FC2ブログ
いつもと逆パターン。

トイレに行きたい衝動は治まったのに、
時々襲ってくる腹痛。

でも行かねば。

10:15、

P1140553.jpg

トイ・トレイ~~~ン!

P1140557.jpg

ダージリン駅から次のグーム駅までたった一駅、
でもこのくらいで十分。

ポッポーっと走ること30分程度だったけど、
とても楽しかった。

グーム駅からダージリン駅へは徒歩で戻ってみる、
ひたすら下りだけだから楽、

P1140563.jpg

イガ・チョリン・ゴンパ、

P1140571.jpg

ダージリンの街、

P1140573.jpg

通り過ぎていく世界遺産、

P1140577.jpg

P1140584.jpg

P1140586.jpg

トイ・トレイン、
大満足!

P1140588.jpg

昼食にベジ・ライス(35ルピー)とベジ・モモを食う。

腹シクシク。

宿に戻って休憩。

回復したかな。

散歩、

P1140590.jpg

P1140591.jpg

P1140594.jpg

P1140597.jpg

街の中心の広場”チョーラスター”、

P1140604.jpg

標高2134m、
眺め最高、
天気が良いと気持ちイイ。

ダージリン、
乾季のはずなのに、
ここ1~2週間、
ずっと天気が悪いらしい。

だから本来なら見えるはずのヒマーラヤの雪山たち、
未だ見れず。

P1140608.jpg

P1140611.jpg

P1140606.jpg

P1140616.jpg

夕飯、

P1140621.jpg

ちょっぴりご無沙汰のmeals、
やっぱり美味いな、
大好き、
40ルピー。

お腹イッパイなのに、

P1140622.jpg

サモサと甘いお菓子。

インド料理は好きなんだけどなぁ。

宿へ戻る。

ダージリンでやり残したことはあと一つ。

タイガー・ヒルでサンライズを見る事。

ダージリンからは10㎞程度の距離。

徒歩で行く事を相談したら、
宿の人に止められた。

ツアー料金はたったの100ルピー程度だし、
夜中にひとりで街を歩くのは危険だ、
と。

迷う。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
腹壊した。

ヒドイ腹痛、
水のような便。

11:00まで横になる。

少し痛みが弱まった所で、
今日コルカタへ出発するてつろうちゃんと飯。

お互いに節約型の旅。

でも贅沢しちゃおう!

てつろうちゃんは一回行ったことがあるという、
ガイドブックに掲載されてるピザ屋さんへ、
”ホット・ピザ・プレイス”。

残念、
満席。

同じく既にてつろうちゃんは言ったことがあるという、
ガイドに掲載されているお店”クンガ”へ、

P1140545.jpg

ベジ・フライドライス、
74ルピー、
確かに美味しかったけど、
トビッキリって程じゃなかったかな。

続いて、
てつろうちゃんのお土産探しに付き合いながら、

P1140547.jpg

こんなキレイなお店の入店は久しぶりです、

P1140546.jpg

お紅茶を頂きました、
一番茶、
美味いっ、
35ルピー。

P1140548.jpg

てつろうちゃん、
雨フリのなか出発。

葉っぱ吸ったり、
超ロンゲだったり、
一見、
俺が苦手とする日本人長期旅行者風。

でも物腰やらかくて、人に気を使えるとっても優しいヤツ。

寂しくなるな。

またどこかで。

はぁ、
やっぱりお腹痛い。

寝る→トイレ→寝る→トイレ

幾度か繰り返し、

P1140549.jpg

P1140550.jpg

夕飯のベジ・ライス(35ルピー)とトゥクパ(20ルピー)。

食欲だけはあるから、
死にはしないだろう。

でも時々襲ってくる腹痛が強烈。

気休めに正露丸服用す。

バケツシャワーは今日はパス。

さっさと寝る。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
街をブラつく。

P1140477.jpg

時計台、

P1140482.jpg

ホント、
雰囲気はまるでネパールやチベット、

P1140484.jpg

P1140486.jpg

P1140498.jpg

P1140501.jpg

ダージリンに来た目的のひとつ、
世界遺産に登録されているトイ・トレイン。

明日のチケットは完売、
明後日のチケット購入、
二等席で21ルピー。

P1140503.jpg

昨日夕飯を食べたお店で朝食、
ベジ・モモ、
20ルピー、
やっぱり味はまぁまぁ^^。

バザールをうろつき、
見つけた食堂で、

P1140505.jpg

トゥクパとモモ、
各20ルピー、
ここも味はまぁまぁ。

P1140506.jpg

でもこの笑顔、
最高!

俺が英語で質問したら大笑い、
てっきり”ネパール・ボーイ”だと思ったらしい。

宿の兄ちゃんにも言われたが、
俺は完全なネパール人の顔らしい。

ダージリンに来たら行かねばならん。

P1140513.jpg

P1140516.jpg

P1140523.jpg

P1140527.jpg

P1140531.jpg

P1140533.jpg

ハッピー・バレー紅茶園。

俺が日本人だと分かると、
カメラを向ける度にお金を請求する素振りを見せる茶摘みおばちゃん達、
ちょっと残念、

P1140532.jpg

紅茶ファクトリー、
待ち構えてるガイドが同伴じゃないと入れない、
という事で却下、

P1140535.jpg

小腹、
チョーメン20ルピー、
美味い、

P1140537.jpg

ブティア・ブスティ・ゴンパ、
閉じてた扉を僧侶にお願いして開けてもらったけど、
倉庫か?と思ってしまう程に見応えなし、
急な坂道を苦労して上り下りしたのにな、

P1140541.jpg

昼食を取った食堂へ再び、
トゥクパと肉まん、
各20ルピー、
味はまぁまぁ。

でもお店の雰囲気は変わらずイイ感じ。

また来よう。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
チケットチェックの駅員さん、
空のベッドをなんとか見つけてくれた。

シェアしてたインド人、
そっちへ移動。

はぁ、
これで眠れる。

シェアしてたインド人、
最初、
怪しんだりもしたけれど、
とってもイイ人だったな。

就寝。

でも停車駅ごとに乗り込んでくる乗客が、
横になっている俺のベッドの空いた部分に座ろうと試みてくる。

その度に、
起きて→文句言って→退いてもらう

シンドカッタ、
精神的に。

もう窓際の最下段は絶対に嫌。

1時間遅れの13:30、
ニュー・ジャルパイグリ駅到着。

まだダージリンには辿り着かないのだ。

ダージリン行きの乗合ジープ探し。

二台当たって、
共に200ルピー。

そのうちの一台に決めて乗り込む、
14:00。

途中、
ジープが壊れて、
代わりのジープに乗り換えたりしながら、
どんどんと山を登っていく。

次第に景色は茶畑、
紅茶飲みたくなる。

次第に天気は下降、
雨に降られながら、
更に山を登って行く。

暑かったはずの気温が、
真冬のごとき寒さに。

ダージリンの滞在が不安になってくる。

17:00、
トイ・トレイン用のダージリン駅に到着。

避暑地に来たはずなのに、
逃げたくなるほどの寒さ、
ガッカリ。

何も食べてないから、
お腹空いた。

でも暗くなる前に、
宿を決めてしまわねば。

坂道の街、
キツイ。

急な階段の中ほどにある”プレスティージ”、
日本人の奥さんがいるというホテル。

シングル220ルピーが空いておらず、
ダブル350ルピーのみ。

wifiフリー、バスルーム付のホットシャワー。

高い、
でも決めてしまいたい。

そんな思いを抑え込んで、
更に坂を上って上って上った所、
次の候補”タワー・ヴュー”。

ドミトリーに空きベッドあり、

P1140544.jpg

導かれてるんだなぁ、
安い所へ。

ここに決める。

ルームメイトに日本人がいた、
てつろうちゃん。

嬉しい。

やっと飯、

P1140475.jpg

久しぶりのネパール料理、
トゥクパとモモ、
共に20ルピー、
体が温まる、
味はまぁまぁだったけど。

ダージリン、
すれ違う人達の顔はネパリーやチベタンばかり。

街の雰囲気も今までのインドの街とは大違い。

まるでネパールにいるみたいな気分。

なんだかホッできる居心地の良い街。

宿に戻ってシャワー。

とは言っても、
バケツにお湯を汲んでくれて、
手桶で体に掛ける仕組み。

寒いこの土地ではちょっとツライ。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
長~い移動の始まり、
ダージリンへ。

10:00に宿をチェックアウト。

P1140461.jpg

朝食、
各5ルピー。

まずはガヤー駅へ行くため、
バスを探す。

探していると、
例によって、

「ガヤー駅行きのバスはない」

と言ってくる”嘘つきインド人”多数。

無視。

探し続けるも、
見つからない。

昨日、見たから、
バスがあるのは確実なんだけどなぁ。

昨日買いものした信頼できるお店の店員に聞きに行く。

スト?!

ストライキで道路が閉じられていて、
今日はガヤー行きのバスが運行してないんだと。

くそっ、
”嘘つきインド人”じゃなかったのか、
紛らわしい。

乗合オートリキシャしか手段なし。

交渉するも、
ムダ。

足元みやがって、
300ルピー、400ルピー、果ては1000ルピー。

吹っかけてきやがる。

距離にして16㎞、
決心を固める、
徒歩。

歩き出して数キロ、
道を尋ねたインド人に引き止められる、
徒歩では無理だと。

そして教わる、

「ガヤー駅までなら乗合オートリキシャで20ルピーが相場。」

乗合オートリキシャを探してくれた。

でも残念ながら、
ストの関係?でガヤー駅行きのオートリキシャは見つからず、
シガリヤ・モールという場所まで。

そのシガリヤ・モールとやらからなら、
歩いて3㎞程度らしい。

料金、
たったの10ルピー、
ありがとう!

でも、、、

シガリヤ・モールからガヤー駅まで、
絶対に3㎞じゃない、
5~6㎞はあった、
スーパー汗だく。

まぁ16㎞歩くことを考えたら、
全然マシだけどさ。

結局、
宿チェックアウトから4時間後、
14:00にガヤー駅に到着。

駅前で昼食、

P1140462.jpg

ベジタリ―、
40ルピー、
美味い。

15:00発パトナー行きの切符を買う。

恐怖のセカンダリー・シート(自由席)、
だから安さ爆発の15ルピー。

早目だったせいか、
無事、
席確保。

でも三人掛けの木製の長いすに4人、
ギュウギュウ。

身動きとれず、
ケツ痛し。

苦痛の三時間を乗り越えて、
隣に座った嫌味なインド人を蹴散らして、
18:00、
パトナー駅到着。

ダージリン行き列車は22:45発。

パトナーの街をバックパック担いで、
フラフラ。

駅前バザールで夕飯、

P1140463.jpg

極うまベジ・タリ―、
20ルピー、

P1140466.jpg


意外と大きな街で賑やか、

P1140470.jpg

P1140471.jpg

P1140472.jpg

でもなんだか治安が悪そうに感じた。

酔っ払い多数、
ポリス多数、
お縄頂戴されてる人1人。

俺が持っているチケットは”RAC”といって、
席は確保されているけど、
シートナンバーが確定されていない状態。

駅に戻って、
”may i help you?”と看板が掲げられている場所へ。

シートナンバーを与えられる。

後は列車に乗り込めば、
今日の仕事は終了。

プラットフォームNO2の予定が、
直前、
NO3に変更になるハプニングは、
他のインド人に教えてもらって無事回避。

22:45、
列車に乗り込み、
見つけた自分のシートは
窓際の二段ベッドの最下段。

なぜ???

既に三人のインド人が俺の席に座っているぞ。

理由を尋ねると、

”次の駅で降りるから、ここ座らせてくれ”

俺「嫌だ!俺はすぐ横になって眠りたい!」

いう事を聞いてくれず、退かない三人組。

仕方ない、
武力行使。

退いてもらう。

すると、
また別の三人組が俺の席に座ろうとする。

理由は同じ、

”次の駅で降りるから”

俺「俺はすぐ眠りたいの。それにツーリストだから気をつけなければならない事がたくさんある。座りたいならインド人に頼んでくれ!」

退いてもらう。

横になって、
眠る体制を取っていると、、、

またインド人が現れる。

でも今度はちょっと違う。

俺と同じシートナンバーのチケットを持つインド人。

どうなってんだよ、
もう。

意味分からないけど、
インドの列車では良くある話らしい。

仕方ない、
ベッドを半分ずつ使用。

なんだよ、
これ。

体育座り、
ずっと外を眺める。

眠れないな、
今夜は。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村