上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝からずっと雨降り。

10:30、
キックはコスタリカを更に南下するための、
フェリーでトルトゥゲーロ国立公園を旅立っていった。

俺はトルトゥゲーロへ着たときの道を逆戻りして、
サンホセへ。

カリアリからサンホセのバス運賃、
行きの半額1390コロンで済んだ。

途中からフレンチの女の子と一緒にサンホセへ向かう。

彼女はコスタリカが好きじゃないらしい、
サンホセは物乞いが多いし、
トルトゥゲーロは蚊が多いし、
どこいっても雨だし。

なんだか悲壮感が漂ってて、かわいそうだった。

俺はトルトゥゲーロ、楽しかったんだけどなぁ。

明日から一気にグァテマラまで移動したいと思ってるけど、
そのバス会社"tica bus"の営業が終了してたから、
空席確認ができなかった。

明日、
朝一で確認しに行かなければ。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
アドルフがガイドのボートツアー、
5:15開始のはずが大雨。

しばし待った後、
6:00頃、
雨が止んで、
ツアー開始。

P1100143.jpg

P1100146.jpg

P1100147-.jpg

P1100148-.jpg

カメレオン、
何処にいるでしょう?

P1100150.jpg

子ワニ、
何処にいるでしょう?
これはわかるか^^

P1100153-.jpg

名前忘れた鳥、
これはわかり難い?

そして再び大雨。

P1100154-.jpg

レインコートにある程度お金かけといて良かったよ。

ちゃんと雨を弾くから、
俺はあまり雨が苦にならなかったけど、
他の人達は簡易レインコートとかで、
結局雨が染み込んでしまって、
寒そうだし、なんだか大変そうだった。

次のハイキングツアーまで、
しばし宿で休憩。

宿の庭でアドルフが見つけてくれたバッタとカエル、

P1100155-.jpg

P1100159.jpg

雨も上がって、
15:00からハイキングツアー、
アドルフとルームメイトのキックと三人だけ。

P1100163.jpg

P1100164.jpg

くも、

P1100161-.jpg

P1100165-.jpg

スパイダーモンキーもたくさん見れた、
お腹に子供を抱いた母親とか、

P1100166-.jpg

名前忘れたけど猛毒を持ったヘビ、

P1100168.jpg

蝶、

P1100169.jpg

アドルフ、

P1100170.jpg

俺。

ずっと木の穴に棒をホジホジしながら五分くらい、
キックがイライラし始めた頃、

P1100172.jpg

一番みたかったタランチュラがニョキっと登場、

P1100177.jpg

大興奮。

満足した後、
海辺へ。

目的は子ガメ。

アドルフが探してくれているけど、
なかなか見つからず。

一匹が産み落とす卵100個のうち、
無事成長するのは、たったの1%。

海岸に産卵する子ガメの甲羅、

P1100183-.jpg

でもでも、
見ることができたのだ、

P1100180.jpg

P1100181.jpg

P1100182-.jpg

どうかご無事で!

P1100184.jpg

ツアーを終えて、
キック(またの名をグレン・クローズ)と俺、

P1100185-.jpg

アドルフと俺。

P1100186.jpg

P1100187-.jpg

キックとしばし公園内をブラついて、

P1100189.jpg

夕飯、

P1100190.jpg

これはお店の人達が夕飯として食べてたメニューにないもの、
キックが無理やり作らせて、
(俺が頼んだら断られたのに)
俺にくれたのだ、
彼女は本当に強いのだ。

自分の頼んだ料理の味がおかしいとか、
トマトが少ないとか、
その後も色々。

すごく楽しくて、
ある意味大変だった(キックの事^^)トルトゥゲーロもこれにて終了。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
information centerで教えてもらったとおり、
サンホセのカリビアンというバス会社のターミナルへ、
9:30a.m.。

何処か知らねど、
カリアリという街までのチケットを購入、
2350コロン(370円くらい)、
10:30a.m.バス出発。

長い!

カリアリが何処にあるか判らないから、
余計に長く感じる。

15:00、
カリアリ到着。

トルトゥゲーロへ行くボートが出ているラゲス行きのバスを探そうとしたら、
自称ガイドが登場、
ラゲスからはボートは今は出てなくて、
カリアリのバス停から歩いて500m先の、
ラパボナというバス停からボート乗り場へのバスが出ている、
と教えてもらった。

ぐぃぐぃ話しかけてくるこの自称ガイド、
良い人そうに見えるけど、、、

この自称ガイドは、
自分のツアー客のバスを待っているらしい。

カリアリのバス停でタバコを吸ってると、
本当に自称ガイドのツアー客が登場。

自称ガイドが俺に声を掛けてくれて、
500m先のラパボナというバス停まで一緒に同行させてもらう事に。

ラパボナのバス停で自称ツアーガイドのツアー客が
”ラパボナから港までのバスチケット(1200コロン)”

”港からトルトゥゲーロ国立公園までのボートチケット(1600コロン)”
を購入しているのをまねして、
俺も購入。

ツアー客にくっついて、
バスに乗車。

自称ツアーガイドは本当のツアーガイドだった、
名前はアドルフ。

すっかり仲良くなって、
俺はアドルフのお客じゃないけど、
みんなと一緒にトルトゥゲーロ国立公園まで連れて行ってくれるらしい。

凸凹道を1時間、
ボート乗り場に到着。

アドルフのツアー客と一緒にボートに乗船。

P1100121-.jpg

P1100127-.jpg

P1100128.jpg

P1100129.jpg

途中、
スパイダーモンキーが木を渡っていく姿に大興奮。

19:00、
無事にトルトゥゲーロ国立公園に到着。

同じく、
単独でトルトゥゲーロ国立公園に訪れたオランダ人と、
アドルフに紹介してもらった部屋を2人でシェア。

1人で泊まると15US$だけど、
10US$で泊まれる事に、
wifi使用可能。

今日は天候に恵まれている、
今はまだ雨季、
明日の天候も同じように良いとは限らない。

アドルフに頼んで、
今晩の”ウミガメ産卵ツアー”に、
急だけど参加させてもらえることになった、
すっかり頼ってしまってるけど、
俺のガイドじゃないんだけどね。

それから、
明日のボートツアー、ハイキングツアー参加もお願いして、
合計たったの45US$、
国立公園の入園料(10US$)も含まれてる、
安っ!

なんだか話が上手く進む日だ。

ウミガメツアー開始21:00までに、
ルームメイトの”キック”と園内のレストランで夕飯、

P1100136.jpg

P1100135-.jpg


この人、
グレン・クローズが演じる気の強いおばさんの実物みたいな人、
映画’プラダを着た悪魔’みたいな。

ツアー代金が高いから参加しない、
と言ったかと思うと、
急に”行く”って言い出したり。

ガイドのアドルフも終始苦笑い。

俺にしゃべりかける英語も、
気なんて使ってくれないから、ものすごいスピード。

でもね、
明日の俺の予定を心配してくれたり、
根は良い人だとわかってるから、
ものすごく疲れそうだけど、
耐えられる、
かなぁ。。。

いよいよ21:00から”ウミガメ産卵ツアー開始”!

と、
産卵をするために海から上がってきたウミガメを発見、
でもウミガメはとてもセンシティブ、
何かの気配を感じて、
海へ戻っていってしまった。

でもその姿さえとても神秘的!

その後すぐに、
今度は産卵を始めたウミガメを発見、
卵を産み落として、
後ろ足で砂をかける姿を観察することができた。

なんだか解らんが感動!

結局、
今日は4匹のウミガメを見ることができた。

一日で四匹も見れるのは珍しいらしい。

もう既にシーズンは終わってて、
実際、
一昨日は一匹も見れなかったそうな。

最近は雨降りが続いて、
ドシャ降りの中での観察が多かったとの事で、
天候も味方して、
今日はすべてにおいてラッキーだったとガイドが言ってた。

無理やり今日参加しといてホント良かった!

ウミガメ、

P1100140.jpg

こんな感じ、
体調は一メートルを越える。

ツアー帰り道でみつけたカエル、

P1100138.jpg

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
14:00、
サンホセに無事到着。

事前に調べといたホステルへ、
”TRANQUILO Backpackers”、
空きベットあり、
ドミトリー/10US$、
朝食付き、wifi。

P1100106.jpg

”歩き方”を見て安いと思って入った中華のお店、
美味しかったけど、
4000コロン(640円くらい)、
結構高かった。

コスタリカにきた目的は、
トルトゥゲーロ国立公園で”ウミガメの産卵を見る”事。

ただシーズンは7~9月なので、
ちょっと心配。

そのツアーを探すためinformation centerへ。

サンホセ発のツアーにはいくつか価格があって、
早速、明日出発可能な1泊2日の143US$
(国立公園入園料10US、産卵ツアー25USはベット支払い)
を申し込む事にした。

サンホセからのツアーに参加せず、
直接国立公園に行ってアレンジすれば、
安く済むという話を聞いてはいたけど、
サンホセからの交通手段を調べたり、
国立公園に到着してから宿を探したり、
ちょっと面倒くさそうだったから、
思ったより安かったツアーの参加を決めてしまった。

ツアー出発は明日6:15a.m.、
なので、
さくさくサンホセの街を散策、

P1100108.jpg

P1100107.jpg

教会と、

P1100109.jpg

マーケットと、

P1100110-.jpg

文化広場と、

って感じで、
首都ではあるけど、
あまり見るところはなかった。

P1100111.jpg

P1100113-.jpg

P1100115-.jpg

P1100116-.jpg

P1100117.jpg

P1100120-.jpg

夜景はなんだか独創的^^

P1100114-.jpg

節約夕飯、
でかいピザ、
800コロン(130円くらい)。

で、
宿に戻ってみたら、
information centerから連絡あり、
明日のツアーがキャンセルに。

ショック、
明々後日まで待たなきゃならんらしい。

そんなに待てない、
どうやってウミガメツアーに参加したりするのか、
宿はどうやって探すのか、
疑問はたくさんあれど、
トルトゥゲーロ国立公園は1人で行ってみる事にしてみる。

(追加情報)

コスタリカのイミグレーションで、
なぜか黄熱病の証明書提示を求められた。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。