上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンツィラベへ行くためのバスターミナルは、
中心部から少し離れている。

ローカルバスで行くと300Arでバスターミナルへ行ける、
でも見つからない、
5000Arでtaxiを探してみるも、
どうしても7000Ar以下にはならない。

さんざんわがまま言って、
結局使わなかったのに、
taxiの運転手が手伝ってくれて、
ローカルバスを見つけることが出来た。

乗客を載せるために止まってくれないのね、
少しずつ動くワゴン車に飛び乗る感じ。

無事、バスターミナルに到着するも、
1h30待たされてから出発、
アンツィラベへは10,000Ar。

お隣のバスの写真、

P1040868.jpg

俺のもこんな感じ。

アンツィラベ、
5hくらいで到着、
途中の景色、
映画のワンシーンのようなキレイな景色だった。

アンツィラベに到着早々、
人力車の勧誘が激しい。

『俺はガイドで~』
とかなんとか言い寄ってくるヤツらもうざい。

この状態でタバコを吸おうもんなら、
俺にもくれ!って群がってくること間違いなし。

なので、
「しばらくほっといてくれ」
と言い放ったら、やっと消えてくれた。

だけど、
最初に声を掛けてきた人の良さそうな人力車のおじさんだけは、
近くでずっと待機している。

交渉してみる。

2000Arなら使おうかなと思ってたけど、
”9000Ar”だって。

”歩いて行くから必要ない”と断り続けたら、
結局”2000Ar”になった。

Baobab hotelへ。

人力車のこぎ手が、
出発してからすぐ別の若者に交代となった、
おっちゃんの兄弟だとか何とか。

Baobab hotelまではかなりかかった、
2~3Km?
確かに歩いたらしんどかったかもな。

hotelについて2000Ar支払おうとすると受け取らない、
5000Ar払えと言い張る。

うぜぇ~。

「絶対に2000Ar以上払わない、文句はおっちゃんに言え!」

と言って、
気持ち悪い感じでさようなら。

Baobab hotel、11000Ar(\550)/1泊、
ちょっと汚いかな、
値段が値段だからね、しょうがない。

それにしても蚊がたくさんいるねぇ、
ゆうすけにもらった蚊取り線香を取り出してみる、
箱の中にメモが入ってた。

食欲ないし、原因不明の歯痛だし、
ちょっと凹んでたけど、
元気が出たよ、
ありがとう!

今日初の食事、

P1040869.jpg

独特の香りがしなければ完璧、
なんだろ、この香りは。

街のパン屋さんでケーキみないのを買ってみた、

P1040871.jpg

美味しいけど、脂っぽいかな。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keeponrunningsuper.blog11.fc2.com/tb.php/124-a576f0d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。