FC2ブログ
いよいよ最後の地、
バングラデシュ首都”ダッカ”へ移動。

11:30まで宿に居座って、
トントニヤ・バスターミナルへ向かう、
徒歩、

P1140875.jpg

昼食のベジ・カリー、
18ルピー。

30分程度でバスターミナルに到着。

チケットを購入したバス会社オフィスでバス待ち。

12:30、
ダッカへ出発!

ダッカ到着、
17:30。

乗車時間5時間。

ウダるような暑さの車内。

シンドカッタ。

でももっとシンドカッタのは、
親に抱かれて一つの席に座っていた少女。

暑さのせいか涙。

死活問題。

さて、
到着したのはオールド・ダッカから遠く離れた”ガブトリ・バスターミナル”。

最後の苦行、
歩き出す。

でもすぐバスの呼び込みを見つけて乗ってしまう。

旅が終わりに近づき、
骨抜き。

グリスタン・バスターミナル行き、
20ルピー。

ガイドの記載通り、
ダッカの渋滞はヒドイ。

10kmもない距離に1時間以上掛かかる。

19:00を過ぎて、
既に街は真っ暗。

ここ、
本当に首都?

それとも停電中?

宿探し。

”ホテル・バイタス・サミール”、
一番安いシングル350タカは満室。

明日には空くと言う。

今日の最安値はシングルのデラックスルームで500タカ。

保留。

近くにあるはずのガイド最安値ホテルへ、
”アルラザック・インターナショナル”。

街が暗すぎて全く見つかる気がしない。

それにガイドに”ゴキブリ多発”って書いてあるし。

探すの中止!

”ホテル・バイタス・サミール”のデラックスルーム泊、
決定、

P1140879.jpg

全然デラックスじゃないけどさ。

窓空かないし、
蚊帳ないし。

でも半開きにしか開かない冷蔵庫付き。

デラックス。

P1140876.jpg

夕飯のタマゴ・カレー、
35タカ、

P1140877.jpg

揚げ物、
各3タカ、

P1140878.jpg

小さいパインの1/4、
10タカ。

ダッカも停電多発。

でもこの宿、
ちょっと高いだけある、
自家発電装置あり、
素晴らしい。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ボグラ、
目的の二つ目は”パハルプール”、
世界遺産。

チャル・マタにあるバスターミナルから、
まずはジョエプルハットという街へ、
2時間程度、
70タカ。

バスを乗り換えるタイミングで昼食、

P1140853.jpg

ベジ・カレー、
美味しい。

パハルプール行きのバスに乗る、
30分程度、
15タカ。

降ろされた地点から15分、

P1140854.jpg

世界遺産、
カンボジアのアンコールワット、
ミャンマーのバガンに影響を与えた建築様式、

P1140855.jpg

P1140857.jpg

なのに、
見応えが、、、ない。

歴史的にはきっと価値が高いのだろう、
きっと。

帰ろっ!

パハルプールからジョエプルハットまでは同じ金額のバスで、
15タカ。

ジョエプルハットからボグラまでは、
席の指定をさせられたせいか、
5タカ上乗せの75ルピー。

シートも座り心地が少しだけ良かった、
気がする。

P1140861.jpg

乗りすぎ。

ボグラ到着後、
明日の移動手段調査。

駅へ。

チケットオフィスに誰もいない、
ずっと、
ずっと。

諦めて、
バス会社へ。

エアコンバスは500タカ、
ノンエアコンバスは350タカ。

タカは有り余ってるけれどもですね、
やっぱりここはノンエアコンバスで行きましょう。

P1140863.jpg

本物のダル、
大きいサイズ(400gぐらい?)にしかないんだって。

店員が甘くないって言ってるから、
買ってみたけど。

確かに昨日のよりは甘くない、
でもこれも十分すぎる程に甘過ぎっ!

溶かしたキャラメル食べてるみたい。

ネパールのダヒとは全くの別物。

ヨーグルトじゃなくて、
甘いお菓子だな、
これは。

味はとっても美味しいんだけどね、
食べ過ぎたら体に悪そう。

水、たくさん飲んで、
胃の中で薄まってくれるように祈るばかりです。

P1140864.jpg

夕飯、
ダヒのせいでお腹が空いてないけど、
昨日と同じベジカレーとチャパティx3枚、
20タカ、

P1140865.jpg

食堂のボスと、
俺に絡んでくる雑魚キャラ(ガキンチョ)達は放っておいて、

P1140866.jpg

ひとり真面目に働き続ける青年。

キミの焼くチャパティは最高!

P1140869.jpg

P1140870.jpg

P1140873.jpg

人で溢れかえる夜のバザール。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
8:00、
パッキングをしながら、
チェックアウトの準備をしていると、
ノックの音。

例の従業員。

従業員「今日チェックアウトするの?」

俺「そう」

終了。

パッキングを再び開始、、、

お前、
何なんだよ!

ドアからずっと覗き続けている従業員。

”バイバイっ!!!”

と言って、
立ち退かせる。

理解不能。

ラジシャヒ駅前のローカルバス乗り場へ。

でもそこからは次の街”ボグラ”行きのバスがなく、
オートリキシャで移動、
5タカ。

ボグラ行きのバス乗り場でチケット購入、
140ルピー。

2時間半で到着、
街の中心から3kmくらい離れてた場所。

徒歩、
毎日暑い。

休養が必要と感じ始める。

迷いながらも、
”アミール・ゲストハウス”へ。

空のシングルルームが400タカ、
高い。

ガイドには250タカとある。

隣のボグラ・ボーディングに行く事を伝えると、
250タカまで値段が下がった。

でもボグラ・ボーディングも見に行ってみる。

シングルが100タカ、
バスルームなしは気にしない、
でも狭すぎの汚すぎ。

今までならここにしたかもしれない。

でもバングラデシュ通過、
降ろし過ぎてしまったし、
もう旅も終盤、
そこまでカツカツにしなくても良いかなという思いもあり、
”アミール~”に決める、

P1140852.jpg

部屋を案内してくれた従業員にチップを要求される。

バングラ、
宿の人間だけちょっとオカシイ。

宿の隣の食堂で昼食、

P1140837.jpg

タマゴカレー、
23タカ、
美味しい。

ボグラの目的のひとつ、
今から行ってしまおう。

P1140838.jpg

街の中心のシャト・マタ、
リキシャ王国。

シャト・マタから3㎞程度離れたチャル・マタ付近で、
モハンスタン行きのバスに乗る、
10タカ、

P1140839.jpg

30分程度、
到着のチャー5タカ。

遺跡の街。

まずは城壁探し。

迷う。

おじさん二人組に案内してもらう。

適当な所でお別れしようと思ったら、
ガイドを希望される。

お断りしたら、
お金を要求される。

お断りして、
2人の前からさっさと立ち去って、
城壁へ向かってたら、、、

つけてきてる、
30mくらい後から。

もう!

まいてから、
再度城壁へ、

P1140843.jpg

P1140842.jpg

城壁の上を散歩。

城壁前にあるコヴィンダ・ビータ寺院跡、

P1140844.jpg

入場はしない、
外から眺めるだけで十分、
100タカも払いたくな~い。

P1140845.jpg

大賑わいの羊バザールを横目に、
遠く離れたゴクール・メッドへ、

P1140847.jpg

入場はしない、
外から眺めるだけで十分、
100タカも払いたくな~い。

全体を通して、
見応えな~い、
そんな感じのモハンスタンでした。

あちぃ。

ゴクール・メッド前のお店で”7up休憩”、
30タカ。

しばし店員とお話し。

雨が降りそう、
ゴロゴロ行ってる。

帰路を急ぐ。

バスターミナルでボグラ行きのバスに乗った途端、
大嵐。

助かった。

いや、
助かってない。

オンボロバス、
所々、
窓閉まらず、
雨が吹き込んでくる。

雨漏りまで。

雨季のバングラデシュの旅、
大変そうだな。

ボグラのチャル・マタに着くころには雨も上がる。

P1140849.jpg

P1140850.jpg

夕飯はベジ・カレーとチャパティのような何かを四枚で、
25タカ、
とても美味しい。

楽しみにしてたダル、

P1140851.jpg

100gくらい?、
40タカ、
濃厚、
そして甘過ぎ~~~、
全然ヨーグルトの要素なし。

これ、
本当にダル?

店員に確認してみたら、
これはダルじゃないって、、、

”何とか”っていうお菓子。

まぁイイ、
美味しかったから、
100gもいらなかったけど。

明日は本物のダルに挑戦。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
7:00、
停電で部屋のファン止まる。

暑い。

入口のドアを開けて、
二度寝してると、、、

8:00、
掃除がしたいと、
掃除人を引き連れて、
昨日の従業員が現れた。

”別に必要ないけど”

とは言わず、
起きて掃除人を部屋に迎え入れる。

と、
掃除をする訳でもないのに、
従業員も一緒に入ってきた。

はぁ、、、もう!

仕事を終えた掃除人が立ち去る。

従業員も一緒に、、、
立ち去らない!

また部屋の中で話し始める。

イラつくなぁ、
コイツ。

昨日伝えた事を理解していない。

だから怒る。

”全員じゃないと思うけど、ツーリストはこういうの嫌いだよ!部屋から出っててくれ!”

疲れた、
朝から。

出かける準備をして、
レセプションをすり抜けようとすると、

ホッタール!!!

デモの事。

バスはすべて運休。

ラジシャヒ唯一の目的”プティヤ”に行けない。

さぁ、
どうする。

念のため、
バスターミナルへ、

P1140805.jpg

朝食、
フィッシュ・カレー、
25タカ、
味は良いけど、
小骨多し、
食べずらい。

バス、
一台も動いている様子ナシ。

あきらめ、、、ない!

歩く、
片道25km。

失敗した、
帽子なし、
サンダルで出てきちゃったし。

まぁ、
なんとかなるさ。

灼熱の今日、

P1140806.jpg

壁の向こうは気持ち良さそな雰囲気だけど、
遊んでる余裕なし、

P1140807.jpg

カタカリという村に住む青年、
取ってきたマンゴーをくれると言っている。

でも拒否、
硬くてまだ食べれそうもないから^^

P1140808.jpg

何やってんだか不明、

P1140810.jpg

チャイで一休み、
5ルピー、
ミキサーと一緒の写真を希望。

全然、
辿り着かない。

腕時計もi pod touchも持ってこなかったから、
一体何時なのかも分からない。

すれ違うバングラデシュ人、
日差しがキツイ事を心配して、
声を掛けてくれる。

中には、
持っている日傘をくれようとする人も。

みんな優しい。

反対車線をバイクですれ違うおじさんに声を掛けられる。

プティヤに行く事を伝えると、
まだ半分しか着てない事を知らされる。

もうすでに死にそうなのに、
まだ12km以上。

そのおじさんが教えてくれた。

次の村までリキシャで5タカ、
その村からプティヤへは10タカで行けると。

合計15円。

そんなもんで行けるのかよ。

おじさんの案に乗っかる。

ご丁寧におじさんが次の街までのリキシャを確保してくれた、

P1140811.jpg

あぁ、
なんて楽チンなんだろう。

3~4km走った所で、
次の村。

リキシャのおじさんが、
プティヤまでのオートリキシャを探してくれた。

そしてなぜか、
リキシャのおじさん、
オートリキシャのドライバーに怒りはじめた。

オートリキシャでプティヤまでは、
地元の人だと5タカ、
でも俺は10タカだとオートリキシャのドライバーが言っているのだと。

始めから10タカ払うつもりだったから良いんだけど、
リキシャのおじさんの好意が、、、

だからそのオートリキシャには乗るのをやめて、、、

結局、
徒歩でまたプティヤに向かい始める。

本気で暑い
死闘。

"7up 200ml"休憩、
15タカ、

P1140814.jpg

もうお約束、
バングラデシュ人に取り囲まれる、
休んでる気がしない、
でも楽しいからそれも良し。

P1140815.jpg

この時点で14:30。

急ぎたい、
でも急げない、
シンドイ、

P1140816.jpg

やっと到着!
寺院が残る小さな村、
シヴァ寺院、

P1140817.jpg

ドルモンチョ、

P1140820.jpg

小シヴァ寺院、

P1140821.jpg

大コヴィンタ寺院、

P1140822.jpg

P1140823.jpg

小コヴィンタ寺院、

P1140824.jpg

アニク寺院、

P1140827.jpg

P1140828.jpg

特徴的な寺院多数、
面白かった、
苦労して訪れた甲斐あり、
満足。

さっさと戻ろう。

徒歩。

帰るだけだから楽なはず、
いつもなら。

でも今日はキツイ、
暑さのせいか。

足が重い、

P1140829.jpg

俺の写真が撮りたいと呼び止められる、

”お家で休んでいきなさい”

嬉しいお誘い、
でも帰らねば。

歩き出すも、
1時間程度で限界、

P1140830.jpg

タバコ休憩中に村のおじさん登場、
英語不可、
でも何となく続く会話。

おじさんの自転車でラジシャヒまで連れて行ってもらうよう懇願、
もちろん却下^^

再び歩き出し際、
おじさんの一言、

”ラジシャヒまで25km”

えっ、
マジで。

プティヤからもう1時間以上歩いてるのに?!

嘘つき!

P1140831.jpg

その先で見つけた看板。

でもおじさんに気分を落とされた分、
この看板を見た時の上がりよう。

ある意味、
おじさん、
ありがとう。

だんだん暮れていく空を見て気づく。

そういえば、
街灯、
全然ないじゃん。

日が落ちたら、
真っ暗闇を歩くことになる、
大丈夫なのか。

通りすがったポリスに聞いてみる、

”デンジャラス”

でも顔が笑ってますけど、
どっちなんだよ。

再び歩き出す。

もし襲われたら、
財布の中身は1万5千くらいだから全部渡そう、
デジカメも渡してしまおう、
でもメモリカードだけは渡さない。

そんな事を考えながら、、、

う~ん、
間違いない。

つけられている、
自転車に乗ったおじさんに。

俺の徒歩と同じ速度で5分以上も並行している。

どういうつもりだろう、
恐い。

と、
話し掛けてきた、
ベンガル語で。

おじさん「自転車の後ろに乗りなさい」

俺「必要ないですから」

おじさん「どこまで行くの?」

俺「ラジシャヒだけど」

おじさん「次の村からオートリキシャでカタカリまで5タカ、カタカリからラジシャヒまで10タカで行けるから」

う~ん、
おじさんの自転車に乗るのは危険?

いや、
このチャンスを逃してはいけない。

そう思った。

おじさんの後ろに乗る。

次の村に到着。

おじさん、
オートリキシャを探してくれる、
カタカリまで5タカの。

そしてバイバイ。

それだけ。

ただの、
とってもとっても良い人だった。

バングラデシュの人達、
鬱陶しいのは変わらない印象、
でもどんどん好きになっていく。

カタカリに到着、
ラジシャヒ行きのオートリキシャもすぐ見つかる、
15タカ。

20:00、
ラジシャヒ駅に到着。

完全脱力、
疲れた。

でもラジシャヒ最後の晩、
もう一度行っておきたい。

20分歩いてトリプティへ夕飯、

P1140833.jpg

ビーフ・カバブ、
色々と面倒をみてくれる親切な店員さんと、

P1140834.jpg

もう一度キチュリ、
美味い。

P1140835.jpg

もう一度行く必要のなる場所が更にある、

P1140836.jpg

生メロンジュース、
ホント美味い。

ホッタールな一日、
終了!

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
5:30、
宿をチェックアウト。

宿のおっちゃん、
もう起きてた。

そして、

「ボクシーシ(チップのようなもの)」

えぇ~、
何にもしてもらってないけど、
こんなボロ宿で。

もちろん払わずに宿を立ち去る。

P1140773.jpg

バングラデシュの電車。

時間通り、
6:30出発。

一番安い各駅停車の普通列車、
席は指定。

インドのように、
二人掛けのシートに無理やり3人座るような事もなく、
ゆったりできて意外に快適、

P1140778.jpg

のどかな風景を楽しみながら、
時間通りラジシャヒ駅に到着、
13:30。

P1140779.jpg

駅構内で軽く昼食、
サモサ一個6タカ、サラダはサービス。

宿探し。

”hotel asia”、
シングルの空き部屋なし。

”hotel dalas international”、
こちらもシングルの空き部屋なし。

やばいか?

少し駅から離れているが、
ガイド最安値”hotel sky”。

シングル、
空いてた、
ホッ。

言い値は200タカ。

ガイドには150~200タカ。

150ルピーの部屋を貸して欲しいとお願いしたら、
1人の従業員は150タカで良いと言っているが、
その他の従業員が許してくれず、
結局200タカ。

他のホテルに空き部屋がなかっただけに、
ここは強気で攻めれず。

P1140804.jpg

でも昨日の200ルピーより断然よい、
広さは二倍、
清潔だし。

ただ、、、
ウザったい従業員あり。

勝手に部屋に入り込んできて、
話し始める。

たぶん悪気は全くないんだろうな。

だから伝えた方が良い。

俺は自分の部屋に従業員を入れるのは好きじゃない、
と。

気持ちを伝えて、
部屋から出て行ってもらう。

すまんね。

街歩き開始。

ポリス多すぎ。

不安。

ポリスに尋ねてみる、

「ここら辺、歩くの危険なんですか?」

そんな事ないと笑顔で答えるポリス達。

安心。

P1140780.jpg

民芸品だけを取る事は許されない国、

P1140781.jpg

ガイドに載ってた地元人気店”トリプティ”にて、
家庭料理のキチュリ、
15タカ、
美味しい。

ガイドの掲載を見て、
店長&店員みんな大喜び。

ただホテルも経営しているのに、
掲載されてない事がちょっと不服そう。

一部屋いくらか聞かなかったけど、
駅からちょっと離れてるから、
ちょっと不便かな。

P1140782.jpg

P1140784.jpg

ボッダ川沿いのラブチェアー、

P1140788.jpg

シャー・モクドゥム廊、

P1140789.jpg

イスラム教の人達が笑顔で写真を撮らせてくれるなんて、
俺にとってとても貴重、

P1140795.jpg

P1140794.jpg

P1140796.jpg

ラジシャヒの中心”ゼロ・ポイント”に塔。

み、みつけたっ!

P1140797.jpg

生メロンジュース、
20ルピー、
極旨、
絶対明日も。

P1140798.jpg

P1140799.jpg

夕飯は屋台、
ナニモノやら、
10ルピー、
美味い、

P1140801.jpg

バナナを買った、

P1140802.jpg

スイカも食べたいけど、
ひと玉は食えん、

P1140803.jpg

揚げ物、
2~3ルピー、
美味い。

バングラデシュ、
楽しみにしてたフルーツ、
インドより高い。

特にグレープ。

インド、1kg=最安値60円(ムンバイ)
バングラ、1kg=160円

何だか残念。

首都ダッカに期待。

蚊帳張って、
さぁ寝よう。

と思ったら、
穴空きすぎっ!

持ってる洗濯ばさみで、
一つ一つ穴を塞いで、、、
合計10個。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村