上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バリ島でやりたい事が一つ残っている。

ウルワトゥ寺院でケチャダンスを観る事。

HISへ行ってみる、
スタッフは現地の人だけど、
日本語で質問が可能だった。

ウルワトゥ寺院へのバス、
今日は客が集まらず、
便がないらしい。

車で一時間以上掛かる場所、
アップダウンが激しい道だから、
自転車では難しい。

一番安く済む方法は、、、

またバイクをレンタルする事にした。

一日60000ルピアが相場との事。

さっそく、
モーターバイク・レンタル交渉。

60000ルピア→40000ルピアにディスカウント、
すでに12:00過ぎてるのでね、
一日じゃありませんから。

P1040650.jpg

昼食はナシチャンプル、
15000ルピア。

P1040652.jpg

P1040651.jpg

クタ・ピーチ近辺にはウミガメが産卵に訪れるらしい。

ウルワトゥ寺院へ向かうにはまだ早い。

クタ周辺の街をドライブ。

レギャン→スミニャック→クロボカシと、
どんどん街を北上してみたけど、
どの街も雑貨屋、サーフショップ、洒落たカフェ、
あまり変わり映えしなかった、

そんな気がするだけです、
バイクで走り回ってただけなので、、、^^

さぁ、
ウルワトゥ寺院へ向かって、
今度はひたすら南下、

P1040655.jpg

働くことども達、
ガソリンを1Lビン詰にしてを売っている、
カワイイ、

P1040657.jpg

ジンバランという街、
人も少なく落ち着いてて良さそう。

快適にドライブを続けて、
1時間、
15:00にウルワトゥ寺院に到着してしまったけど、
ケチャダンスは18:00~。

ウルワトゥ寺院周辺を引き続きドライブ、

P1040659.jpg

このビーチは砂浜が真っ白でキレイ、
太ももがヤケド(アメッドの洗礼)してるから、
ビーチどころじゃないけど。

16:00、
ウルワトゥ寺院へ。

バイク駐車料金1000ルピア。

寺院拝観料3000ルピア、
無償でサロン(腰巻)を貸してもらえる。

P1040660.jpg

イタズラ猿がたくさん、

P1040669.jpg

サングラスとか。

俺も提げているカバンをカジられた上、
持って行かれそうになって、
蹴っ飛ばして応戦。

P1040661.jpg

P1040666.jpg

P1040675.jpg

崖の上の寺院からは絶景なり~!

17:00から寺院内で販売開始のチケットを入手、
70000ルピア。

18:00開始を待つばかり、

P1040680.jpg

満員御礼、
日本人も盛りだくさん、
バリ島イチオシの観光スポットだから、
必ずツアーに組み込まれているみたい、


[広告 ] VPS


バリ芸能だけれど、
ガムラン演奏ではなく、
ひたすら

”チャッチャッチャッチャッ”

踊りは、
”ラーマヤナ物語”で構成されている。

P1040689.jpg

P1040691.jpg

P1040700.jpg

P1040707.jpg

P1040708.jpg

P1040717.jpg

P1040720.jpg

P1040725.jpg

P1040727.jpg

P1040732.jpg

緊迫感というか、
気持ちの高揚感はゼロ。

完全に観光客向けの芸能、
ちょっと残念だったけど、
沈む夕日を観ながらなんて、
最高のロケーション!!!

来てよかった。

P1040736.jpg

ケチャダンス終了後の挨拶は、
バリ語(たぶん)、
英語、
そして日本語。

日本人に対する挨拶にとても時間を割いてくれていた。

「こんばんはぁ、あげぽよ~」

と何度も繰り返して、
日本人を笑わせていたけど、
俺はポカァ~ン。

日本で今流行っているのかな。

オッハーみたいな事?

帰りのバイク、
超寒かった、
上着持ってけば良かった。

P1040741.jpg

sotoナシ、
昨日と同じ、
すごく美味しかったから、
11000ルピア。

これで、
インドネシア終了。

入国時、
イミグレで賄賂要求されて、
インドネシアごと疑ってかかったけど、
結果、
色んな出会いがあり、
とても楽しめたと思う。

明日はシンガポールへ移動。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
ウブド、
結局、
一週間もいたんだなぁ。

居心地の良い街だった。

有名な観光地だから、
人はたくさん集まってくるけれど、
どこか落ち着いた雰囲気がある。

選んだ宿"SITI home stay"もとても良かった。

宿のスタッフは穏やかで優しくて、
ゆっくりとした空気が流れている。

値段が安いのにwifiあるし、
蚊取り線香もくれるし^^。

最後の街、
国際空港の近く、
バリ島で一番賑やかな観光地、
クタへ移動。

ピックアップ場所として指定された、
ARMA Resortという大きなホテルの前で、
バスを待つ、
8:50。

ピックアップは遅くなる場合がある、
と聞いてたけど、
既に10:00をまわっている。

さすがにオカシイ。

ARMA Resortのスタッフに相談してみる。

こちらから頼む前に、
快く、
バス会社に電話してくれた、
さすが高いホテルは違うね。

バス会社のおばちゃん、

”9:00にバスが迎えに行ったけど、
俺がいなかった”

とホザいている。

12:30のバスに変更。

今度は間違いがないよう、
ARMA Resortじゃなく、
もともと泊まっているSITI home stayにピックアップ場所を変更してもらう。

イイ加減だなぁ、
もう。

時間が開いてしまったので、
ご飯、

P1040599.jpg

ナシチャンプル―、
10000ルピア。

12:50、
バスが来ない。

SITI home stayのおじいちゃんがバス会社に電話してくれた。

他の客を拾うために巡回中。

長時間待つのは構わないから、
ちゃんと来てください!

13:30、
バス、
というかワゴン車がやってきた。

シャトルバスのつもりだったけど、
乗り合わせワゴン、
エアコンなし。

通常より値段が安かったのはこのせいか、
仕方ない。

バスはサヌールを経由して、
3:00にクタに到着。

宿探し。

”歩き方”最安値の宿”ゼットイン”はツブレてた。

安宿が集まるガンポピーズⅡ通りへ。

なかなか安い宿が見つけられない中、
60000ルピアの宿を発見。

部屋も悪くない。

でもスタッフがあまりにも態度悪し、

何か怒ってるんですか?

と尋ねたくなるほど。

なので保留にして、
もう少し探してみる事に、
すでに探し始めてから一時間。

近くで80000ルピアの宿を発見、
ここもスタッフの感じが悪い。

泥棒宿があるような地区だから、
我慢するしかないのか。

60000ルピアの宿に決める事にして、
戻ってみたら、、、

もう他の客が来たから空きがない、
と。

たぶん嘘。

すぐに俺が決めなかったのが、
気に食わなかったんだろう、
そんな素振り。

我慢して泊まろうと思ったけど、
我慢せずにすむ。

80000ルピアの宿"Cempaka 2"へ。

ここも感じ良くないけど、
たった2晩だけだからな。

P1040600.jpg

wifiなし、水シャワー。

クタビーチ、

P1040601.jpg

P1040603.jpg

P1040604.jpg

昼ごろ到着する予定だったのに、
日が沈んでゆく~、

P1040607.jpg

サーファーたくさん、

P1040608.jpg

ビーチは人混み。

ガタイの良いヨーロピアン男子に、
マッサージ屋さんの女子達が、

「ナイス・バディ~~~!」

と声を掛けたり、
ポール・スミスが四件もあったり。

街は完全にチャラけています!

P1040613.jpg

P1040617.jpg

だけど、
久しぶりのこの雰囲気、
なんか楽しい!

P1040621.jpg

クラブやら洒落たレストランが軒を連ねる中、
路地裏をフラフラ、

P1040619.jpg

P1040622.jpg

P1040624.jpg

安食堂が俺を呼んでいる、

P1040618.jpg

soto ナシ、
11000ルピア。

計算ミスして、
ルピアを降ろし過ぎてしまったから、
贅沢しても良いんだけどね。

そう贅沢をしても良いのだ、

P1040626.jpg

マックのアイス、
5000ルピア、
久しぶりのアイスは格別だな、
幸せ。

夜の街を歩く、

P1040628.jpg

P1040631.jpg

P1040644.jpg

P1040645.jpg

クタでは人が口から火を吐いたりするんだな、
楽しいぞ!

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
アメッド日帰り決行!

泊まっている宿で、
モーターバイクを一日借りる。

50000ルピア→40000(360円強)ルピアにディスカウント。

宿で借りたから、
借りはじめの時間が調整可能で便利。

ウブドからアメッドまで、
片道3~4hくらい掛かるらしいのだ。

6:00起床、

宿のおばぁちゃんがバリのお菓子をくれた、

P1040574.jpg

朝食代わり。

6:30、
小雨が止んだところで出発。

天気が怪しい。

バイク、
寒い。

長ズボンにジャージ。

ガソリンが少ないから、
まずはガソリンスタンドへ。

宿のおじいちゃんから、
ガソリンタンクが小さいから、
行きに10000ルピア分だけガソリンを入れて、
帰りにアメッドで更に10000ルピア分だけ入れるよう、
それで十分行って帰ってこれると聞いている。

ガソリンを満タンにしてもらって、、
ガソリンスタンドで10000ルピア支払おうとしたら、

スタッフ「満タンだから250000ルピア」

えっ、
タンクって満タンにしても、
10000ルピア分しか入らないじゃないの?

ニヤニヤ嫌な感じの二人組のスタッフ。

俺「タンク、10000ルピアって聞いてるけど、、、」

機械の価格は25000ルピアって表示されている。

もしかしたらこの25000ルピア分で行って帰ってこれるのかも?

う~ん、
自信がないから、
強気に出れない。

仕方なく25000ルピア支払う。

なんかモヤッとする。

晴れてきた朝焼けの空を眺めながら、
先へ進む。

リオンもリオンのおじさんも、
宿のおじぃちゃんもinformation centerのおじさんも、
みんなアメッドへは標識があるから、
簡単に行けると言ってたけど、、、

標識、
全然みあたらない!

標識はある、
他の行き先はね。

でもアメッドの標識が出始めたのは、
走り出してから2h後あたりから。

だからそれまでは、
停車しては人に聞き、
の繰り返し。

慣れないバイクの運転と標識探し、
ものスゴイ勢いで追い越していくバイク群、
大変だった。

P1040580.jpg

P1040582.jpg

P1040583.jpg

それでも聞いていた通り、
景色はとてもキレイだった。

3h掛けて、
アメッド到着。

お尻が若干イタイ。

到着すると、
すぐに現地の人に声を掛けられる、
日本語で。

日本人旅行者対策、
完璧ですね、
みなさん。

ツーリスト会社の人だった。

シュノーケリングの貸出をしているそう。

レンタル料金は一日で40000ルピア。

でも俺が使うのはせいぜい2~3時間。

交渉の末、
半額の20000ルピア。

お腹が空いた。

真向いのレストランへ入る。

メニューを見ると15000ルピア~。

ちょっと高い。

交渉してみる、
ナシゴレンが15000→10000ルピアに。

みなさん良心的。

P1040585.jpg

とても美味しいナシゴレン、
卵のってたし。

さぁ、
目的の沈没した日本船を探そう!

バイクを走らせる事1時間、
遠かった、
というか迷ったせい^^

適当な場所にバイクを駐車、
海へ。

P1040586.jpg

砂浜じゃないんだね、
石ころゴロゴロ。

ちょうどツアーのボートが来てて、
ツアー客が沈没船見るために、
シュノーケリングしてたから、
その人達に場所を聞いて、
俺もシュノーケリング開始。

おかげで簡単にみつける事ができた。

沈没船、
手の届く距離にあって、
結構な迫力。

サンゴも魚の群れもとてもキレイ、
来てよかった。

ただねぇ、、、
30分も潜らない内に、
気持ち悪くなってしまった。

波酔いかなぁ。

乗り物酔いとか一切しないんだけどね。

シュノーケリングだけ、
たまに気持ち悪くなってしまうんだよな。

3時間しか寝てないから、
寝不足のせいかもしれない。

とにかく吐きそうな予感、
陸へ上がって一休み。

と、
隣に座ってたヨーロピアンカップルに起こされる。

カップル「寝てる?」

俺「はい」

カップル「日焼け、気を付けてね」

時計を見ると、
知らぬ間に30分以上寝てたらしい。

起こしてもらわなかったら危ない所だった。

体はT-shirtを羽織ってたから大丈夫そう。

でも普段は半ズボンで隠れている太ももが、
ちょっと赤くなっている、、、
大丈夫だろか。

ツーリスト会社で、
他にも二つのお奨めシュノーケルポイントを教わってたけど、
寝ても変わらず気分がスグレナイので、
シュノーケリングはもう終了する事にした。

P1040587.jpg

P1040590.jpg

P1040591.jpg

旅中に知り合ったヨーロピアン達のお奨め通り、
観光客が少なくて穴場、
ノンビリするには良さそう。

全くノンビリしていかない俺ですけど。

アメッド滞在時間4時間。

14:30、
ウブドへ戻る事にする。

ガソリン、
やっぱりオカシイ。

もう空。

ガソリンスタンドで、
今度は満タンじゃなくて、
10000ルピアだけ入れてもらう。

満タンになってる、、、

やっぱり行きのガソリンスタンドでボラレてた。

タクシーと同じ手口、
前の客のカウンターのまま0に戻さずに給油されたと推測。

くそぉ~!!!

どうして人をダマしても平気なんだろう、
理解不能。

しばらくイライラが収まらず。

でもアメッドでたくさんまけてもらったから、
チャラという事で納得する事にした。

気を静める理由が何か必要。

P1040592.jpg

P1040593.jpg

P1040596.jpg

P1040595.jpg

誰かが行水、
どうやってそこに辿り着いたんですか?

帰りも3時間、
17:30到着。

合計6時間の運転、
疲れた、
お尻イタイ。

ウブドからアメッドの日帰り、
やるもんじゃないな。

太もも、
やっぱりヤケド、
真っ赤。

シャワーを浴びて、
夕飯を食いに行く、

P1040597.jpg

ナシチャンプル―、
7000ルピア、
お代わり3000ルピア、
リオン宅近くの食堂にて。

リオンの家に立ち寄ってみる。

リオン、
デンパサールの日本語学校へ行っていて不在。

さよならを言えず残念。

リオンの夢、
日本で5年働いて、
貯めたお金でウブドにホテルを持つ事。

”海外旅行は夢の話”

そんな話をたくさんの国で聞く。

インドネシアもその国のひとつ。

リオンの夢、
叶いますように。

日本に来たら、
たくさんお返しをしてあげたいから。

明日はインドネシア最後の街”クタ”へ移動。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
左足裏がオカシイ。

大きな水ぶくれがツブレたみたいな赤紫の痕。

裸足にサンダル、
歩くと痛む。

天気もいまいちスッキリしないし。

アメッド日帰り旅行はさらに延期、
明日。

ご飯は食べる。

靴下に登山靴なら痛みも和らぐ。

P1040565.jpg

ナシチャンプル、
10000ルピア。

おばぁちゃん、
いつもたくさん話し掛けてくれるけど、
インドネシア語、
さっぱり分からん、
残念だ。

P1040566.jpg

おばぁちゃんが作ったお供え物、
キレイ。

アメッド行きのチャンスは明日が最後。

明後日はに必ずクタに移動したいので。

クタ行きのシャトルバスのチケットを買ってしまう事する、
50000ルピア。

乗り合わせワゴンのベモは、
クタ行きがなくて、
デンパサールで乗り換えなければならず、
快適なシャトルバスと金額に差がなさそう。

残りの時間は、
宿でのんびり今後の予定について考えてみる。

シンガポールは物価が高いから一泊だけして、
マレーシアに移動予定。

ベトナム、フィリピン、インドネシアと周ってきての、
マレーシア。

寺院?
離島?
ジャングル?

興味が全く沸いてこないぞ、
どうしよ。

P1040571.jpg

ナシチャンプル再び、
違う店、
10000ルピア、
ご飯お代わり、
3000ルピア。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
インドネシアに入国してから初めての雨フリ。

アメッド日帰り旅行は明日に延期する。

P1040520.jpg

ここのナシチャンプル、
美味い、
10000ルピア。

レオンに奨められたウブドの北、
トゥガランタン方面へ向かって、
適当に歩き出す。

車通りの多い、
広い大通りの両サイドには、
ひたすらお土産屋さんが軒を連ねている、

P1040523.jpg

P1040524.jpg

P1040525.jpg

P1040557.jpg

一本道を二時間北上、
ずっ~と続いていたお土産屋さんも、
いよいと途切れた所で、
引き返すことにする。

その前に、
脇道をジャランジャラン、

P1040526.jpg

おっ、ライステラス。

もっと奥へ歩を進めると、

P1040527.jpg

小さな村があった、

P1040530.jpg

P1040535.jpg

P1040537.jpg

イイ感じになってくる、

P1040539.jpg

魚が釣れたから写真を取って欲しいと、
ガキンチョにせがまれる。

最初は2人だったのに、
いつの間にか子供に取り囲まれる。

英語は通じない。

言葉を一つ教わる。

子供達「ラー^^ラー^^」

はしゃぐガキンチョども。

俺「ラーってなんだよ(日本語)」

股間を指さすガキンチョども。

俺「あぁ、ちんちんね、ちんちん(日本語)」

仕舞には、
ズボンを降ろして、
ラーを出し始めるガキンチョども、

子供達「ラー、フォト、ラー、フォト^^」

俺「はい、はい」

終了~!

かないません、
俺の負け。

俺「バ~イ、バ~イ」

振り切って先に進む。

P1040542.jpg

舗装されていた道はジャングルへ突入、
引き返すことにする。

でも奴らが待ち受けているに違いない。

P1040544.jpg

P1040546.jpg

P1040549.jpg

やっぱり捕まった。

子供、
キリがない、
苦手。

でも、
俺の姿が見えなくなるまで手を振るガキンチョ、
カワイらしい、
かなぁ~、
ん~ん、
どうだろ^^

P1040551.jpg

P1040556.jpg

”お名前なんですか?”

だけ日本語をは知っているらしいおじさん。

観光地でもない小さな村の人さえ、
日本語を知っているなんて。

おじさん、
取ったココナッツ、
これからデンパサールへ運ぶんだって。

ウブドを経由するから、
乗せってってくれると言ってくれている。

ありがとう、
でも丁重にお断り。

やっぱり歩くの好きなんだな。

目が合えばニコッと挨拶してくれる、
とてもステキな村だった。

帰り道、

P1040558.jpg

チャプチャイ、
20000ルピア→10000ルピアで交渉成立、

P1040559.jpg

ツーリスト価格?
騙されんぞ!

でも美味しいから許す。

P1040561.jpg

昼間は晴れ間も出てたけど、
夜からまた雨が降りだす。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。