上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マルセイユ、
5:19a.m.到着。

ニースが終着駅だったみたいで、
危うく降りそびれる所だった。

information centerが開く9:00まで、
朝のマルセイユを散歩、

P1080512.jpg

P1080513.jpg

地中海なんだねぇ。

バックパックの重さに耐えかねて、
マックで時間潰し。

9:00にinformation centerに行ってみるも、
”チュニジア行きの情報はここにはない!”
と冷たくあしらわれる。

通りに面した旅行代理店へ。

愉快で優しいおじさん登場、
色々探してくれた結果、
マルセイユ→チュニジアのフェリーが180ユーロで明後日、
マルセイユ→チュニスの空路が480ユーロで明日、
マルセイユ→チェニス→カサブランカ(モロッコ)が
313ユーロで明日発。

マルセイユ→チェニスより安い、
なんで?

なぜかはおじさんもわからない、
おじさんも驚いている、
でも安いのだ。

フェリーだと20時間、
飛行機なら1時間30分。

チュニジア入国時に、
出国する何かを見せる必要があるらしいから、
その意味でも都合の良い

【マルセイユ→チェニス→カサブランカ 313ユーロ】

に決めた。

安いと思うんだけど、
ネットとかでまだちゃんと調べてないから、
だいぶ迷ったけど。

でも明日出発できるのだ、
嬉しい!

今日は一泊しなきゃならない、
宿を決める、
オーベルジュ・ド・ジュネス・ボンヌヴェイヌ、
18.60ユーロ、
受付のおっちゃんがナイス、
朝食つき、フリーwifi。

ビーチまで200mの好ロケーション、
だけど、
街歩きを選択。

メトロ&バス一日券を購入、
5ユーロ。

マルセイユ、
”歩き方”によると、
フランスで最も治安が悪い街、
って書いてあるけど、
あまりそんな雰囲気は感じられない。

逆に、
街の人達がなんだかとても親切。

ホステルのバスの降り場所を教えてくもらったり、
(教えてもらってなかったら先へ行ってしまっていた)
バス降りてからも、
他の人が同じ方向だからと言って、
案内してくれたり。

バスで街の中心へ行こうとしたら、
一緒の方向だからと言って、
連れてってくれたり。

P1080534.jpg

P1080520.jpg

P1080522.jpg

ノートルダム・ド・ラ・ギャルドバジリカ聖堂、
1日券があるから、バスを使った。

P1080525-.jpg

P1080530.jpg

いつもなら歩いて行ってるところだけど、
えらい丘の上だから、
大変だったろうなぁ。

下町な雰囲気が味わえるというパニエ地区へ。

P1080536.jpg

P1080538-.jpg

P1080539-.jpg

P1080540-.jpg

P1080541.jpg

P1080543.jpg

P1080544.jpg

P1080548.jpg

確かに、
生活感が漂いまくってる、
今までにない雰囲気がここにはあった。

(デジカメの電池切れ)

庶民で賑わう市場も活気があって面白かった、
久しぶりに2ユーロでハーフサイズが食べれるピザ発見、
ファースト・フードな感じじゃなくて、
すごく美味しかった、
昼食、夕食はそれで済ませたくらい。

なかなか良い街だった。

ただ、
海があるせいか、
蒸し暑い、
蒸し暑いのきらい!

でももっと暑いんだろうなぁ、
チュニジア。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
13:30集合、
サンテミリオン・ツアー出発。

シャトーに到着、

P1080467.jpg

P1080476.jpg

P1080489.jpg

広大なブドウ畑、

P1080470-.jpg

樽、

P1080471.jpg

タル、

P1080474-.jpg

たる、

P1080480.jpg

そして試飲、

P1080484.jpg

P1080485.jpg

終了。

えっ、
終了?

作成工程とか、
人の働く姿とか、
色々見れるのかと思ってたから、
ちょっとガッカリ、
ワイン、
美味しかったけど。

でも、
その後に連れてってもらったサンテミリオンの街、
これがなかなかキャワイらしくて良かった。

P1080492-.jpg

P1080493.jpg

P1080494.jpg

P1080495.jpg

P1080496-.jpg

P1080497-.jpg

P1080498.jpg

P1080499.jpg

P1080500.jpg

P1080502.jpg

P1080506.jpg

P1080507.jpg

この街に一泊して、
ワインをたらふく飲むのも良かったかも。

では、
マルセイユに移動、
夜行列車、
85.2ユーロ。

そして、
そして、
マルセイユからチュニジアへ行こうと計画中。

チュニジアのための日数を稼ぐため、
ヨーロッパの所々を駆け足で回っていたのだ。

フェリーはマルセイユからでているらしい、
マルセイユで無駄に滞在することなく、
すぐにチュニジアに移動できると良いんだけどなぁ。

ところで、
節約のために、
巻きタバコを始めてみました、

P1080510.jpg

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
P1080445.jpg

P1080446.jpg

1:15a.m.、
ボルドーに到着。

駅で寝る事を覚悟してたけど、
他に誰もそんなことしている人がいな~い、
地元の若者達がなんだかウロウロしている。

ちょっと危ないかなぁ、
と感じたから、
ホテルを探して歩いてみた。

けど、
56ユーロが最低価格、
駅に戻って寝る準備。

P1080509-.jpg

と、
駅前に24ユーロの看板があったのに気づく。

24ユーロは空きがなかったけど、
30ユーロで泊まれるらしい、
シャワー、トイレなし、

P1080435-.jpg

シンプル、
寝るだけ。

ここに決めて、
すぐに眠りにつく。





朝、起きてシャワーの場所を探したけど、
な~い。

どうやら、
本当に寝るだけらしい、
トイレはさすがに借りたけど。

これじゃ駅前で寝るのとあんまり変わらない、
なんだかちょっと損した気分。

駅前のinformation centerへ。

ボルドーのシャトーへ行くツアー、
今日は満杯、
明日のツアーに申し込む、
30ユーロ、
サンテミリオンのシャトーへ行けるみたい。

だから今日もボルドーに宿泊決定、
information centerで安宿を探してもらう、
それでも最低が39ユーロ、
シャワー付きのシングルルーム、
高いけど仕方ない、
そこに決める、
hotel リヨン。

値段だけのことはある、
旧市街地内で環境良し、
部屋も広くてきれいだった。

街を散策、

P1080436.jpg

P1080439.jpg

P1080441-.jpg

P1080448-.jpg

P1080450.jpg

P1080452-.jpg

P1080453-.jpg

P1080454.jpg

P1080455.jpg

モンテスキューさん、

P1080456.jpg

モンテスギューさん、

P1080457-.jpg

P1080459.jpg

P1080460-.jpg

P1080461.jpg

P1080462-.jpg

P1080464.jpg

P1080466.jpg

こんな感じ。

街にはそんなに見所なさそうだと思ってたから、
十分。

明日のシャトーツアーに期待!

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ボルドーへの移動、
21:35発だけ55ユーロ、
その他の時間はすごく高い、
108ユーロとか。

ボルドー到着が1:11a.m.になるけど、
仕方ない。

なので、
21:35まで時間たっぷり。

P1080375.jpg

最後の卵かけご飯様、
さみしくなります。

ボルドー行きの列車が出発するモンパルナス駅のロッカーに
バックパックを預けて、
ルーヴル美術館へ。

P1080378.jpg

平和。

P1080379.jpg

1時間くらい並ぶかもって聞いてたけど、
15分くらいで入館できた、
9.50ユーロ(学生証使用できず)。

数人に美味しいと聞かされていたパン屋、

P1080380.jpg

ちょい高だけど、
ほんと上手かった、
上品な味^^

P1080382.jpg

もういきなり行ってしまった、
モナリザ、

P1080383.jpg

に群がる人、

P1080389.jpg

サモトラケのニケ、

P1080391-.jpg

P1080394.jpg

王冠、

P1080396.jpg

久しぶりっ、
ラムセス二世!

P1080397.jpg

ミロのビーナス、

P1080402.jpg

囚われの身(ミケランジェロ)、

P1080407.jpg

ハムラビ法典、

P1080411.jpg

ナポレオン三世の居室、

P1080419.jpg

いかさま師(G.ド・ラ・トゥール)、

P1080420.jpg

ピエロ(J.A.ヴァットー)、

P1080425-.jpg

トルコの浴場(J.A.D.アングル)、

P1080428-.jpg

P1080431.jpg

5時間ぐらいいたかなぁ、
ちょっと駆け足だったけど、
なんとか一通り見られたかな。

評判どおり、
見ごたえアリ、
知ってる作品もたくさんあって、
楽しかった。

一番のお気に入り、

P1080388.jpg


誰の作品か忘れたけど、、、

今日は選択肢がなくて、
列車、1st classの席、

P1080434.jpg

広々してて非常によろしい。

21:35、
ボルドーへ出発。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
他の人が俺より早く起きる予定だったらしくて、
目覚ましが鳴りまくったおかげで、
無事5:30に起きれた、
他の人がなんだか可哀そうだったけど。

今日は日帰りでモン・サン・ミッシェルへ。

メトロへ向かうも、
切符がコインでしか買えず、
コインを切らしてたから焦る。

人気がないから両替してもらえる人がみつからない、
駅周辺はまだお店が開いてない、
でも開ける準備をしてたcafeに頼んで両替してもらって、
メトロに乗れた、
7:00、モンパルナス発の電車に乗りたい、
間に合うか心配、
走る。

15分前にモンパルナス駅に到着、
レナス行きのTGVに無事乗車、
55ユーロ、
3時間半、
ひたすら寝る。

11:30にレナス駅に到着して、
11:40のバスでモン・サン・ミッシェルへ、
8.60ユーロ(学割あり)。

1時間半のバス、
ひたすら寝る、

で、
起きたら、
突然、

P1080285.jpg

素晴らしい眺め。

P1080287-.jpg

P1080288.jpg

モン・サン・ミッシェルに入るまでの通り、
大賑わい。

モン・サン・ミッシェル潜入、
5ユーロ。

この僧院、
何世紀にも渡って増改築を繰り返して、
色んな建築様式が混ざり合っている、

P1080293.jpg



P1080294.jpg



P1080295.jpg



P1080296.jpg

P1080297-.jpg

モンサンミッシェル内からの眺め、

P1080299-.jpg

P1080301.jpg

P1080302-.jpg

何かが行われてた、
ミサ?

P1080304.jpg

P1080306.jpg

P1080307.jpg

P1080309.jpg

P1080314.jpg

P1080315.jpg

P1080317.jpg

P1080332.jpg

P1080337.jpg

先っちょに大天使ミカエル。

P1080347-.jpg

P1080349.jpg

P1080351.jpg

すごくキレイなんだけど、
ちょっと物足りない、、、

期待しすぎたかなぁ、
ここに来るためだけに1万以上かかってるし。

夕暮れ時とか、
夜景なんかもキレイらしいから、
モン・サン・ミッシェルの近くに1泊した方が良かったかも。

という事で、
17:15最終のバスに乗るつもりだったけど、
14:30に変更、
パリに戻る事に。

P1080357.jpg

P1080358.jpg

どす~ん、
エッフェル塔。

モンパルナスの丘からみたパリ、
そんなにキレイじゃなかったから、
エッフェル塔も登るのやめた。

P1080359.jpg

凱旋門、

P1080360.jpg

P1080361.jpg

♪おぉ、シャンゼリゼ♪、

P1080362.jpg

ルイビトン本店、

P1080366.jpg

コンコルド広場、
マリーアントワネットの処刑された場所、

P1080369.jpg

セーヌ川とオルセー美術館、

P1080370.jpg

P1080371.jpg

P1080373.jpg

セーヌ川に夕日が落ちていく、
素晴らしい景色だった、

P1080374.jpg

コンシェルジュリー、
マリーさんが拘留されていた場所。

よし!、
パリ、
十分観光した、
残すはルーブル博物館のみ。

宿の1Fで展示会に向けて作業している芸術家の人と話す機会があった。

芸術でお金を稼ぐことは良いこと?
とか、
普段話題にしないような話ができて、
なんだか楽しかった、
特に連絡先とか交換せずだったけど、
何処かでまた会えるとよいなぁ。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。