上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予約してたユースホステルに向かう。

10分で着くはずが、
さ迷って3:30a.m.到着。

youth hostelが暗い。

ドアが開かない。

呼び出し鈴、
押してもウンともスンともいわない。

どうしろと?

30分程hostel前で座り込み、
”これは6時過ぎまで待つしかない”
と覚悟。

バックパックだけ木に縛り付けて、
街を観光することにした。

P1070758.jpg

4:00。

フュッセンに来たのは、
ノイシュバンシュタイン城、
ヴィース教会、
が目的。

街並みは全く期待してなかったんだけど、
なんだか良い感じぶりが伺えた、

P1070759.jpg

P1070760.jpg

上手そう、

P1070761.jpg

桜井和寿氏、、、
暇だったんです、

P1070762.jpg

武士道を心に、

P1070764-.jpg

P1070766.jpg

P1070767-.jpg

P1070771.jpg

街、
すごく良い雰囲気、
街歩きは期待してなかったけど、楽しいかも。

P1070780.jpg

P1070781.jpg

P1070784.jpg

やっと明けてきた、

P1070787-.jpg

朝モヤっててなかなかキレイ。

で、
6:00頃、youth hostelに戻ってみた。

朝食を準備しているオッサン発見、
英語通じず、
どうやらレセプションは7:00かららしい。

逃がすもんか、
外は寒いのだ(温度計=15ド)。

身振り手振りで無理やり入り口のドアを開けさせて、
なかで待たせてもらうことに。

受付の人がやっときた、
今日の分の支払いのことは触れてこないので、
俺も特に話を持ち出さないで置く。

今日の夜のbedの空きを確認してくれている、
うぅ、
空きがないらしい。

ここを立ち去って、
再度宿探しを始めなければならない、
あぁ疲れた。

宿泊客のみなさんがフリーの朝食を食べている、
食べたい、、、

お金を払うから朝食を取らせてもらえないか頼んでみる。

P1070789.jpg

ご好意でただで食べさせてもらいました、
ちょっとだけ遠慮して、
お代わりはしなかった。

youth hostelに紹介してもらった3つ安宿、
全滅。

偶然見つけた他のyouthも空きなし。

わかった、
フュッセン、
俺を拒絶してるんだな。

もう宿探しは嫌だ、
きつくなりそうだけど、
ノイシュバンシュタイン、
ヴィース教会、
を観光し終えたら、
宿泊しないで次の街に移動してやる。
(意固地になり始めている)

バックパックを駅のロッカーに預けて、
ノイシュバンシュタインへ、
バス1.90ユーロ。

P1070790.jpg

ディズニーランドのお城のモデルになったと言われている。

1時間以上並んで、
城内入場チケット8.00ユーロを購入。

城内に入るにはツアーに参加しなくちゃならない、
参加時間が指定される、
13:55、
3時間以上待たなきゃならない。

登り坂をゆっくりお城まで歩く、

P1070791.jpg

40分程度で到着、

P1070792.jpg

P1070795.jpg

P1070796.jpg

P1070806.jpg

もうひとつのお城、
Hohenschwangau castle、
なんて読むのかわからん。

P1070799.jpg

近くにある橋、
Mary's bridge。

P1070802.jpg

この橋からの眺めが素晴らしい。

P1070807.jpg

P1070808-.jpg

P1070809.jpg

川沿いを歩いてみたり。

城の周り散策、
結構楽しかった。

待ち時間も気にならず、
城内ツアーに参加、
撮影不可。

豪華な部屋、床、金メッキのシャンデリア、壁画、
なかなか見ごたえあった。

でも、
お城って遠目から見るのが一番キレイ?

近くで見るより、
遠くから見たときの方がグッときた。

さて次は、
ドブロヴニクで行動を共にしていた”まいちゃんお勧め”、
ヴィース教会。

確かバスに乗って1時間くらいで行けるはず。

バスの運転手に聞いてみたら、
すごく良い人、
バスがしばらく発車しないから、
一緒にinformation centerへ。

internetの料金を何も言わず自分のサイフから出して接続。

バスのNoを調べてくれた。

今日中に次の街”ミュンヘン”に行くことを伝えると、
タイムテーブルを調べてくれた。

なんと16:00の電車に乗る必要があることがわかった。

ヴィース教会、
あきらめるしかないかなぁ。

と考えてたら、
バスの運ちゃんの提案。

”ノイシュバンシュタインの周りなら安宿みつかるかもよ”。

information centerで探してもらったら、
36ユーロの宿が一部屋空いてた。

「ヴィース教会に行ってからのチェックインだから遅くなるけど、
必ず行くから、部屋を取っておいてもらうように伝えて下さい」
と、information centerのスタッフにお願いをして、
「伝えておくから必ず行ってね」
という返事をもらう。

ヨッシ!

これで安心、
ヴィース教会に向かう。

P1070812.jpg

外観は特別なんてことはない。

P1070813.jpg

P1070814.jpg

P1070816-.jpg

P1070820-.jpg

教会内がすごい、
豪華絢爛、
メルヘンチック、
あきらめないで良かったよ、
まいちゃん、サンキュ!

んで、
教会前で18:08のバスを待つこと15分。

教会自体が18:00でcloseだから、
自家用車で来た人がどんどん帰っていく。

バスのタイムテーブルを確認、
16:00時台以降のバスはない。

information centerの人も、
あの親切なバスの運転手も、
ここまで乗ってきたバスの運転手も、
”18:08のバスはある”って言ってたのに。

でも他にバス待ちの人が1人もいないのはオカシイ。

お土産屋さんも店をしまい始めてる。

ヤバイな。

近くに駅はないし、
タクシーもいない、
ノイシュバンシュタインのホテルまで、
歩いて戻れる距離じゃない。

お土産屋さんのおじさんに聞いてみる。

”18:08のバスはないよ”

えっーーーマジでーーー!

どうしよう、
途方に暮れる、
なんだか最近良く途方に暮れさせられるなぁ。

お土産屋さん、
なんだかお店の従業員のおじさんと相談中。

どうやら従業員のおじさんのお家が
ノイシュバンシュタインの方向らしい。

ここからノイシュバンシュタインまで20km、
おじさんの家は中間の10kmにあって、
そこまでなら車で乗せてってくれるそうな。

迷う。

その後、
10kmは歩き。

バスをもう少し待ってみる?

いや、
このおじさんのチャンスを逃しちゃきっといかん。

乗せてってもらうことにした。

すごく優しくて楽しいおっちゃんだった、
残りの10km、1時間半くらで歩けるだろう、
と言っている。

う~ん、
本当に10kmだったら、
1時間半じゃむりだな、
と思いながらも、
感謝、感謝、
有難うございました!

さて、
遠~くに小さく見えるノイシュバンシュタインを目指す。

目標が見えてるから少し気持ちが楽。

P1070827-.jpg

景色がキレイなのが何よりの励み。

車が横をびゅんびゅん走ってく。

P1070829-.jpg

死にそうな人、
でも写真取ってるくらいだから、
余裕アリ。

こんな風に座ってると、
クラクション鳴らして手を振ってくれたりして、
少し頑張れたりする。

P1070830-.jpg

道は続くよ、どこまでも。

道を聞いたおじさん、

P1070831.jpg

自転車の後ろに乗せてくれた、
ホント有難うございました。

さぁ、
ホテルまで後少しまで来たぜぃ、

P1070832.jpg

シャワーに入って、
早くベットに横たわりたい。

なかなか見つからず、
たずねてみたカップルがとても優しい、
一緒に探してくれるって。

そんで、
無事のノイシュバンシュタイン・ホステルを発見、
21:00を少し過ぎてる。

レセプションへ、
なかなか出てこない。

フテブテシイおばさん登場!

戦いがスタート!

おばちゃん「もう空き部屋はない」

俺「アホか、約束してるはず。」

おばちゃん「リザベーションはない、16:00には満室、出てって」

俺「でもinformation centerで部屋を残して置くように言ってある」

おばちゃん「そんな人知らないし、リザベーションじゃないでしょ?私は何もできない、出てって」

俺「あなたはできる、代わりのホテルを探すとか」

おばちゃん「そんなこと知らない、タクシーでも呼べば」

こんなやり取りをだらだら、
床とかソファーで眠らせてもらう事も頼んだけど、
ものすごい形相で拒否。

ラチが明かんな。

「ドイツ人は最低だな!」

って、言い放ってホテルを出た、
ちょっとすっきり。

そして野宿を覚悟。

初野宿。

ここら辺のホテル、
なぜか21:00くらいにレセプションを閉めてしまうから、
もう他の宿は見つからないだろう、
探す気力もなし。

このホテル、
街の中心から30分以上も離れてるんだよ、
くそ~。

真っ暗な道、
街の中心へ戻る。

お腹が空いてるけど、
レストランもホテルと同じくみんな早くに閉店。

自動販売機でジュースを買って、
ノイシュバンシュタインの入園チケット売り場前のベンチ、
寝袋敷いて就寝、
22:00。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
さぁ、フュッセンという街に移動。

6:58発の電車、
寝坊のため乗れず。

次は8:52発。

起きたのが8:45、
顔も歯も磨かずに、
出してた荷物を詰め込んで、
駅へ。

8:51、
ギリギリ乗車、
あぶねぇ、
フュッセン着は20:55予定。

これから三回乗り換えあり。

どうせ上手く乗り換えられるはずはないと思っている。

経由の街”フランクフルト”、
乗り換えの時間が少しあったから、
ちょっとだけ観光してみる。

P1070754.jpg

P1070755-.jpg

P1070756.jpg

ゲーテの家へ行ってみる、

P1070757.jpg

フランクフルトを食べてみる。

二番目の電車の到着が遅延、
フュッセン到着が23:51に変更に、はぁ。

でも今日は宿を予約してるからなんとかなると思っている。

三番目の電車が来ない、
なんで?
ホームで待ってた人達がどこかへ走り出す、
どうしたんですか???

アナウンスがドイツ語だけだから、
太刀打ちできない。

どうやら嵐の影響で木が線路に倒れて、、、
とかなんとかで、
電車がキャンセルされて、
バスに乗る必要があるらしいのだ、
俺も。

なんだか良く分からないまま、
みんなの流れについて行く事にする。

地下鉄乗って、
バスに乗って、
連れてこられた所は、、、

いったいここは何処?

俺の乗換駅とはぜんぜん違う駅にいるのだ。

どうすれば良いのかぜんぜん分からない。

時間が遅いからか駅員はいないし、
他の人に聞いても、
自分の代替方法は知ってても、
俺がフュッセンに行くためにどうすれば良いか、
なんて知るわきゃないし。

途方に暮れる、
焦る、
タバコ吸いまくる。

そしてやっとフュッセン行きの人を発見、
ドイツ語が話せるから、
状況が把握できている様子、
ついて行かせてもらうことにした。

その後、
またメトロに乗って、
たどり着いた駅に一台のバスが。

そのバスで、
フュッセン駅まで乗せてってくれるそうな。

はぁ、助かった。

フュッセン到着、
2:30a.m.、
もう疲れました。

でも、これは地獄へのまだ入り口。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
P1070684.jpg

朝食、
トマト丸ごと、
うまい!

このhostel居心地良いし、
昨日の夫妻から夕食に招待されてるから、
もう1泊しようと思ったんだけど、
今日は街でフェスティバルがあるらしく、
空きベットがないらしい。

他に安宿はこの街にはなさそうだから、
次の街に移動するしかないかな。

まず次の街”フュッセン”への移動方法を駅で確認してみる。

今日移動しようとすると、電車料金が89ユーロ。

でも明日だと39ユーロで住むらしい。

今日この街で50ユーロくらいのhotelに泊まっても同額?

駅前に45ユーロのsigle roomがあるhotelを発見、

P1070721-.jpg

P1070752.jpg

一泊することにした、
シィブリィー、クラウドとも夜遊べるし。

もう一泊することに決めた事をメールで2人に伝えて、
この街に来た目的、
”ヴォルクリンゲンの製鉄所”へ。

P1070687.jpg

エントランス。

P1070688.jpg

P1070698-.jpg

P1070700.jpg

P1070702-.jpg

P1070708.jpg

P1070710.jpg

P1070715.jpg

P1070717.jpg

ものすごく広くて迷路のよう、
4時間くらいいたのかなぁ、
なんかすごくワクワクした。

こういう世界遺産もあるんだねぇ、
えらく渋い選択、
すっかりヴォルクリンゲン気に入りました、
あいちゃん、ありがとう!

でも鉄の階段で滑って、
4~5段転落、
シコタマ左ひじを強打、
ポッコリ腫れてしまった。

俺の登山靴、
鉄の上で良く滑るんだよなぁ。

夜はライトアップされるみたい、

P1070720.jpg

面白そう。

ザールブリュッケンに戻る。

P1070722.jpg

P1070724.jpg

この街には観光客はあまり来ないとシィブリィーが言ってた、
でも今日は夏のフェスティバルがあるせいで、
たくさん人がいてなかなか賑やか。

P1070725.jpg

こんなオッソロしいアトラクションもあり。

P1070726-.jpg

P1070727.jpg

P1070729.jpg

P1070730.jpg

一旦宿に戻って一休み。

20:00に2人が迎えに来てくれて、
街を案内してくれた、

P1070735.jpg

P1070736-.jpg

P1070737.jpg

P1070738.jpg

P1070740.jpg

P1070741.jpg

P1070744.jpg

P1070745.jpg

まだ食べてなかったドイツのソーセージ、
それから、
クラウドがレモネードが入ってるビールを注文してくれた、
ニガ甘くてすごく美味しかった、
二杯も飲んでしまった。

P1070748.jpg

ブラックミュージック、
心地よかったなぁ。

P1070750.jpg

このミニフェリーで川を渡ってみたり。

最高に楽しい一日だった。

シィブリィー、クラウド、
すっかりご馳走になってしまいました、
そして色々お世話になりました、
ありがとう!

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
アントワープに寄り道して、
ドイツに再入国。

目指すはザールブリュッケンという街。

ドイツに住んでたことのある友達のお勧めで、
ヴォルクリンゲンの製鉄所(世界遺産)を見に行くのだ。

まずはベルギーのアントワープという街へ。

わざわざオランダ方面に戻っていくことになるんだけど、
ここの街のノートラダム大聖堂、
”フランダースの犬”の最終回のシーンなのだ、
観てみたい。

P1070650-.jpg

アントワープ、
駅構内がすでに良い感じ。

P1070651.jpg

駅。

P1070652.jpg

P1070653.jpg

P1070666-.jpg

とりあえずノートラダム大聖堂へ直行、
学割で3ユーロ。

そして、

P1070654-.jpg

P1070655-.jpg

このルーベンスの絵、
漫画で観たこの絵がみたかったのだ、
感激!

P1070657-.jpg

P1070658.jpg

P1070660.jpg

他にもルーベンスを含めて、
たくさんの素晴らしい絵があった。

P1070662-.jpg

ここにネロと犬くんが倒れこんだんだね。

P1070667-.jpg
P1070668.jpg

広場、

P1070669-.jpg

P1070670.jpg

城、

これにて退散、
観光マップ見てみても、
そんなに観るところなさそうな感じ。

ザールブリュッケンという全く聞いたことがない街へ向かう。

ベルギーの左下、
小さな国”ルクセンブルグ”を経由する。

電車が遅れて、
上手く乗り継げなくて、
ルクセンブルグ駅で足止め。

ちょっと外に出てみた、

P1070675.jpg

P1070677-.jpg

P1070676.jpg

駅と駅前。

首都なんだけど、地味目。

P1070678.jpg

でも、
電車からの眺めは結構ヒストリカルな感じ、
以外に面白い街?

ルクセンブルグからは本当はバスを使うはずだったんだけど、
前の電車が遅れたせいで、
最終バスに載れなくて、
代替策で電車で乗り継いで行く事になった。

ただしザールブリュッケン20:30到着の予定だったのが、
22:00になってしまった、
まだ宿決めてないのに(泣)。

同じくバスに乗り継げなかった女性がいて、
宿を予約済みであるか聞いてみたら、
だんなさんがザールブリュッケンに住んでて、
会いに行くそうな。

俺の宿無し情報を伝えたら、
住んでいる家の近くにユースホステルがあって、
だんなさんの迎えの車でユースまで送ってもらうことになった、
ラッキー!

泥酔の男性を救急隊が運んだりして、
更に遅れた電車は、
22:30にザールブリュッケンに到着。

迎えの車に俺も乗り込んで、
ユースホステルへ。

P1070686.jpg

P1070685.jpg

受付の人が英語が得意じゃなさそうで、
通訳してくれたりして、
空きベットあり、
チェックイン出来たことがちゃんと確認できるまで、
ずっと一緒にいてくれた、
すごく優しいお二人。

シィブリィー、クラウズ、
ありがとう!

youth hostel、
19.90ユーロ、朝食付き。

あまり観光客が来ない街らしい、
ホステルも年齢層も高い感じ、
久しぶりにゆっくり寝れそう。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
同ドミメンバー、
3:00a.m.くらいまで、
部屋を出たり入ったり、
眠れん、
ドミトリー恐怖症にかかりそう、
ってか、
若年層ヨーロッパ人恐怖症。

バスでひたすら寝る、
12:15、
ベルリン到着。

センターターミナルからえらい遠い所で降ろされた、
Messe Nord駅。

この駅がinternational bus terminalがあるみたい。

ベルリンはさっと観光を済ませて、
今日の夜行でデンマーク・コペンハーゲンへ向かおう計画。

bus terminalで夜行があるか確認してみるけど、
今日の15:00発か、
明日の7:30発のみ、
料金は41ユーロ。

迷う。

今日の15:00はさすがにムリ、
1泊して明日の7:30発にしようか。

電車の値段が知りたい。

センターターミナルの中央駅へ行って確認してみる事にする。

Messe Nord駅から中央駅へ移動、
2.10ユーロ。

コペンハーゲンまでは直通がない、
寝台列車でLund central駅で乗り換えて、
コペンハーゲンへ行く事になる。

ベルリン→Lund Centerまでがなんと89ユーロ。
Lund Center→コペンハーゲンは不明、
15~20ユーロだろうと。

ないな。

バス移動に決めようと思ったんだけど、
バスにすると宿泊代がかかるし、
またMesse Nordまで移動するの面倒だし、
コペンハーゲンに着くのが夜遅くなるし、、、

結局、
夜行列車で今日発ってしまう事にした、
ベットもあるみたいだからちゃんと寝れるだろう。

89ユーロは確かに高いけど、
さっさと先に進んで、
さっさとヨーロッパを抜けてしまえば良い。

列車出発時間の23:01までベルリンを観光。

P1070195.jpg

ドイツ連邦議会議事堂、

P1070197.jpg

ブランデンブルク門。

そしてそしてぇ~、
最大の目的、

P1070199.jpg

本物触ったよ、
ベルリンの壁、

P1070200.jpg

アメリカ・ワシントンDCの博物館で、
欠片を触ったのを思い出す。

”ドイツで触れるかなぁ~”
なんて思ってたけど、
実現できて嬉しい!

P1070201.jpg

ソニーセンター、

P1070202.jpg

フィルハーモニー、
何も聴けなくて残念。

P1070203.jpg

戦争記念塔、
デカくて迫力ありそう、
ちゃんとしたのが見たかった。

P1070206.jpg

カイザー・ヴェルヘルム記念教会、、
戦争で破壊されたままの状態で残されている。
お隣に見えるはベンツさん。

P1070208.jpg

P1070209.jpg

観光スポット間が並木道&公園になってて、
涼しくて助かる。

P1070210.jpg

ん?

P1070212.jpg

ベルリン大聖堂とTV塔のコラボ、

P1070213.jpg

赤の市庁舎、
他の色はないんだね。

P1070217.jpg

マンホールマニア。

P1070220.jpg

駅、
さっぱりしてるのがドイツらしい?

これにて無事観光終了~!

P1070221.jpg

この旅初?
日本食、
サーモン丼、
しょうゆが懐かしい、
酢飯が懐かしい、
でも小さいんだよこの器、
茶碗サイズ、
三杯くらい食べたかった、
でも4.5ユーロもするからムリでした。

またいつか会いましょう。

P1070222.jpg

23:01、
夜行、

P1070223.jpg

ベットあり、
同室の人達問題なし、
ゆっくり寝れそう。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。