上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
移動しようと思ってたエルサレム、
明日に延ばしてみる。

みささん、ようちゃん、藤井さんと一緒に行きたいから。
(それから、今日一緒に出発できるメンバーがみつからず、
タクシー代などなどシェア出来そうになかったから。
こちらが本当の理由って訳では決してありませんので^^)

俺のまだ行ってない場所に先に行ってくれるという事で、
4人でアンマン観光へ出発。

アンマンなのに”カイロ”というなのレストランへ、

P1050409-.jpg

種類が豊富でどれも上手そうだった、
俺の食べたのもウマイ!

丘を登って、
(今日の藤井さんはサンダルではありません)

P1050411-.jpg

アブー・ダルウィッシュ・モスク、
なかなか不思議な模様、
これで歴史ある建物だと素晴らしいのかも、
建設1961年。

期待してた丘からの景色も、
う~ん、まぁまぁ

P1050412.jpg

でした。

俺はこれにてアンマン観光終了。

他の3人も、
イスラエルから戻ったら、
またチャンスがあるということで、
今日の観光は終了。

あとは市場をブラついたり、

P1050413-.jpg

ジューススタンドで、
特盛を頼んだり。
これ、
すっごい美味しかった!

いよいよ明日、
イスラエルに入国。

無事4人揃ってノー・スタンプで入出国できるかなぁ。
(イスラエルの判子が押されてしまうと、
次に行くシリアに入国できなくなってしまうのだ。)

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
ワディー・ムーサからアンマンへ移動。

7:00と10:00のバスがあって、
早めの出発したかった俺は7:00を選択。

みささん、ゆうちゃん、ふじいさん、
は10:00を選択したから、
アンマンのhostel”マンスール”での再会を願いつつ、
ここでお別れ。

バレンタインホテルからのバスに乗ってアンマンまで到着、
5JD。

でも一体アンマンの何処に降ろされたんだろう???

とりあえずタバコが切れてたからタバコ屋さんへ。

そこでダウンタウン行きの方法を聞いてみる。

なんだか言ってる事が理解できずにいると、
お店の人がバス停まで連れて行ってくれた。

ちょうどバスが来ていて、
値段を聞いてないのに、
半ば強引にバスに乗せられた。

でも考えてみたらどこで降りるのか、
全く???

泊まるつもりだった日本人ご用達のホステル
”マンスール(幸田荘)”
の名刺を眺めてたら、
隣に座ってた人から話しかけられた。

名刺を渡してみると、
どうやら同じバス・ストップで降りるから、
一緒に行こうと言ってくれている。

助かった、
でも信用できるのか?

同じバス・ストップで降りてみる、
30pt(\50くらい)。

「ついて来い!」
と言っている。

通りの人にマンスールがどこかを訪ねてくれている。

歩くこと10分くらいでマンスールに無事到着、
さわやかに別れを告げて、去っていった。

ポリスマン(プリズンで働いている9
って言ってたのは本当だったんだね、
良い人に出会えて、
簡単にマンスールを見つけ出せた、
感謝。

たくさんの旅人から聞いてた噂通り、
マンスールの”ルアイ”さん、
とても良い人、
日本人が大好きな様子。

大歓迎で迎えてくれて、
ジュースをくれて、
タバコをくれて、
お腹が空いてることを伝えたら、
朝ごはんメニューをご馳走してくれて、
本当はお金がかかるはずのランドリーを、
ルアイが選択するタイミングに声を掛けてくれて、
フリーで俺の洗濯物も洗ってくれた。

それから、
hostelに置いてある水を買いたいと言うと、
タダで1.5Lボトルをくれたり、
至れり尽くせりのサービス。

ただしこの数々のサービスは、
恐らく日本人にのみ提供されているのだ。

日本人が居心地良くて、
ここに集まってしまう訳である。

今後もアンマンに来る機会があるなら、
ここ以外は絶対に泊まらないと思う。

午後、
時間があるからアンマン観光をする事にした。

が、
”歩き方”を確認するも、
あんまり見所がないみたい。

P1050399.jpg

ローマ劇場、
なるほどなるほど。

坂道を登ってアンマン城、

P1050402.jpg

なるほどなるほど、
アンマンの街の眺めはなかなか良い感じ。

P1050403.jpg

P1050405.jpg

P1050407-.jpg

終了かな?

せっかくマンスールという居心地の良い場所を見つけたのに、
見る所があまりない、
残念。

街のジューススタンドで、
ついに”サトウキビ”を発見、

P1050408-.jpg

結構好きな味!

ホステルに戻ってみるとぉ~、



みささん、ようちゃん、藤井さんを発見。

無事にマンスールに到着、
また再会できた、
嬉しい!

4人で夕飯に出かけようと思ってたけど、
ルアイの提案により、
ルアイお手製のオニギリを振舞ってもらう事に。

ホント良い人、
とっても美味しかった、
ありがとう!

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
7:00、
近くのパン屋さんへ。

朝食と、
ペトラ遺跡に行った時の昼食用。

8:00、
hotel手配の無料バスでペトラ遺跡へ。

15分程度で到着。

帰りのピックアップは、
17:00 or 18:00のみ。

そんなにペトラ遺跡を見るのに時間が必要?
そんな疑問を抱きつつ、
入場料33JD(\4400)、
たけぇ。

でもペトラ遺跡はヨルダンで一番期待していた観光地、
インディージョンズのロケ地、
楽しみ。

P1050360.jpg

オリベスクの墓。

P1050363-.jpg

シーク開始、

P1050366-.jpg

P1050367-.jpg

シーク内は幻想的。

P1050369-.jpg

そして、
ペトラのメイン”エル・ハズネ”、

P1050370-.jpg

P1050374.jpg

インディージョンズのシーンで出てきた?
記憶が定かでない。
でも迫力があって感動。



P1050377.jpg

ローマ円形劇場。

P1050378-.jpg

P1050379-.jpg

たぶん宮殿の墓?
いくつか墓があって、
どれがどれなのかなんだかハッキリしなかったけど、
少しずつ暑さに蝕まれて、
解明を断念。

宮殿の墓は見晴らしが良い、
そこから写真を取ってるみささん、

P1050382.jpg

cool^^

P1050385-.jpg

凱旋門。

ビューポイントを目指して、
山を登り始める事2時間くらい?、

P1050386.jpg

エド・ディルに到着。

そこから登ってすぐの所にビューポイント、

P1050388-.jpg

P1050393.jpg

ここまで登るの、
ホントしんどかった、
よくついて来れたねみささん、
お疲れ!

こんなキツイ山登りがあることを知らず、
サンダルで来た藤井さん、
あなたはアホです^^

ようちゃん、
缶ジュースの交渉、
ナイス!
お店のお嬢さんとイイ感じだったね、
ひひっ^^

ビューポイントを下った頃には15:00、
身体もかなり参ってたし、
藤井さんのサンダルは壊れてたけど、
回りきってない西側も攻めることを決意する。

回り始めること数十分、
藤井さんはサンダル問題を抱えているため、
断念。

エル・ハズネで16:30に集合することにして、
みささんは、ようちゃんと3人で西側観光。

歩き方の地図が要領を得ないから、
とにかく迷う、
そして死にそうなほど暑い、
トロケソウ。

P1050395-.jpg

楽しみにしてたライオンのモニュメントを見つけられた、
暑い中、しばし幸福感に包まれた瞬間。

そして西側、
なぜかいつの間にか山を登らされ始める、

もう限界、
もう諦めたい、
そんな頃、

P1050398-.jpg

本日二つ目の山をなんとか登頂。

2daysチケットとかが存在する意味がやっと解った。

ペトラ遺跡は広い、
一日で全部を回るのはちょっと無謀だったのかもね、
みなさん、
お疲れ様でした。

予想だにしない二つ目の登頂、
16:30の待ち合わせに間に合わず、
ふじいさん、
17:00のバスでhostelに帰った模様。

3人で18:00のバスを目指してエントランスへ向かう。

緩やかな坂道がずっ~っとずっ~と続いて、
息が上がりっぱなし。

行きにあんなに盛り上がったシークを通っても、
完全に無視、無言、下向きっぱなし。

ペトラ、
疲れました。

でも見ごたえはたっぷり、
4人で回れて楽しかった。

hostelで無事ふじいさんと合流。

4JDのbuffeで食事する事に決めるも、
ひと悶着アリ。

”ドリンクが飲み放題”
という事でその店に決めたのに、
食べ始めると、
”ドリンクは瓶一本”
と言い出す。

頭にきたから、
お店の人にブチ切れ始めたら、
他の3人は
”そんなもんだよ”
って感じで、気にしてない様子。

その3人の態度にもなんか違和感を感じて、
注いだスープとサラダだけ食べて、
3人に対しても感じ悪い態度で、
お金払って、
さっさとレストランを後にしてしまった。

ちょっと大人気なかったかな、
申し訳ない。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
9:00、
インストラクターのよしさん、わかさん、
宿泊中のさとしさん達に見送られつつ、
予約しておいたバスでseven hevenを出発。

みささん、
みささんと同ドミトリーだった藤井さんと一緒。

藤井さんとは滞在中ほぼ絡みなしだったけど、
いつもニコニコ良い人そう。

ヨルダンへ渡るためのフェリー乗り場がある街、
”ヌエバア”へ移動。

11:00頃到着、
ヨルダンのアカバという港行きのチケット(80USドル)を購入、
スピードボート。

もう少しリーズナブル、
だけど時間のかかるスローボートのチケットを購入したかったけど、
どうやらツーリストには売ってくれないみたい。

フェリー出航予定の15:30まで、
昼食をとりながら待機、

P1050351.jpg

P1050352-.jpg

ターメイヤ、
コロモがサクサク、
美味しかった。

P1050353-.jpg

ジューススタンドのオレンジもね。

出国審査を済ませて待合場所へ。

予定時間より更に待たされる事2時間。

待合場所からバスでフェリー乗り場に移動して、
17:30、
ようやく出航。

どうかこんな無理を藤井さんにさせないでください、
藤井さん、
尋常じゃない程の汗をかいていましたから。

ドでかいフェリーに乗船中、
1人で移動中の日本人”ようすけ”と知り合う。

話を聞いてみると、
同じような経路だったから、
一緒に移動することになった。

フェリー内で入国審査を完了させて、
揺られること1時間30分くらい、
無事、ヨルダン上陸、

P1050354-.jpg

セルビス、バスが集まっている街の中心へ行くため、
タクシーと値段交渉。

ものすごい高い金額を吹っかけられて、
交渉決裂、
去ろうとしたら、
こちらの言い値”3JD(\260くらい)で無事成立。

タクシーに無事乗車。

乗車中に4人で相談、
この時間にセルビスやバスを捕まえるのは困難、
このドライバーと交渉して、
そのまま”ワディー・ムーサ”まで行ってしまいたい。

ワディー・ムーサまでは約2時間、
まずダメもとで10JD(\1600)を提案するも、
安すぎてキレられる。

粘り強い交渉の結果、
25JD(\3350)で行ってくれる事に。

こんな安い値段になってしまって、
"I'm crazy”
だとドライバーは言っている。

他の3人はもうこの値段に納得、
俺だけなんだかまだ騙されてる様で、
腑に落ちない。

たぶんエジプトで騙された後遺症。

目指すは、
ワディー・ムーサのバレンタイン・インというhotel。

ダハブで知り合ったさとしさんは、
このホテルの良くない噂を聞いていたらしくて、
泊まらない方が良いと助言をくれた。

ドライバーも同様の事を言っている。

宿泊代金をぼってくるそうな。

でも、
バレンタイン・インに行ってみる事にする。

P1050356.jpg

ドミ、3JD/1泊=ガイド通り、
受付の人の対応も感じ良いし、
特に問題なし。

宿選びは奥が深い。

P1050358-.jpg

遅めの夕食、
鶏肉も下のパンも水分少なめ、
いまいちだった。

ドミに戻ったのは12:00を過ぎていた、
シャワーはあきらめて就寝。

部屋が暑くて眠れない。

加えて、
藤井のイビキがうるさい^^

ようちゃんも同じように感じてたらしくて、
3:00くらいに窓を開けに行ってくれているのを発見。

おかげで眠りに付けた、
サンキュ!

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。