上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9:00、
fun dive。

免許取得時に練習で使ってた近場のスポットの予定が、
他の人のタクシーに同乗して、
Islandという名前のスポットに行けることになった。

インストラクターの”わかさん”、
そしてバディは”ゆみさん”。

免許取得のために一緒に潜った
インストラクターのよしさんやさとしさん、
ゆうさく、あつひろくん以外の人と潜る。

ゆみさんはもう数百本潜っている熟練さん、
残圧が長持ちするように、
気をつけなくてはなりません。

でもゆみさん、
ほんわかとても良い人、
リラックスして潜ることができた。

”アイランド”、
わかさんのイチオシスポットだけあって、
ものすごくキレイ!!!

特に色トリドリのサンゴ礁。

今まで練習で潜ってた場所とは全然印象が違って、
潜ってる間ずっと
”わぁ~~~”
って感じだった。

fan dive、
ホント参加しといて良かった。

ゆみさんと昼食。

話によると、
ペトラ遺跡に行くためには、
”ワディー・ムーサ”に宿をとった方が良い、
との事。

明日の移動、
アンマンまで行かずに、
手前の街”ワディー・ムーサ”まで行くことにした。

夕飯はおなじみのJum Bumとシェア、

P1050349-.jpg

P1050350.jpg

さみしくなるなぁ。

韓国に行った時には、
Jum Bumの家に泊まる事を約束、
その時はお世話になります。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
昼ごはん、

P1050304.jpg

チャイニーズ・レストラン、
このspring rollにハマッている。

注文する前に、店員に
”spring rool?”
って聞かれてしまうくらい。

夕飯はすっかり仲良くなった同ドミトリーの
パク・ジュンボムともう1人のkorean buyの三人で、
夕飯を食べた。

23:00、
防寒具、ライト、食料・水を持って、
シナイ山登頂ツアーへ出発、70£E。

ダイビングのトレーニングで一緒だった”ゆうさくちゃん”、
ルクソール駅で数分だけ話をして別れて、
seven heven hotelで偶然再会した”みささん”、
3人で一緒に参加。

宿からシナイ山の麓までは二時間で到着、
それからは徒歩で頂上を目指す。

”静けさの漂う道”
のような雰囲気を想像してたんだけど、
細い道をラクダがガンガンすれ違うわ、
登る人がたくさんいて登山道が渋滞するわ、
ちょっとだけガッカリ。

でも歩きながら、
いくつも流れ星が見れたのは嬉しい。

5:00過ぎ、登頂、
覚悟してたほど道はきびしくなくて良かった。

P1050311-.jpg

P1050312-.jpg

日の出待ち。

そして、

P1050315-.jpg

P1050318-.jpg

P1050330.jpg

もっと雰囲気を味わいたかったんだけど、
ゆうさくが隣でうるさいから、
いまいち浸ることが出来できんかった^^

くだりは行きの迂回路ではなくて、
階段3750段の短い時間で済むけど、
険しい道を選択、

P1050336.jpg

P1050337.jpg

帰りもさくさく降りてこられて、
そんなにきつく感じなかった、
ゆうさくを除いては^^

下山後、
聖カトリーナ修道院、

P1050343-.jpg

P1050340.jpg

P1050341.jpg

完全な期待はずれで終わってしまった。

11:30a.m.、
backpackersに戻って、
Friendsというレストランで昼食、
一緒に登山した”みささん”、”ゆうさく”、
同室の友達”あけみさん”と、

P1050345.jpg

English Breakfast、15£E。

このレストランはwifeがfree、
久しぶりにインターネットに接続、
メールをチェックしたら、
イーバンクから返事あり。

二重引き落としされた¥100,000、
無事、返金されてた、
これですべての問題が解決、
すっきりした。

仮眠を取って、
夕飯はJun BumとFighting Kangarooというレストランで、

P1050348-.jpg

明日、
アンマンに移動するつもりだったけど、
一緒に移動しようと思ってたみささんと話した結果、
明後日、
アンマンに移動することにした。

なので、
advanced warter diverを取得した時に権利を放棄した
Fan dive(無料)
を利用して、
ダイビングをするつもり。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
本来の目的のひとつ《だらだらする》を実施。

ドミトリーの前に置かれた椅子に座って、
同室のkorean guyとまったり話をしたり、
冷房の利いた部屋でblog用の日記を書いたり、
(5/26からずっと書いてなかったから思い出すのが大変)
昼寝したり。

一日じゅう、だらだらしてみた。

ダイビングのトレーニングで筋肉痛になってたりしたから、
良い骨休め。

昼ごはん、

P1050301.jpg

チャイニーズ・レストラン、
安くてウマイ、
毎日通っている。

P1050299-.jpg

レストランからの眺めも最高。

夕飯、

P1050303.jpg

同じチャイニーズ・レストラン、
ここばっかり行ってるんだよね^^

今泊まってるドミトリー、

P1050302-.jpg

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
6/3から6/6の4日間、
朝から夕方まで、
海でいろんなトレーニングをした。

海でのトレーニング終了後は、
教本を読んで、宿題して、
毎日いっぱいいっぱい。

一緒に受けている人が、
どうやら時間があまりなくて、
4日間という短期間に、
やるべき事を詰め込んでくれたらしい。

なので、
非常にハードスケジュールになったみたい。

でもとても助かる、
俺も短期で終わらせてしまって、
ヨルダンに移動したかったから。

本当は毎日どんなことやったか書きたかったんだけど、
余裕がなくて、そんなことしてられんかった。

6/9現在、
6/3-6の覚えてることを何となく書き残しておく、
水中でマスク外したり、
たくさんの事を練習したけど、
いつやったのやら、
記憶にのこっていない。

6/3(一日目)、9:00起床。

午前中いっぱい、
open water diverのためのDVDを駆け足で見る。

午後、
日本人のインストラクターのstrict^^よしさん、
それから一緒にトレーニングを受ける日本人の若者2人、
(この2人は友人)
それからダイブマスター?になるためのトレーニングとして、
今日から勉強を始めるさとしさんが、
その勉強の一環として我々をフォローするため参加してくれる。

この4人でトレーニング開始。

この日覚えていることは、
問題なく出来るだろうと思ってた耳抜きができなくて焦った事。

出来なくて耳が痛くて、
しばらく我慢してたら、
ものスゴイ大きな音が耳の中でして、
痛みが急になくなった、
鼓膜が破けたんじゃないかと思って、
かなり焦った。
(友人のまさずみがダイビングで鼓膜を破っているのだ)

トレーニングの後、
12mの深さのダイビングを1本、
インストラクターについて行くのに必死で、
全く楽しくなかった。

ダイビング終了後は、
シャワー浴びて再集合、
ログをつけて、本日のトレーニング終了。

部屋に戻って宿題と、
二日後のテストに向けてお勉強。

6/4(二日目)、9:00起床。

午前中、海でトレーニング。

午後、
ダイビングの装備を外して、
シュノーケリングで5~6mまで潜った後、
浮上しながら水をクリアする練習をした。

これがものすごい恐怖だった。

ダイビングの時は、
ライフジャケットみたいなので、
足で漕がなくてもずっと浮いてられたけど、
シュノーケリングは、
漕いでなくちゃならない。
(と思い込んでいた。)

足が疲れて、息が整わない。

なぜか海水が時々ドッと口に入ってくるから、
”海水に顔つけても息が出来る”
っていう事が信用できなくなってきて、
不安になってくる。

潜る方法を教わったんだけど、
上手く潜れなくてすぐ浮いてきちゃう。

更に足がどんどん疲労、
更に息が整わない、
すごく怖かった。

なんとかやるべき練習はクリアしたけど、
ダイビング事態に恐怖を覚えるようになってしまった。

シュノーケリングの練習の後、
一本ダイビング、
シュノーケリングの恐怖が蘇ってきて、
少し怖かった。

休憩を挟んで、
もう一本。

恐怖が薄れてくる。

18:31に海でのトレーニング終了、
今日は長丁場だったけど、
ダイビングが楽しめるようになってきた。

みんなでログをつけてから、
明日の学科テストのため、お勉強。

学科テストに落ちると”ちんかす”と呼ばれるらしい。
俺、何か危ねぇなぁ。

6/5(三日目)、9:00起床。

午前中、一本潜って、
初日に渡された宿題の答え合わせをして、
模擬問題。

そしていよいよFinal exam。

50点満点中、38点以上で合格。

他の2人の採点が先に終了、
危なげなく合格だった。

んで、
俺は、、、

37点、
予想通り不合格、
”ちんかす”
に決定!!!

追試になるか、
インストのよしさんの判断で免除してもらうか、
そんな話をしながら、
みんなで回答用紙を見ながら、
間違いチェックをしてたら、、、
ん?

採点されてない項目発見!!!

確認してもらったら、
正解だった、
従って、
38点、
無事”ちんかす”を免れて、
合格となりましたぁ~、
良かったよぉ。

これにて、
無事3人揃って
open water diverになれた。

午後からは、
早速、
advanced open water diverのトレーニング開始。

方位の取り方などの練習と、
5本のダイビング、
テストはない(けど、宿題たくさん)。

トレーニングの後に、二本のダイビング。

一本目は”naturalist”というダイビング、
最大深度17.9m。

ダイビング終了の際、
水面から8m付近で5分間停止する必要があるけど、
上手く浮力が調整できずに、
すぐ水面に上昇してしまった、
叱られた。

公開の固有種
《ゴールデン・バタフライ・フィッシュ》
を見ることが出来た。

二本目は”ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー”、
最大深度は16.2m。

今回はちゃんと安全停止が出来た。

これで今日は三本のダイビング、
くたくた。

でも出された宿題を1:00a.m.までやった、
キツイ。

6/6(四日目)、9:00起床。

今日も三本のダイビング。

午前中、
一本目は”deep”というダイビング。
最大深度30mまで行った。

ナポレオンフィッシュがいた。

10分の休憩を取って、
二本目は”navigation”。

コンパスを使って、
90℃に三回曲がって、
元の場所に戻ってくる練習。

30mの長さでキックの回数を数えて、
距離を測る練習。

ホバーリングの練習後、
ダイビング。

スネークビレニーが見れた、
珍しいらしい、
可愛かった。

そして最後のダイビングは、
生徒3人のリクエストによしさんが応えてくれて、
”ナイトダイビング”。

17:30まで自由時間。

他の2人はもう宿題を終えてるらしくて、
完全に自由時間。

でも俺は5枚中たったの1枚しかやってないから、
宿題の時間。

友達になった”ちづ”に邪魔されつつも、
なんとか17:15に終了。

17:30からみんなで応え合わせして、
”ナイトダイビング”が終わってないけど、
トレーニング終了という事で、
open water diver、
advanced water diver、
のライセンスを発行してもらった。

ただし、
本物は後日PADIから発送されるから、
90日間有効なtemporary cardを貰った。

これで、
いよいよ最後の”ナイト・ダイブ”だけ。

明日から何もしなくて良いと思うと、
たまらなく嬉しくなる。

20:00、
本日三本目、
トレーニング最後のダイビング、
”ナイト・ダイブ”。

片手にライトを持ちながらのダイビング。

潜るのにはだいぶ慣れたけど、
全然感覚が違うもんだね。

中世浮力も取りづらいし、
ハンド・サインも見づらいし、
大変だった。

それでも俺は結構楽しかった、
他の2人は”怖かった”って言ってたけど。

最後に見た夜光虫もキレイだった。

ナイト・ダイビング、
チャンスがあればまたしてみたい。

これにてすべて終了~~~!!!

4日間、
きつかったから、
開放感、
達成感、
がたまらなく心地よい。

インストラクターのよしさんを始め、
みんな良い人で助かった、
さとしさんにも時間外で色々アドバイスを貰った、
有難うございました!

IMG_0139.jpg

証明写真。

疑ってた人達へ、
俺は本当にダイビングをやりました^^

advanced water diverのコースを選択すると、
一本フリーでダイビングができるから、
ダハブの有名なスポット
”ブルーホール”
にもfreeで行ける。

でも俺は行かないことにした。

ダハブは免許を取れただけで十分、
ダイビングは他の場所でやろうと思う。

お金を払うとUS$4000くらいらしいけどね。

シナイ山に早速登りたいけど、
ダイビング後は休息時間が決められてるから、
明日は登れない。

明日はの~んびり過ごして、
明後日シナイ山に登る予定。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スエズのバスターミナルに7:00a.m.到着。

引き続き、お腹壊れ中のためトイレに駆け込む。

ダハブ行きのバスを探すがみつからん。

どうやら同じターミナルからバスが出てないらしい、
ルクソールのバスチケットのスタッフ、
人の良さそうな振りして、
嘘つきやがった。

taxi(20£E)を拾ってダハブ行きのバスターミナルへ。

バス、
11:00発しかないらしい、
3時間待ち、
くそっ、
これも嘘つかれた。

何も食べてない、
でもターミナルの屋台で売られているものは、
すべて危険なにおいがして食べれそうにない、
ポテトチップスでしのぐ。

11:00のバス(40£E)に乗ってダハブへ。

18:00頃にダハブのバスターミナルに到着。

taxiでネプチューンhotelに行くようお願いしたら、
seven heavenに日本人がたくさんいるから、
お薦めだという。

taxiドライバーの言うことは信用しない!
と心がけてるけど、
あんまりしつこいから行ってみることにする。

結果、
ドライバーは正直者だった。

日本人たくさん、
コリアンもたくさん、
それに値段が安い、
ドミトリー 20£E(\320)/1泊、
これなら長期滞在しても大丈夫そう。

ありがとう、ドライバーさん。

ドミトリー、
ベットが6つあるんだけど、
4つが日本人、
1つが韓国人。

同じドミの日本人=さとしさんが声を掛けてくれて、
明日から早速ダイビングのレッスンに参加できることになった。

open water diverとadvanced open water diver
のライセンス取得を目指すことにした。

advancedを取ると、
30mまで潜れるようになって、
ニューカレドニアのダイビングも楽しめるらしいのだ。

ちなみに料金は
open water diver = US$200
advanced open water diver = US$400

倍の差があるけど、
たぶん日本で取るよりはるかに安いんだろうな、
調べてこなかったから分からんけど。

明日から一緒にレッスンする2人に日本人は、
既に今日事前のビデオレッスンを見終わって、
教本を読みながら、宿題に取り掛かっているらしい。

俺は出遅れスタート。

明日の午後から海で実技。

だから午前中にビデオを見る必要があるらしい、
分厚い教本を渡された、
宿題も。

ライセンス取得まで、
一体どんなスケジュールなのか知らされてないから、
不安たっぷり。

午前中はダイビングの練習、
午後はくつろぎタイム、
そんなのんびりムードで取得できる雰囲気じゃなささそう。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。