付きの部屋にした、
オテル・カリム、
シングル、朝食付き、
22ディナール(1360円くらい)。

P1080615.jpg

P1080641-.jpg

昨日泊まった様なホテルなら、
最低で7ディナール(420円)からあるみたいだけど。

ご飯を食べる場所を探しががてら、
散歩。

P1080570.jpg

19:00近くでもう薄暗くなっちゃうんだよね、

ヨーロッパは21:00くらいまで明るいかったから、
なんだか感覚が狂う。

ローカルな食堂に入ってみる、

P1080573.jpg

言葉は通じない、

P1080571.jpg

ショルバ(トマト仕立て)、

P1080574-.jpg

サラダ・チュニジアン。

どっちも超ウマイ!

お店の人もとても優しい。

チュニジアの食事は大丈夫そう(マダガスカルと違って)。

宿までの帰り道、
トズールにはたくさんのナツメヤシが生えてて、
その間から見える大きな満月が、
すごくキレイだった。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keeponrunningsuper.blog11.fc2.com/tb.php/228-fda955ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。