上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はぁ、部屋がくそ暑くて眠れな~い。

7:30にツアー料金に含まれている朝食をhotelでとって、
8:00に出発。

P1050278-.jpg

王家の谷、
撮影禁止。

チケットを購入すると、
3つのお墓に入ることができる。

ツタンカーメンのお墓は別途100£Eかかる、
入ってみたい気もしたけど、
ツアーのコースじゃない。

コースに含まれてないって事は、
大した事ないないのかもしれない。

60個近くある内の3つのお墓、
ガイドをお薦めに従って、
入ってみる。

キレイなレリーフが残ってて、
なかなか見ごたえがあった。

ただ、外は強烈な暑さ、
初めて、
まなちゃん、まちこからから貰った帽子を被った。

墓から墓への移動がしんど過ぎ、
観光は冬にするべし!

王妃の谷へ移動。

撮影禁止だったから、
どんなところだったか思い出せないっす^^
(この6/1のblogは6/8に書いている=言い訳)

ハトシェプト女王葬祭殿へ移動。

俺の席はバスの最後部。

エアコンが前部しか効かなくて、
ものすごく暑い、
しんどくて全然休憩にならなかった。

P1050280.jpg

P1050282-.jpg

P1050284.jpg

P1050285-.jpg

でかくて見ごたえがあったけど、
とにかく暑くてしんどい。

最後にメムノンの巨像へ、

P1050288-.jpg

バスで真横まで行けるため、
バス社内から見ることができる。

数人はバスを降りたけど、
数人は暑さで参ってしまって、
外に出なかった。

これでツアー終了。

hotelには14:00に戻ってこれた。

チケットはまだ取ってないけど、
17:00のバスでダハブへ移動する予定。

hotelのスタッフに、
ハルガタでダイビングの免許を取ることを伝えたら、
すべてダハブの方が安いから、
ダハブに行くよう薦められて、
ハルガタからダハブに行き先を変更することにしたのだ。

ダハブなら、
行くことをあきらめてた”シナイ山”にも登ることができるし、
ヨルダンからも近い。

ただ、
もうカイロには戻れなくなるから、
あえて後回しにした
エジプト考古学博物館
に行けなくなるのが心残り、
ツタンカーメンの黄金のマスクも見れなくなってしまった。

バスが出発する17:00までの3時間で、
east sideを観光し終えなければならん。

hostelで自転車を借りる、15£E。

灼熱の暑さの中、
自転車をこぎまくる。

カルナック神殿へ、

P1050290-.jpg

P1050291-.jpg

P1050292-.jpg

P1050294-.jpg

P1050295-.jpg

P1050296-.jpg

通常2時間かけて見るところを、
たったの30分、駆け足で見学終了。

カルナック神殿、
一番好き、
列柱の数の多さに圧倒された。

ここだけはもっとゆっくり見たかったなぁ。

ルクソール神殿へ移動、
してみたけど、
既に時間が16:00、
暑さにもすっかり参ってしまった。

ので、
入場せず、
外から眺めるのみに留めてみた、

P1050297.jpg

バスチケットオフィスへ。

ダハブ行きのバスチケット、
本日分は売り切れ~!!!

でも、
スエズで一旦乗り換えて、
ダハブへ行くバスが18:30発であるらしい。

・料金はダイレクト便と同じ、
・スエズに到着後、ダハブ行きのバスにすぐに乗り換えできる
・スエズ到着のバスターミナル、ダハブ行きのターミナルが同じである

3点を確認の上、
スエズ乗換えでダハブに向かう事にした。

もう、
あのhotelには1泊もしたくなかったから。

ルクソール→スエズのバス料金、80£E。

【悲しいお知らせ】

ツアーバスの席にブルージャージ(上)を置き忘れてきた。
だいぶ便利だったから悔しい。

どっかでジャージ(上)購入しよっ!

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keeponrunningsuper.blog11.fc2.com/tb.php/146-bead0a83
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。