上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5:00、
空港内移動用のバスに乗って、
第二ターミナルから第一ターミナルへ移動。

第一ターミナル前のバス乗り場から、
市内行きのバスがそろそろ出るはず。

タクシードライバーに声を掛けられて、
ルクソールに行くことを伝えると、
”ここからバスは出発しない!
電車しかないから、タクシーに乗れ!”

コイツ嘘ついてるな、
ガイドブックにバスが発着していると記載がある。

でもしつこくしつこく話しかけてくる。

他のバス待ちの人に聞いてみると、
バスは発着していると教えてくれた。

行き来し始めるバスの運転手に
”ルクソール行く?”
と聞いてみるも、
どのバスも行かないという。

おかしいなぁ、
不安になってくる。

声を掛けた親切なバスの運転手が調べてくれた。

バスの運転手曰く、
”とりあえず自分のバスで駅に行く必要がある”
と。

ん?
なんで?
電車を使わないで行けるはずなのに?


さぁ、
気づいたでしょうか?


俺は間違いをおかしています。


行きたいのは、
タフリール広場、
ルクソールじゃなくて。


その親切なバスの運転手に、
勘違いしてたことを伝えると、
複数のエジプト人の乗客が、
”それは隣のバスだから急げ!”
と教えてくれた。


という事は、
タクシーの運転手は嘘を言ってなかったんだね、
失礼しました。


バスを使ったおかげで、
たったの1エジプシャン£(\16)でタフリール広場に行けた。

ただしローカルバスだから、
走ってるバスから飛び降りる恐怖を味わうことになったけど。

調べておいたKings palace hotelを目指していると、
日本語が少し話せるエジプト人の若者が話しかけてきた。

Kings palace hotelを知ってるという。

既に場所の検討はついてるから案内は必要ないと伝えてるけど、
ついてくる。

悪い人ではなさそう。

何かを作る仕事をしててアトリエを持ってて、
Kings palace hotelの近くにあるから、
見に来ないか?と誘われた。

近くなら良いか、
と思ってついて行く。

確かに何か家具のようなものを作ってる様子、
でもアトリエじゃないなぁ。

そして怪しげなおじさん登場。

結局そういうことなんだね、
ツアーの勧誘だった。

さっさと断って、
Kings palace hotelへ。

スタッフがとても良い雰囲気で居心地よさそう。

ドミトリー 35£/1 night。

どうも朝からずっと水が止まってるらしいけど、
スタッフの感じが良いと、
こういうこともあまり気にならない。

8:00.、
ウェルカムドリンクのteaを頂いた後、
しばしベットで休息のつもりが、
13:00、
寝すぎた。

街の建築群が世界遺産に登録されてる
”イスラーム地区”へ。

hotelからだいぶ離れてるけど、
歩いて行ってみる。

P1050085.jpg

ズヴェーラ門。

P1050087.jpg

ガーマ・マリダーニー。

P1050089.jpg

ブルーモスク。

工事中で中に入れなそう。

でも、
現場監督風の人に声を掛けられて、
中も見ることができ、
青いタイルが壁を飾り付けてて、
すごくキレイだった。

お礼を言ってさよならしようと思ったら、
さっき行った
ガーマ・マリダーニー
のミナレット(塔みないな部分)に連れて行ってくれると言っている。

好意で言ってくれている事を信じてついて行く。

P1050094.jpg

P1050096-.jpg

こんな高台から見てみたかったんだよね、
ありがとう!

でも最終的に、
やっぱりお金を要求された、
しかも屋上の誰もいない所で。

細かいを金がなかったから、
少ないけど10£(\160)だけ渡したら、
”こんなお金はエジプトでもたいした金額じゃない”
と文句を言ってくる。

だんだん腹が立ってきた、
良い人ぶってたくせに。

お金を払う必要がある事を説明しなかったそっちが悪い!
と言い切って、
結局、10£しか払わなかった。

やっぱりこういう場合は、
いいづらいけど、
お金は一切払わない事を最初に伝えなきゃな。

楽しみにしてたジタデル、

P1050108.jpg

おっさんとモタモタしてる内に閉まってしまった。
日を改めましょう。

P1050099-.jpg

ジタデルの真向かいにあるガーマ・スタン・ハサン。

P1050103.jpg

なんか行進してた。

P1050110.jpg

ハン・ハリーリまで向かう途中で休憩、
たくさん砂糖を入れたあま~いteaと水タバコ。

水タバコ、
強く吸い込んでもあまり味がしなかった。

P1050112.jpg

ハン・ハリーリ、
お土産屋さんがたくさん。

危ないかなぁと思いながら、
ジューススタンド、

P1050116.jpg

P1050114-.jpg

バナナ、
すんごくすんごく美味しかった、
完全にはまった。

水と土しか行われないフリーのショーがあって、
たまたま今日は水曜日。

なので、
最後に20:30からフリーの旋舞ショー(タンヌーラ)
を観に行った。

P1050118-.jpg

P1050124.jpg

P1050136-.jpg

P1050138.jpg

P1050140-.jpg

2時間弱くらいだったかなぁ、
独特なイスラムのリズム、
フリーとは思えないすごい迫力、
なんだか圧倒された。

hotelの他の宿泊客(スーダンの人)がお誕生日だったから、
ケーキのおすそ分け、

P1050145.jpg

和気あいあいとした感じで、本当に居心地が良いhotel。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keeponrunningsuper.blog11.fc2.com/tb.php/140-7faf520b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。