上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P1140706.jpg

昼食、
屋台のプリー・セット、
13ルピー。

P1140709.jpg

イスラームの不審な行動。

バングラデシュのクルナ行き国際バス探し。

旅行代理店を数件回るも高い、
クルナまで750ルピーだとか、
国境のベナポールまでしかバスがなくて350ルピーだとか。

結局、
バス会社を見つける事ができて、
直接チケット購入。

shohagh paribahanという会社、
220ルピー、
エアコンバス、
ノン・エアコンバスがないから仕方なし。

選択肢がないというのは有り難いものだ。

でもこのバス、
クルナまでは行かず、
国境のベナポールまで。

ベナポールからはローカルバスを自己手配。

ちょっと面倒だけど、
きっとこの方法が安い。

宿に一旦戻ると、
船会社から戻ってきたてつろうちゃん。

体調不良でフラフラ。

昨日キャンセルされてしまったアンダマン諸島への船、
今日は出航されるらしい。

良かったね。

でも64時間船の旅、
その体調で大丈夫か?

食欲ないけど食べねば、

P1140710.jpg

宿近辺の食堂へ、
ベジ・ビルヤーニ、
30ルピー。

美味い、
でもてつろうちゃんは食べきれず。

送りました、

P1140711.jpg

てつろうちゃんなら面白おかしくこの苦境を乗り越えるだろう、、
幸運あれ!

灼熱の散歩、

P1140712.jpg

5ルピー冷え冷えラッシー、

P1140713.jpg

参加できなかったボランティア、
マリアハウスの外観だけでも見学。

トロケル。

宿で休憩。

1Lペットボトルのグァバジュースを一気飲み。

腹壊しませんように。

P1140716.jpg

夕飯のチョーメン、
16ルピー、

P1140717.jpg

フルーツ盛り、
10ルピー、

P1140720.jpg

P1140723.jpg

エッグ・ロール、
13ルピー、

P1140724.jpg

〆はソフト・クリーム、
6ルピー。

幸せでした、
コルカタ。

でもインド、
やっぱりもう離れたい。

最近、
インド人の顔見るだけどイライラしてしまう。

末期。

入国してから3ヶ月半。

一つの国にこんなに長くいるのは初めて。

でも恋しくならないだろうなぁ、
きっと。

なるとすれば、
インドの”食”だけだろうな。

だって、
俺、
インド人、
嫌い^^

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
12:00着予定、
二時間遅れて、
14:00、
コルカタ着。

サダルストリート近辺で降ろしてもらう。

地獄、
蒸し暑い。

ダージリンと気温差ありすぎ。

昨日のお昼からお菓子しか食べてない、

P1140698.jpg

ベジ・カレーライス、
20ルピー。

コルカタはとにかく飯が安い。

観光は前回済ませきってるから、
食だけが楽しみ。

宿探しの前に、
更に以前通ってた所へ、

P1140699.jpg

タマゴ・トースト、
12ルピー、
美味い。

優しい店員のお兄ちゃんも健在、
覚えていてくれて嬉しい。

宿は前回同様”マリア”のドミトリー、
100ルピー。

そして寝てた、
てつろうちゃん。

再会!

寝てるけど^^

散歩して戻ってみたら、
起きてた。

どうやら体調絶不調らしい、
お腹と発熱。

でも食事は取らねば。

一緒にちゃんとしたレストランへ夕飯、

P1140700.jpg

初タンドリーチキン、
インドを去る前の記念、
ちょい高の80ルピー、
でも美味い。

宿に戻ってしばしお話し。

どうやらマリアのドミベッド、
やっぱり南京ムシが発生している模様。

てつろうちゃんも首やら刺されららしい。

でもベッドを移動しただけで、
宿は変えないあんたはスゴイよ。

それ聞いても宿移動しない俺もどうかしてるけど。

自分が南京虫に刺されたら、
さすがに宿、
移動すると思うけどな、
たぶん^^

夕飯、
モノ足りない。

食欲のないてつろうちゃんを残して、
ひとり、

P1140702.jpg

エッグ・ロール、
13ルピー、

P1140703.jpg

ソフト・クリーム、
6ルピー。

5ルピーのラッシー飲んだ後、

P1140704.jpg

フルーツ盛り、
10ルピー。

全部安くて美味い、
幸せ。

P1140705.jpg

歌うてつろうちゃん。

2週間前のコルカタ、
夜は気温が落ちてくれて、
良く眠れたけど、
今日は厳しそう。

てつろうちゃんは”寒い、寒い”言ってるけど。

間違いなく病気中。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

P1140695.jpg

日本人のようなネパール人、
ネパール人風の俺。

仲良くしてた宿スタッフの一人。

住みつきたくなるくらい居心地の良い宿だった。

ただダージリン、
高地のためか水が不足。

洗濯モノの手洗い不可なのだ。

だから三日間、着替えをしていない。

汗かかないから大丈夫なんだけど。

それでも限界はあるからな。

ダージリン、
良い街だった。

インドなんだけど、
インドを感じさせない街。

ここを最後の街にして良かった。

さぁ、
バングラデシュとの国境へ向かおう。

9:00、
宿をチェックアウト、

P1140696.jpg

プリ・サブジで朝食、
15ルピー、
美味い。

9:30、
シィリグリ行きの乗合ジープに乗り込むも、
まだ俺ひとり、
客全く集まる気配なし。

10:00、
他の乗合ジープ探しを決意。

すぐ見つかる。

そしてすぐ出発、
料金は情報センターで得た情報通り120ルピー。

客を拾っては乗せる作業を繰り返しながら、
トロトロと先に進み、
13:00、
シィリグリ―・バスターミナルに到着。

P1140697.jpg

昼食、
ベジ・タリ―、
30ルピー。

バスターミナルのエンクワイアリーへ。

「国境”チェンドラバンダ”行き、サービス停止中」

えぇぇぇ!

じゃあ、
どうすりゃいいのさ。

インド人若者夫婦が助けてくれる。

チェンドラバンダより15km手前のマイナグリへ、
そしてチェンドラバンダへ行けるらしい。

ホッ。

三人で話しながら、
マイナグリ行きのバス発車を待ってると、
旦那さんが焦り始める。

どうしたんだ?!

ターミナルのアナウンスで、
チェンドラバンダ直行便が到着したらしいのだ。

どうなってんだよ、
一体。

結局、
チェンドラバンダ行きバスに乗る事ができた。

ガバメントバスはないけど、
プライベートバスは運航している?

良く分からん。

14:30、
バス出発、
料金40ルピー。

バス内には足の踏み場もない程の荷物と溢れんばかりの乗客。

ミャンマーのバスを思い出す。

車内の暑さと身動き取れない状態に苦しみながらの2時間半。

17:00、
チェンドラバンダ到着。

溢れんばかりの乗客、
でも降りるのは俺ひとり。

誰もバングラデシュに行かないのね、
心細い。

降ろされた地点から国境までの距離が分からん。

リキシャが次々に声を掛けてくるも、
とりあえずお断り。

でも時々リキシャが腕時計を指すようなボディーランゲージ。

もしや国境が閉まるんじゃなかろうか。

距離も分からぬまま、
走る、
走る、
走る。

いつか諦めるだろうと予測中のリキシャが二台、
俺に付いてくる。

折角だから道案内をお願いする。

全身汗だく状態で、
17:40、
インド側イミグレーションに到着。

まだ開いてた、
これでとりあえずバングラデシュには行けるぞ。

ホッ。

係官にパスポートを預ける。

しばらく待つ。

係官「申し訳ないけど、この国境からバングラデシュに入国できないよ」

えっ?!なんで、なんで?!

自分のパスポートを見せてもらうと

入国ポイントが”by ari/benapole”

チェンドラバンダなんて書いてない。

俺は”飛行機”もしくは”コルカタ付近のbenapole国境”からの入国が許可されてるのみ?

そ、そんなバカな。

コルカタでビザを取得した時も、
その後も何回か確認したつもりだったのに、、、

どうしよう。

粘ってみる。

申請書に”チェンドラバンダ”と記載したのは間違いない。

パスポートの捺印が間違っているだけ。

コルカタのバングラデシュ大使館に電話で確認してもらうようにしつこく依頼するも、
不可。

なぜなら、
パスポートに記載されている事がすべてで、
国境においては申請書は関係ないから。

それに、
もしインド側で出国を許可しても、
必ずバングラ側で入国を拒否される、
と。

何よりもキツカッタのは、
イミグレの係官、
信用に値する紳士な雰囲気。

何度も何度も、

「何もしてあげられない、残念だけど」

と繰り返す。

この人の言っている事はきっと正しいのだろう。

そして無情にもイミグレ、
18:00にクローズするための準備開始。

しばし放心は続く。

どうして良いのか分からない。

イミグレの担当者たちが教えてくれる。

今からコルカタへ戻るなら、

チェンドラバンダ→マイナグリ→シィリグリ→コルカタ

マイナグリ行きの最終バスがもうすぐ出てしまうらしい。

放心してる暇はナシ。

急げ、
バス停へ。

バス停に向かう途中、
イミグレを閉めた係官が横を通り過ぎる。

「本当に残念だ、何もしてあげられなくて申し訳ない」

とっても良い人。

シコリを全く残さず、
笑顔で、

「もう諦めましたよ、本当に有り難うございました!」

と言えた。

バス停はイミグレから1km程度の所。

18:00、
マイナグリ行きのバスに乗る、
10ルピー。

19:00、
マイナグリ到着。

乗客が全員降りた後、
バスの上に載せていた俺のバックパックの返却をバス助手に依頼。

「俺の荷物を返してもらえますか?ラゲージ、ラゲージ」

えっ、英語が通じない、、、

そして、、、
そのままバスが発車?!

誰か助けて~

走り出すバスに飛び乗り、
運転手に

「ストップ!!!」

バスを止めさせて、
バスの天井の力を込めて指さす。

やっと通じた。

バックパックが行方不明になる所だった。

なんなんだ、
今日は。

酔っ払いのおばさんに絡まれながら、
シィリグリ行きのバスを待つこと30分。

19:30、
シィリグリ行きのバス発車、
35ルピー。

21:30、
シィリグリ・バスターミナル到着。

到着してすぐ、
コルカタ行きバスの勧誘。

出発は21:30。

料金、
350ルピー。

予測よりも安いし、
他の会社と比べてる時間なし。

決める。

これで明日にはコルカタへ辿り着ける。

国境の勘違い、
この二年間で最大のミスのような気もする。

でも金額にしたら1000円程度のムダ、
日数にしたら1~2日なんだよな。

大したことじゃない。

でも、
ものすご~~~く疲れた。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
リベンジ、
タイガー・ヒル。

3:30起床。

危険と言われようが徒歩、
ヘッドライトと共に。

トイ・トレインの線路沿い、
ひたすらの登り道。

思いの外、
人・車通りあり。

野犬に追いかけられることもなく、
危険は全く感じなかった。

4:30を過ぎた頃から、
タイガー・ヒル行きのツアージープ群が、
俺をどんどん追い越していく。

排気ガスと砂煙、
悔しい。

記録更新。

昨日より20分早い5:10、

P1140650.jpg

日の出、
無事に拝めた。

でも、

P1140654.jpg

P1140660.jpg

あまり赤く染まらない、
ちょっと雪山にがっかり。

ジープでさっさと下山させられていくツアーの人達。

徒歩で来た特権。

周辺をブラつく。

P1140667.jpg

そして気がつく。

さっき日の出を拝んだ場所、
頂上じゃなかった。

更に登り坂を15分、

P1140669.jpg

本物の頂上には展望台アリ。

ツアー客が全員帰ってしまったせいか、
展望台は閉まってたけど、

P1140670.jpg

ちょっと雪山が大きく見える程度、
そんなに変わり映えなし。

たっぷり堪能、
下りましょう、

P1140672.jpg

ハヌマーンがここはインドだと思い出させてくれる、

P1140673.jpg

晴れの日、
森林浴しながら、

P1140674.jpg

P1140677.jpg

グーム駅の朝の風景は活気に満ち溢れている。

9:30、
ダージリン駅到着、
疲れた、
眠い、

P1140678.jpg

いつもの駅前食堂で朝食、
プリー&サブジーのセット、
20ルピー、
極旨。

ダージリン駅から宿へはキツイ上り、
膝が笑っている。

宿に着いたら即ベッド。

就寝。

1時間足らずで起床、
何となく。

懲りずに、
”プレスティージ”のシングル空き部屋チェック。

今日もなし。

昼食、

P1140679.jpg

ベジ・ミールズ、
40ルピー、
なんだか今日のは辛すぎ、

P1140680.jpg

お口直しの甘いお菓子、
1つ2ルピー。

そのまま散歩、

P1140681.jpg

P1140682.jpg

P1140688.jpg

ロイド植物公園とか、

P1140691.jpg

見知らぬ教会とか。

ダージリン、
どこ歩いても坂。

膝が爆笑し始める。

宿へ一旦避難。

再び外出、
wifi使用可能なネットカフェへ。

ネットにお金を掛けない主義。

でも明日バングラデシュに移動してしまう。

きっとネット事情はよくないだろうと予想。

バングラデシュのダッカからどこかへ飛ぶための航空券を、
バングラ入国前に購入しておきたい。

ただ何処へ飛ぼうか未だ決められずにいる。

決断の時。

予定通りトルコに飛んでイラン→中央アジア、、、

どうしよう。

中央アジアはビザに時間が掛かりそうな国が多い。

時間が足りない。

そうなると、
イランだけのために高い航空券を買う?

予算、
既に使い切ってるのに?

だから、
悩んだ末、
諦める。

残りの期間は、
東南アジアのどこかでゆっくりする事にする。

じゃあ、
何処?

スカイ・スキャナーで一番安く飛べる国を調べてみると、

”バンコク”

決定。

単純。

燃料チャージ、tax、すべて込みで252.20US$。

どこかの島にでも行って、
ダイビングでもしようかな。

久しぶりのタイ料理、
楽しみだな。

ネット・カフェ、
2時間使用で60ルピー。

ネット・カフェのおじさん、おばさん、
すごく良い人だったな。

夕飯も駅前食堂、

P1140693.jpg

ベジ・ライス、
毎日野菜が変わってるんだね、
オクラ入ってた、
美味すぎ、
35ルピー、

P1140694.jpg

ベジ・モモ、
20ルピー。

この食堂のご家族もホント温かい、
別れがたい。

でも明日、
出発する事にする。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
9:00。

起きて外へ出てみると、
初の快晴!

もしや、、、

急ぎ足で見晴らし台へ、

P1140624.jpg

遂に見えたぞ雪山たちよ、
カンチェンジュンガ(8586m)もね。

これを見ずに立ち去る心の準備をし始めてたので、
非常に嬉しい。

屋台で朝食、

P1140631.jpg

てつろうちゃんお奨め、
今までちょい高(俺には)で手を出さなかった品、
エッグ・ロール、
激ウマイ、
20ルピー。

今の宿から移ろうと企んでる宿
”プレスティージ”
へ空きシングル部屋の確認に行ってみる。

今日も空きシングル部屋なし。

トイ・トレインに乗るために確認に来れなかった昨日は、
空き部屋あったんだって、
残念。

今泊まっている”タワー・ビュー”も良い宿、
スタッフがフレンドリーでとても親切。

ただインドを離れる前に、
wifiをたくさん使いたいだけ。

”タワー・ビュー”にはwifiはない、
”プレスティージ”はwifiフリー。

一旦、
宿に戻って外出準備。

一日中、
晴れる事を期待して、
タイガー・ヒルに歩いて行ってみる。

その前に昼食、

P1140632.jpg

昨日と同じveg・meals、
40ルピー、
美味い。

ダージリンからタイガー・ヒルへはただひたすらに登り。

晴れると夏のように暑いダージリン。

フリースは宿に置いて、
ジャージだけを羽織って出かけたのがアダになる。

どんどん曇っていく空。

どんどん落ちていく気温。

凍り始める手。

そして予想よりも早い2時間後の14:00、
タイガー・ヒル頂上に到着。

途中から気づいてた、

P1140638.jpg

真っ白、

P1140635.jpg

薄っすら何か見えるけど。

しばらく待ちたかった、
でも凍死する。

30分待機して、
諦める。

駆け降りるように坂道を下り、

P1140641.jpg

やっと辿り着いた太陽の光、
手が溶けてゆく、

P1140643.jpg

熱~いチャイとサモサ、
各5ルピー、
最高!

ダージリンに戻ってみても、
もう空には雲がかかっていて、
雪山を望むことは出来なかった。

夕飯、

P1140644.jpg

チョウメン40ルピー、

P1140645.jpg

ベジ・モモ20ルピー。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。