上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
約一週間、
行動を共にしていたこうちゃんとも、
いよいよお別れ。

お互いバスは夜出発。

それまでの間、
ホテルの部屋を使ってよいとお許しを得て、
部屋でゴロゴロ。

19:00、
こうちゃんはパナマの別の街へ旅立っていった。

非常に寂しいし、
スペイン語を話せるこうちゃんがいないと、
この先の旅がやっぱり不安になる。

だけど、
その反面、
久しぶりのひとりの緊張感と開放感なのかなぁ、
そんな感覚が心地よい、
仲間との旅も好きだけど、
1人の旅もやっぱり好きなんだなぁと再確認。

23:00の夜行バスでコスタリカ・サンホセへ。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
目的地が違うから、
今日はこうちゃんとは別行動。

明日でこうちゃんとはお別れだから、
1人になる前の良いリハビリ。

パナマといえばパナマ運河。

5月5日広場まで30分くらい歩いてから公共バス使用(0.25US$)、
アルブロック国営バスターミナルへ。

明日向かうコスタリカ・サンホセ行きのバスチケット購入、
35US$。

アルブロック国営バスターミナルに、
超巨大なショッピング・モール発見、
パナマ運河終了後にゆっくり立ち寄ることにする。

パナマ運河(ミラフローレンス水門)へはバスがないと嘘をつかれて、
タクシーを使用、
8US$を請求されるも、
ありえない高さ、
4US$のみ支払う。

ミラフローレンス水門、
学生証を使用して3US$。

P1100081.jpg

船が左側から入港、

P1100082-.jpg

P1100084-.jpg

左側と右側の水が平行に保たれて、

P1100085-.jpg

門が開かれて、

P1100088.jpg

右側に船が移動、

P1100089-.jpg

門が閉じられて、

P1100090-.jpg

水面が下げられて、

P1100093-.jpg

出航!

パナマ運河のしくみを説明した日本語のパンフレットがあったりして、
すっかり社会化見学気分、
なかなか楽しかった。

ミラフローレンス水門からショッピング・モールへは、
だまされたタクシー代を取り戻すために徒歩、

P1100094-.jpg

P1100095.jpg

炎天下だったから、
ショッピング・モール辿り着くに頃にはすっかり疲れ果ててしまった、

P1100097-.jpg

P1100098.jpg

フードコートも巨大からだった。

ショッピング・モールから5月5日広場までバスで移動して、
そこから夕飯食べるレストランを探しながらホテルへ向かうも、
ここ数日お金を使い過ぎてる事を思い出して、

P1100100.jpg

レストランには入らず、
1.25US$のチリドックでガマン、
でもこれ、デカイし美味しすぎ。

部屋へ戻ってみると、
おばちゃんに話しかけられるも、
スペイン語だから理解できない。

身振り手振りで判断した所、
どうもこうちゃんがしばらく俺を待ってたらしいけど、
また出かけてしまった、
と言っている。

んで、
なんとなくおばちゃんと無理やり会話を続けてたら、
おばちゃんの息子が登場。

辛うじて英語が話せる息子を挟んで、
フンダンにgoogleの翻訳サイトを使用しながら、
三人で夜中の1:00まで、
ビールをご馳走になりながら、
非常に楽しい夜だった。

2人はベネズエラ人からの旅行者で、
物価の安いパナマに買い物に来たらしい。

ベネズエラは、
大統領の独裁で物価が高くて、
非常に住みづらい国らしい。

”自分の国が嫌いだ”とハッキリ言っていた。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
一つ目の飛行機でカタルヘナからボコタへ。

P1100048.jpg

P1100049.jpg

ボコタの空港で暇つぶし、
カタルヘナもボコタも、
空港でインターネットがタダで使えた。

二つ目の飛行機でコロンビア・ペレイラへ。

同じチケットを買ったのに、
なぜか違う飛行機に乗せられて、
こうちゃんとはしばしお別れ。

ペレイラの空港でこうちゃんと合流、
三つ目の飛行機でやっとパナマ・シティ到着、

P1100050.jpg

こんなプロペラ式の飛行機だった。

空港から街の中心までタクシーを使おうとすると高いから、
公共バス、
たったの0.25US$。

ただお互い初めての土地で、
どこで降りてよいのかサッパリわからず。

バスがものすごく込み合ってて、
バックパックを担いでいる俺達は非常に邪魔、
それに蒸し暑い。

すごく苦労する移動だった。

やっとみつけた”歩き方”に載ってるホテル
”ボイジャー・インターナショナル”、
潰れてた。。。

”スリス・バックパッカーズ”を目指すも、
こちらも潰れてた。。。

”スリス・バックパッカーズ”を跡地に、
現在改装中のホテルがあって、
泊まれる部屋があるという話を聞いて、
交渉の末、
ベット二つの1部屋を12.5US&/1泊,1人で借りることにした、

P1100101-.jpg

冷房付き(だけど弱し)。

パナマ・シティ、
暑すぎ、
冷房ないときっと死んでしまう。

さっそく、
こうちゃんと街を散策。

P1100057.jpg

P1100055-.jpg

P1100056.jpg

P1100058.jpg

P1100060-.jpg

パナマ・シティにこんな摩天楼があるなんて。

宿からだいぶ離れた場所にあるけど、
世界遺産にも登録されているという、
カスコ・ビエホ歴史地区へ歩くことに、

P1100062-.jpg

P1100063.jpg

歴史地区手前の漁港、

P1100065.jpg

中華街を発見、
てんこ盛りのフライド・ライスを2人でシェア、

P1100064-.jpg

チャイニーズ・ティーってこんなに美味しかった?

歴史地区に辿り着いてるのやら判らないまま、
ただフラフラ街をさ迷ってたら、
だんだん貧民街な雰囲気。

「なんだか怖いねェ、1人じゃ絶対こんな所歩かないよねぇ」
なんてのん気に話してたら、
銃を持ったポリスに呼び止められる。

「これ以上先に進んだら、持ってるものすぐに盗られるゾ!」

やっぱり治安の悪い地域に入り込んでたらしい。

そそくさと元きた道を戻る、

P1100066-.jpg

P1100067.jpg

P1100068.jpg

P1100069.jpg

P1100071-.jpg

後で判ったんだけど、
歴史地区へ辿り着くまでのエリアと、
歴史地区自体も治安が宜しくないらしい、
2人だったからすっかり気を抜いてしまった、
何事もなくて良かった。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。