FC2ブログ
居心地良すぎて、
予定していたよりもウブドに滞在しすぎ。

次の目的地、アメッドに行く日数がなくなってしまう。

ウブドから離れがたいが、
明日移動する事に決める。

P1040485.jpg

ナシチャンプルを食って、
お世話になりっぱなしのリオンに挨拶しに行く。

P1040491.jpg

でも不在。

昨日の夜勤シフト明けから戻った後、
睡眠をとらずに、
一時間半かかる遠くの病院に、
バイクでおじいさんを連れて行ってあげているそうな。

帰ってくるのは夜、
大変だねぇ、
レオン。

コーヒーを頂きながら、

P1040487.jpg

しばし、
レオンのおじさんとおじいさんと話をして、
(二人とも画家)
一旦レオンの家を後にする。

P1040489.jpg

もう一人のおじさん作業中なり。

また夜に伺う事にする。

さぁ、ジャランジャランのお時間。

地球の歩き方お奨めルート3、
”ジャラン・カジェン発~田園地帯行き”

P1040495.jpg

P1040497.jpg

P1040500.jpg

P1040502.jpg

P1040510.jpg

P1040512.jpg

P1040514.jpg

P1040515.jpg

P1040519.jpg

三日間で一番短いコース。

そろそろ田園風景、
飽きてきましたけど^^

このルートはローカルな雰囲気を一番感じた。

さて、
20:30、
レオンの家へ再訪。

不在。

病院から帰って、
サッカー場にある会場で、
土曜日定期公演のためのガムラン演奏中。

なんだか、かわいそう。

でも、
21:00過ぎに戻ってきたレオンは全然元気そう、
さすが10代、
違うねぇアラフォーとは^^

そして今日も23:00から夜勤シフトなんだとさ。

まぁ、
本人はヘラヘラしてるから大丈夫でしょう、
ガンバレ!

明日アメッドに移動しようと思ってたけど、
おじさんのアドバイスを採用。

ウブドからアメッドまではバイクで2時間足らず、
レンタルバイクを借りて、
日帰りで行く事にした。

レンタルバイクは一日貸切で40000ルピア程度。

アメッドでやりたい事は、
シュノーケリングで沈没した日本の船を見る事だけ。

安宿のなさそうなアメッドに宿泊しなくて済むとなると、
節約になるし。

という事で、
更にウブド滞在延長!

俺の泊まってる宿、
安いから当然ないと思ってたけど、
wifiがフリーで使用可能だった事に、
やっと気づく、、、

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
宿の近くのコギレイなレストランに入ってみた、

P1040394.jpg

ナシゴレン・ベジタリアン用、
7000ルピア、
まぁまぁ、
屋台の方が味がガツンとしてて美味しい。

今日もジャランジャラン。

地球の歩き方お奨めルート2、
”チャンプアン発~ズバリ村行き”

P1040396.jpg

P1040397.jpg

P1040400.jpg

P1040403.jpg

小高い丘を登りきると、
見晴らしが良くて爽快、

P1040409.jpg

田園が広がり始める、

P1040411.jpg

途中には田園カフェもあったりして、

P1040416.jpg

そこからのライステラスの眺めが素晴らしい。

ヨーロピアンがまどろんでいましたが、
俺には高くてムリだぁ。

P1040419.jpg

P1040420.jpg

P1040425.jpg

P1040426.jpg

P1040427.jpg

このルート、
ひたすら田園で気持ちいい、
昨日よりgood!

往復4時間以上も掛かったけど。

ウブド市場で買い物、
目当てはジャランジャラン用のNEWカバン、

P1040564.jpg

10件近くハシゴ。

交渉は、
大体150000ルピア(1350円強)スタート、
30000ルピア(270円強)が最安値、
これ以上は下がらない。

なので、
30000ルピア以下に下がった店で買う事にする。

店が見つからなければ、
30000ルピアで購入する。

んで、
25000ルピアに下げてくれる店を発見、
購入。

買う物があると市場もこんなに楽しい、
まず何も買わんからなぁ、
いつも。

一旦宿に戻ってシャワー、
昼間の内に浴びる必要ありなのでね、
水シャワーだから。

スッキリしたら、
休む暇なく、
すぐにウブド王宮へ。

観光客向けの伝統芸能を観るため、
80000ルピア。

19:30開始の45分前に到着するも、
最前列は空き席がなくなってて、
二列目の中央席を確保、

P1040432.jpg

地べたに座るのもあり、

P1040435.jpg

レゴン、

P1040441.jpg

P1040443.jpg

ババン、

P1040448.jpg

P1040452.jpg

P1040456.jpg

テレック、
これイカシテル!

ここからはストーリー仕立てになっている、

P1040457.jpg

P1040463.jpg

P1040469.jpg

P1040475.jpg

P1040478.jpg

P1040479.jpg

P1040481.jpg

踊りもガムラン演奏もとっても上品、
飽きることなく、
あっという間の一時間半だった。

でも、
荒っぽいけど、
独特の雰囲気と緊張感は、
昨日のオダランで観たものの方が圧倒的に上かな。

どっちも観る価値あると思う。

昨日から借りっぱなしの正装goodsを取りに一旦宿に戻って、
レオンの家へ。

レオン、
今日も夜のシフト、
既にホテルへ出かけてしまっていた。

会えず、
残念。

お借りしていた正装goodsはおじさんに返却。

今夜がオダラン最終日。

レオンはいないけど、
一人寺院へ行っている。

芸能が既に始まっていた。

内容は昨日と一緒、
でも演者が若い人や子供達。

後継者たちのお披露目なのかな。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
昼飯食べにローカルエリアへ。

リオンの家の前を通り抜けると、
リオンが友人としゃべってた。

18:30にリオン宅での待ち合わせを再確認、
オラダン二日目に参加するためである。

P1040289.jpg

ナシチャンプル、
お店によって具が違うから、
飽きない、
10000ルピア。

ウブド周辺は田園地帯、
ジャランジャラン(散歩)!

地球の歩き方お奨めルート1
”モンキー・フォレスト発~プヌスタナン行き”

P1040290.jpg


ほとんどのお家の門はこんな感じ、
象がチラリ、

P1040292.jpg

ダラム寺院、

P1040297.jpg

P1040299.jpg

P1040301.jpg

のどか、

P1040305.jpg

P1040306.jpg

P1040307.jpg

P1040309.jpg

P1040312.jpg

P1040314.jpg

二時間くらい歩いたのかな、
一面のグリーン、
なかなか気分良かった。

ただ所々、
車、バイクの往来がある道を歩かざるを経ないのが、
ちと残念だったけど。

ウブドに戻ろ、

P1040315.jpg

P1040317.jpg

宿に一旦戻って、
シャワー(マンディの代わり)を浴びて、

P1040319.jpg

昨日リオンと行った店でナシチャンプルを食べて、
リオンの家にお邪魔する。

リオン、
既に祭礼でガムラン演奏中。

リオンのおじさんが電話してくれて、
一旦家に戻ってきた。

まだ正装してなかったみたい。

シャワー浴びて、
正装するリオン。

正装してもらう俺。

リオンのバイクで寺院へ。

P1040320.jpg

P1040327.jpg

P1040331.jpg

昨日と同じように、
聖水を掛けて寺院内に入って、
お祈りを捧げる。

お祈り終了は21:00くらいから舞踊が始まる予定。

待ち時間、
リオン宅のアトリエで絵を習っているという娘さんのご家族を紹介される。

お父さんはオーストラリア出身、
お母さんはミャンマー出身、
絵を勉強中の娘さんと妹。

お互いに自己紹介を済ませると、
ご両親、
日本の地震、
そして福島の原発について語り始める。

”日本は情報を開示しない、日本は危険だ”

そして、

”日本には帰らない方が良い”

と何度も繰り返す。

「これから始まるダンサーの方達がメイクを始めているから、
見学しますか?面白いですよ。」

気を使って、
レオンが誘いを掛けても、

ご両親「興味がない、ダンスだけ見たいから」

そして、
また日本の問題について俺に話し始める。

だんだん気分が悪くなってくる。

最終的に、

俺「I can't say anything about it now、sorry」

母「You can say everything、ニヤリ」

俺「I mean、、、」

や~めたっ、
時間の無駄だ。

「タバコを吸いたいから」

と言って、
その場を立ち去る。

変な感じになってしまった事をリオンに謝罪して、
一緒にダンサーの楽屋を見学しに行く、

P1040333.jpg

P1040337.jpg

そして、
リオンはガムラン演奏準備に行ってしまった。

ひとり楽屋でメイク中のみなさんを見学してると、
リオンが呼びに来た。

ガムラン演奏者に配られるお菓子、

P1040342.jpg

演奏者じゃないのに、
演者側の席で俺も一緒に頂く。

甘いもち米、
美味しい。

P1040343.jpg

演奏者に配られる夕飯まで、、、
なんかすいません。

P1040347.jpg

P1040352.jpg

演奏開始、
ホント良い音色、

P1040358.jpg

華やかな踊りと独特の目線に引き込まれる、

P1040361.jpg

P1040372.jpg

子供を追いかけまわした末、
泣きじゃくる子供が続出するほどの緊迫したムード、

P1040381.jpg

P1040375.jpg

女装した男性の漫才?に会場は爆笑の渦。

俺は何を言ってるか全く理解できないけど、
みんなが大声で笑っている姿を見ているだけで、
楽しくなる。

リオンは23:00からホテルの仕事、
一足先に寺院を去って行った、

明日の7:00までのシフト、
ガンバレ!

0:00まで続く芸能、
俺も最後までは見ず、
23:30に宿に戻った。

漫才が最後まで続きそうだったのでね、
さすがに言葉が分からんと飽きる^^

P1040393.jpg

正装goodsは借りっぱなし、
明日、
返しに行く約束。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
P1040182.jpg

おばぁちゃん最後の朝食、
毎日メニューが違う、
美味しい。

昨日、
祭礼で取ったたくさんの写真、
facebookにuploadする事を、
おばぁちゃんと約束。

facebookにアカウントを持っているのはオーナー、
でも外出中。

俺のメールアドレスをオーナーに伝えるように、
おばぁちゃんにお願いする。

大丈夫かなぁ^^

オーナーに教わった通り、
クレネン・ベモステーションへ。

ウブド行きがあるはず。

ベモ、
すぐ見つかる。

運転手、
50000ルピアだと言っている。

そんなもんかな。

了解してベモに乗り込む。

数人を乗せて出発。

15分もしないうちにベモを降ろされた。

ベモを乗り換えろ、
と言っている。

えっ、
直接ウブドに行くんじゃないの?

それじゃ50000ルピアは高い!

30000ルピアをそっと手渡してみる。

ドライバー、
何も言わずにニコニコ立ち去って行った。

ん?

30000ルピアでも払い過ぎたんじゃねぇか?

今度こそウブド行きのベモに乗り込む。

ドライバー、
50000ルピアだと言っている。

結局、
40000ルピアで着地。

なんか払い過ぎてる気がするけど、
平均が分からんので、
やりようなし。

結局、
70000ルピアも掛かってしまった、
高くねぇか。

1時間くらい走ってウブド到着。

行こうと思っていた宿の近くで降ろしてもらう。

”歩き方”最安値のサリ・バンガローへ。

受付の人がいない、、、

二番目に安い宿”ニョマン・アスタナ・バンガローがすぐ近くにあるはず、
行ってみる。

全室ホットシャワー、朝食付きで80000ルピア。

値段交渉するも、
すでに100000→80000ルピアに値引きしてくれていたらしい。

ちょっと高い。

”歩き方”には乗ってないけど、
もう一つ近くにあった宿へ行ってみる、
siti home stay。

水シャワー、朝食なし、
コーヒー&紅茶付で50000ルピア。

うん、安い。

でも、
ホットシャワーが恋しい、、、

ここも保留にして、
サリ・バンガローへ戻ってみる。

まだ受付の人がいない、、、

宿泊客のヨーロピアンに尋ねてみると、
祭事でずっと出かけていて、
いつ戻るか知らないそうな。

ダブルの部屋は80000ルピア、
ホットシャワーで朝食付。

シングルの部屋の値段は分からない、
空き部屋があるかも不明。

決定!

siti home stay、

"やっぱりそうか"

P1040183.jpg

P1040184.jpg

雰囲気もスタッフもとっても良いけど、
ホットシャワーが恋しい・・・

ウブド、
勝手に田舎な雰囲気を想像してた、

P1040187.jpg

P1040190.jpg

でもとってもツーリスティックで、

P1040192.jpg

P1040193.jpg

お土産市場にはものすごい観光客、
日本人もたくさん、

P1040202.jpg

モンキーもたくさん、
モンキーパークだからね、
入園してないけど、
周辺にも出没、

P1040203.jpg

ウブドは芸術の村、
ギャラリーもたくさん、

P1040204.jpg

P1040210.jpg

田んぼもたくさん。

色んな顔を持つウブド。

俺の目的は芸能観賞。

information centerで、
手頃な値段のお奨めを教えてもらって、
明後日の公演のチケットを購入。

場所はウブド王宮、
19:30~21:00、
80000ルピア(720円強)。

俺にしては思い切った値段です。

夕飯。

ツーリスト・エリアには、
俺の払えそうな場所はなし!

地元の人に話を聞いて、
ツーリスト・エリアを離れ、
南へ南へと歩く。

ローカル・エリアに突入するも、
ギャラリーは点在。

ギャラリー前、
日本語で話しかけてくるインドネシア人の若者あり、
片言をちょっと抜け出した感じ。

俺「安い食堂を探してるんです」

若者「あそこに安い店があるよ。ナシチャンプル、7000ルピア」

俺「安いですねぇ、そこに行ってみます。ありがとう」

若者「今日、村の祭りがあるんですけど、一緒に行きませんか?」

祭りの後で、
絵を売りつけるつもりか。

う~ん、
でもそんな魂胆があるようには見えないけど、
信用してはいけません!

俺「ご飯食べながら、考えてみますよ」

若者に奨められた屋台へ行く。

すると、
その若者も追いかけてきた。

若者「私も実はお腹が空いてるんです」

P1040211.jpg

ナシ・チャンプル、
美味い、
7000ルピア。

お代わりはたったの3000ルピア。

色々と話をした。

名前はリオン、
日本語学校に通いながら、
コマネカという高級リゾートホテルのフロントで働いているらしい。

この若者を信用してよいモノか迷う。

でも誘ってくれているオラダン(祭礼)には興味がある。

結局、
信用しきれずも、
オランダには一緒に参加させてもらう事にした。

リオンの家に伺う。

おじいちゃん、おじさん、おばさん、などなど、
覚えきれない程のたくさんのご親類縁者に温かく歓迎される。

みなさん、
日本人の友人がたくさんいるそうで、
日本語も片言だけどしゃべれたりする。

デンパサールの時とは違って、
今日は参加。

リオンのバイクで一旦宿まで戻って、
マンディ(シャワー)。

再度、
リオン宅へ戻る。

P1040215.jpg

リオン、
正装中、

P1040216.jpg

完成。

何度も香水振り掛けてた。

"色気づきやがって^^"

と思ってたら、
リオンのおじさんが教えてくれた、
匂いはとても重要なんだそうな。

俺もお借りして、
同じく正装完了。

まずはリオン宅内の祭壇でお参りを済ませて、
寺院へ向かう。

P1040218.jpg

寺院に入る前に聖水を頭に振り掛ける。

俺もリオンに振り掛けてもらって、
俺は寺院内の何処へでも行けるし、
写真も取れるようになった。

P1040219.jpg

みんなに紛れて、
俺もリオンの身振りを真似しながら、

P1040274.jpg

お祈りを捧げる。

P1040224.jpg

お祈りが終わると、
頭に水を掛けてもらい、
水を三回飲んで、
水で顔洗って、
お米をもらう。

P1040227.jpg

お米は手で額と胸に貼り付けて、
三粒だけ食べる。

戸惑いながらこなしている俺を見て、
ニヤつくリオン。

思わず頭をハタいてしまってすぐ気づく。

あっ、
インドネシアでは頭は神聖だったんだ!

リオン、
ニコニコ許してくれたけど。

P1040230.jpg

お祈り終了後、
リオンがガムラン演奏に参加、
嫌だって言ったけど、
無理やり演者側に座らされる。

リオンが演奏中、
フラフラ寺院をひとり歩き回ってみる、

P1040258.jpg

P1040236.jpg

P1040238.jpg

バロン、
とても重要な役割があって、
決して指を挿してはいけないんだそうな、


[広告 ] VPS


ガムラン演奏に合わせて踊っている、

P1040267.jpg

P1040268.jpg

神が乗り移って狂喜し始める長者を沈めて終了。

P1040272.jpg

米のついたリオン。

祭礼は明日、明後日まで続く。

明日もまた参加させてもらう事にした。

でも実は、
この時点でもまだリオンを信用しきれていない俺。

こんなに親切にしてもらって、
見返りを求められないなんてなんだか不自然。

この後ガイド料を要求されるんじゃないか。

いや、
この後ギャンブルをやる人達がいるらしいから、
それは俺は担がされるんじゃないか。

まだ安心できない。

お腹が空いたから、
リオンのバイクで近くの食堂へ、

P1040275.jpg

11000ルピア、
美味い。

その後は、
俺の宿に送ってもらう道すがら、
リオンの務めるホテルへ寄り道、

P1040282.jpg

スゲェイイホテル。

リオンが客室案内、
俺は日本人のお客という設定で、
空き室をみせてもらう、
日本語レッスン、

P1040283.jpg

P1040288.jpg

P1040287.jpg

P1040277.jpg

一泊300US$・・・

レッスン終了後、
しばしリオンはお仕事。

その間、
フロント用のwifiを使わせてもらってインターネット。

宿に辿り着いたのは2:00a.m.。

結局、
日本語を勉強したかっただけの、
とんでもなくイイ奴だった。

インドネシア、
出会いに恵まれている。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
P1030925.jpg

おばぁちゃん朝食、
美味い。

宿敷地内で行われるオダラン(祭礼)は13:30から始まった。

俺も正装グッツをお借りする。

”参加”

ではなく、あくまでも

”見学”

俺は写真係なのでね^^

だから祭礼前のマンディ(シャワー)はしなかった。

参加者はみな近親者、
みんなニコニコ温かい。

邪魔にならないようにと写真取るのを躊躇していると、
おばぁちゃんに

”取って大丈夫”

と促される。

人を取るのはちょっと苦手な俺も、
これで気がラク。

P1030934.jpg

P1030936.jpg

祈祷師の指導で進んでいく。

P1030960.jpg

P1030964.jpg

P1030976.jpg

P1030991.jpg

P1040028.jpg

P1040039.jpg

P1040047.jpg

P1040053.jpg

P1040068.jpg

P1040094.jpg

P1040118.jpg

P1040121.jpg

お寺での儀式が終わり、

P1040123.jpg

P1040125.jpg

P1040131.jpg

個室の祭壇でお祈り。

P1040138.jpg

誘ってくれたおばぁちゃんと、

P1040162.jpg

P1040156.jpg

最後にお寺の前でお祈りをして、
15:00終了。

P1040166.jpg

昼食が振舞われる、

P1040173.jpg

俺にも振舞われる、

P1040174.jpg

このフルーツは初、
なんだろ、
美味しい。

非常に貴重な体験をさせてもらえた。

おばぁちゃんのメガネにかなう写真が取れてると良いのだが^^

外出。

information centerへ行くも開いてない。

昨日からずっと開いてない。

だから次の街”ウブド”への移動方法が分からない。

宿のオーナー曰く、
ベモで行けるらしいのだが、
普段使わないから値段は分からないらしい。

まぁ、
これ以上デンパサールにいてもやる事ないから、
明日ウブドへ移動してしまおう。

街を当てどなく歩く、

P1040178.jpg

P1040179.jpg

P1040181.jpg

夕飯はナイトマーケット。

50000ルピア?
高すぎるぞ!

優しそうな家族だったから、
値段を聞かずに注文してしまった俺の失敗。

ボラレタのかなぁ、
良い人達そうだったのにな。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村