上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝からドシャ降り、
スコット、めぐみさんも水曜までいることだし、
もう一日いようかなぁ、
と思ってたら、
check-outの4/25 10:00に晴れだしたから、
やっぱり出発する事にした。

これからの旅程が似てるから、
またスコット、めぐみさんに会えると良いな。

マラウイのンカタベイからタンザニアのダルエスサラームまでは
ダイレクトで行けない。

まずマラウイのムズズへ移動、

P1040561-.jpg

乗り合いワゴン、初体験、
14人も詰め込まれて、
ダートな道をひた走る。

北に上るにつれ、
だんだん過酷さが増してきた気がする。

乗車料金をMK200と思ってて、
MK400要求されたから、
戦おうとしたら、
乗り合わせてたみんなにMK400なんだよと諭された、
勘違いしてたらしい、すんません。

ムズズに到着して、
ダルエスサラーム行きのダイレクト・バスのチケットを購入、
MK7,500。

ただし、
出発が23:30、
残り12h以上ある、
特に何もないムズズでどうする?

ってか、
乗り合いワゴンの呼子に、
”ダイレクト・バスは14:00出発”
って教えられたんだよな。

くそっ、
乗り合いワゴンに乗せるためだったんだな、
たぶん。

スコット&めぐみさんが元々教えてくれてた、
23:30出発の情報が正しかったのだ。

check-out後も、
ンカタベイのバックパッカーズで、
23:30出発に合わせてゆっくりしれられたのに。。。

でも、
ムズズのバスチケットのおっちゃんが良い人で助かった。

バックパックをバス出発時間まで預かってくれるらしい。

しばしムズズを散策するも、
雨がドシャ降ったり、止んだり、
歩きにくい。

マーケット行ってみたり、

P1040562.jpg

P1040564-.jpg

レストランのスタッフと話をしてみたりしたけど、
結局、
18:00くらいにバスチケットのおっちゃんの所に戻ってしまった。

後はひたすらぼぉ~、ぼぉ~、ぼぉ~,

P1040566-.jpg

待ちに待った23:30、
になったのにバスは来ない。

しびれをきらしながら、
一時間半遅れの1:00a.m.にバスが到着。

リロングウェ(マラウイの首都)から来ているバスで、
ムズズで人がほとんど降りない、
ダルエスサラームへみんな行くみたい、
だから空いてる席が少なくて、
奪い合い開始。

俺は座りそこなってしまった。

もしや、
24時間立ちっ放し?

不安がよぎるも、
なぜか一番後ろの席の人が、
俺に席を譲ってくれた。

12時間バスを待ってた疲れもあって、
申し訳ない思いはあったけど、
ありがたく譲ってもらうことにした。

それから、
ダルエスサラームまでの26時間の乗車、
なかなか過酷だった。

席が狭い。

席の一番後ろの荷物置き場、
床、
至る所に人が横たわってたり。

道がダートなのに加えて、
飛ばしまくるから、
お尻が宙に何回も何回も浮いたり。

乗客がニワトリを持ち込んでたり。

タイヤがパンクしたり。

俺の隣の席が空いて、
ずっと立ってた子供をその親が座らせたと思ったら、
自分も座りだして、
3人でギュウギュウに座らされたり。

地元の人が、
”This is Africa”
って笑って言ってた^^

バスは、
26時間を経て、
4/27 2:00a.m.、
タンザニアのダルエスサラームに到着。

バスに同乗してたおっちゃんに、
これからバスターミナルで朝まで寝て、
そらからhostelを探す予定である事を話したら、
大使館に友達がいて、
その友達の奥さんが日本人だから、
明日7:00以降に電話すれば力になってくれる、
と言って、
電話番号をもらった。

でも、さよならしてから気づいた、
バスターミナルには電話ボックスがない、
それにシリング(タンザニア通過)もまだ持ってない、
携帯はバッテリーがない、
連絡できませ~ん。

なんとなく危険な雰囲気の漂うバスターミナル、
うとうとしてたら、
無理やりザンビア・クアーチャーでジュースを購入させてもらたおばちゃんに、
”寝てたでしょ、気をつけな”、
って言われたり、
近くにいたお姉さんに
”携帯盗まれそうになったの、あなたも気をつけたほうがいいよ”
なんて言われたりして、
結局、
一睡もできなかった。

a.m.7:00、
とりあえず、
ATMへ行ってお金を下ろして、
水を買わねば、
干からびてしまう。

バスターミナルからダウンタウンへ向かう。

最近、
立て続けに2回タクシー使ったから、
今日は歩くことを決意したのが間違いだった。

3時間もかかった、
殆ど死亡。

昨日の朝食以降、
丸一日何も食べていない。

どうしても1人で行動すると、
無計画すぎて死亡率が高くなる。

information centerがあって救われた、
すごく良い人だったから助かった、
hostelに何件か電話してくれて、
今日の宿を予約してもらえた。

シリングも入手した。

これで一安心。

28時間ぶりの食事、

P1040568.jpg

P1040569.jpg

はぁ、パイン、久しぶり。

そして、
ダルエルサラーム、
15:00過ぎからドシャ降り、止んだりの繰り返し。

道路がちゃんと舗装されてないから、
洪水みたいになってて歩きづらい。

information centerで聞いてみたけど、
ダルエスサラームでやることはそんなにない様子。

なので、
これにてタンザニア終了~!

結局、
ケニアへのただの経由地みたいになっちゃって、
もったいない気もしている。

良い所だと話を聞いている
”ザンジバル島”、
明日、日帰りで行こうかとも思ったんだけど、
のんびりする所らしいから、
日帰りじゃな~と。

”マダガスカル”に行くから、
最初から諦めるつもりだったし。

動物がたくさん見れる
”セレンゲッティ国立公園”、
時期的に、ケニアの
”マサイマラ国立公園”
より、動物の数が多いらしいんだけど、
今から明日参加のツアーを探すのはちょっと難しい。

となると、
やっぱりタンザニアにいても仕方ない。

明日 6:00から、
またまたバス移動。

今日は今回の旅初の1人部屋、
double roomしか取れなかったのだ、
YMCA、
25000シリング(\1875)、
誰かもう1人くればシェアできたんだけどね、
誰も訪れなかったみたい、

P1040571-.jpg

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keeponrunningsuper.blog11.fc2.com/tb.php/114-8f69adf3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。