上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺の身体は限界を迎えようとしている。

本当は海とか見に行きたかったんだけど、
今日、
ムルンダヴァからアンタナナリブに一気に戻る事を決意。

アンタナナリブの宿のスタッフは顔見知りだし、
宿でまともな食べ物が食べれるから。

昨日のガイドにアンタナナリブ行きのバスを手配してもらう、
45000Ar、
適正価格だったので安心。

9:00出発と聞いてたから無理やり起きたのに、
どうやら出発は12:30らしい、
くそっ。

でもどうやら心配してくれている様子で、
食欲がない事を伝えると、
マーケットに連れてってくれて、
マンゴーとバナナを購入。

どっかの屋台を借りて食べてたら、
ガイドがコーラを注文、
なぜか俺がコーラ代を払わされた。

思い出が欲しいからと言って、
写真屋に二人の撮影を依頼、
なぜか2000Ar払わされた。

もう戦う気力がないから言われるがままに払ってしまった。

相変わらずの病状でマラリアに掛かってないか心配してたら、
ガイドに病院にいくことを薦められた。

バスターミナルの近くに病院があって、
バス出発の12:30には戻ってこられるらしい。

マラリアに掛かってたらシャレにならんので、
行ってみる事にした。

病院というより診療所って感じだった。

まずマラリアチェック、
マダガスカルでは珍しい病気ではないらしい。

先月、案内した日本人とガイド2人でマラリアに掛かったらしいし。

そして俺の結果は、、、、
negative、
感染してなかった。

んじゃ、
発熱、
発疹、
下痢、
咳、
鼻水、
食欲不振、
めまい。

これは一体。。。

お医者さん曰く、
発疹がひどいし、
food poisoning(食中毒)じゃないかと。

食べ物、
気をつけてたつもりなんだけどな。

薬を大量にもらう。

マラリアチェック、4000Ar、
検診、20000Ar、
薬、4500Ar、
レシートもレポートも存在しない、
たぶん保険請求できないだろうな、
たいした金額じゃなくて良かった。

とりあえず、
もらった薬を飲む。

12:30のバス、
ガイドのはからいで、
運転手の助手席に座ることができた、
足が延ばせる、
命拾い。

正直、
行きと同じ状態だったら死んでた。

忘れはしない、出発してから7h30、
20:00頃、
お腹が痛くなり始める。

タイミング良く夕飯休憩で車が停車、
レストランに駆け込んで即トイレ。

紙のないトイレ初体験、
バケツから桶で水を汲み、
手で洗った。

全部出し切った。

みんなは夕飯食べてるけど、
お腹は全く空いてない。

水が切れたから買いに行くも、
Arが底をついていて、
水が買えない。。。

$で買えないか交渉するも不可。。。

居合わせたカナダ人のクリスチャンが、
$とArをexchangeしてくれて、
水が買えた、
危ないとこだった、
せめて水だけでも飲み続けないと本当に死亡してしまう。

アンタナナリブに到着した05/12 11:00までの間、
結局一睡も出来なかった。

アンタナナリブに到着、
バスから降りると眩暈いで足がフラフラ、
声を掛けてきたタクシードライバーに迷わず決定、
以前泊まった事のある宿へ向かってもらう。

でもなぜか同乗者が1人いる、
どうやらドライバーが他の客も掴まえてきたらしい。

渋滞、
車が進まない、
こんな時に。。。

そして途中で何となく気づく、
”この運転手、俺の宿より他の客の場所に先に向かってるな”。

怒!

絶対、俺の宿のほうがバスターミナルより近かったのに!
俺が最初の客だったのに!

そして俺の宿の辿り着いたのは1h後、
くそっ!

宿に辿り着くも、
receptionと話をするための数十秒さえ立っていられない、
しかも息が上がって喋り続けられない。

レジストレーションは後回しにしてもらって、
とりあえず部屋で休ませてもらうことにした。

少し眠った後、
フラフラしながらもシャワーを浴びてみた、
ビビッた、
体中に発疹が隙間ないくらいできている。

早く食事をして、もらった薬を飲まねば!

知り合いの宿のスタッフにお願いして、
18:00に俺の部屋に食事を運んでもらうことにした。

18:00までの間、
めぐみさんにもらった
”お味噌汁の素”
の粉末を舐めてみた。

美味しい。

半分ぐらい舐めて、
お湯がないから水で溶かして飲んだ。

眠ったり、
トイレに行ったりしながら、
(正確にはトイレには行っていない、
トイレは共有で部屋の外にあるから、
面倒になってしまって、
部屋の中にあるシャワー室で用を済ませていたのだ)
18:00、
誰も来ない。。。

俺の部屋は地下で、
階段でレセプションのある1階に登る体力がない。

19:00まで待ってみるも、
誰も来ない。。。

このままもし今日何も食べられなかったら、
たぶん本当に
”死ぬ”、
そんな恐怖を感じて、
意を決して、フラフラしながらレセプションへ。

約束したスタッフがいない、
他のスタッフに聞いたら、
「18:00にパーティに出かけましたよ」
だって。

普通の精神状態じゃないから、
なんだかもう怒りが抑えられない。

でも他のスタッフに俺の食事を頼んでくれてたみたいで、
これから作って運んでくれるって。

なんとか助かった。

19:30頃、
スープヌードル、
トマトサラダ、
フランスパン、
を運んできてくれた。

食欲なかったけど、
スープヌードルだけ無理やり完食。

薬を飲んで寝た。

2~3時間おきに起きてはトイレに行った。

5/13、
昨日の残り物のフランスパンとトマトを食べて、
薬を飲んで、
2~3時間おきに変わらずトイレ。

5/14の朝4:00の便でナイロビに戻らなくてはならない。

それまでに発疹をなんとかしなければ、
飛行機に乗れないかもしれない。

ただひたすら寝る。

5/14 2:00にタクシーを呼んでもらって空港へ。

出発時間が6:00に変更になってた。

マダガスカルの出国審査、
発疹は特に問われなかった。

でも機内持ち込み検査で、
ライターを没収された。

もう頭がおかしくなってたから、
戦闘モード、
「他の国ではひとつのライターは持ち込可能なのに、
なんで?」
とか色々文句を言ってみるも、
結局、没収されてしまった。

機内食は2回でたけど、
ほとんど食べれなかった。

5/14 12:00、
ナイロビに到着。

入国審査、
ビザ代がUS$25、
US$30を払ったら、
「釣りがないから、ピッタリないならUS$30」。

審査官の内の1人がUS$5紙幣を持ってたのを見てたから、
「彼がさっきUS$5もってたの見た」
って言ってみたら、
「そんなの知らない」
だって。

審査官4人が揃ってニヤニヤしている。

信じられない、
なめられてる。

なんでこんな奴らが国の玄関口で仕事が出来るんだろう。

お金を一旦返却してもらって、
お店でUS$10をUS$5 x 2枚にくずしてもらって、
US$25ピッタリ払って入国審査終了、
面倒くさい奴ら。

早く以前泊まってたembassy hotelに戻りたい。

空港で1000シリングでタクシーを捜すも、
徒党を組んで料金表を持ち出して、
1500シリングだ!の一点張り。

すぐに1500で乗るのが悔しかったから、
しばらく座り込んでたら、
徒党を組んでた奴らとは違う人から、
1000シリングで声を掛けてもらった。

結局、
embassy hotelに到着した時に、
もう少し払って欲しいと言われたけど、
1000シリングだけ払って降りた。

はぁ、
やっとナイロビに帰ってこれた。

これで、一安心。

でも、
不幸はまだ続く。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keeponrunningsuper.blog11.fc2.com/tb.php/128-8593f0bd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。