上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
下痢止まらず、
お腹の痛み、やや残り美味、
手足に赤い発疹がたくさん。

きっと身体が戦ってるんだろう。

午前中は三人でのんびりのんびり。

blog更新、
洗濯、
猫と遊んだり、
マラウイ湖でクリスチャンの洗礼式をながめたり。

午後は、
スコット、めぐみさんと、
レストランで昼食を取って、
ブラブラ街を歩いたり、

P1040554.jpg

P1040555.jpg

P1040559.jpg

子供たちに木の船の乗り方習ったり、

DSC00323.jpg

DSC00324.jpg

DSC00325.jpg

DSC00328.jpg

DSC00330.jpg

スコットがぷかぷか浮いてて、

DSC00332.jpg

俺沈没、
バランスを取るのがすごく難しかった。

久しぶりの泳いだから、足つった^^

明日は、
居心地の良いこの地を離れて、
また長い移動のはじまりだ。

2人とさよならするのが寂しい。

クリックするとランクが上昇するのだ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
perfectに腹を壊した。

夜明け前に二回トイレに行った、
お腹が刺すように痛い。

結局、
電気が復旧したのは15:00頃。

15:00にもぞもぞ起きだして、
動かなければお腹が痛まないことに気づいて、
PCいじってたら、
なんと、
スコット、めぐみさんが現れた。

だいぶ弱ってたから、
なおのこと再会がとても嬉しい。

スコットがマラウイのビザを取得する必要がなかったから、
早くンカタベイに到着できたらしい。

2人と話しているうちに食欲が少しでてきて、
軽い食事を取って、
正露丸を飲んでみた。

明日には直ってると良いなぁ。
そして、
Giftは現れなかった。。。

でもバスの時間を受付に伝えてくれていて、
宿の人がバスターミナルへ俺を送ってくれるように頼んでくれた。

昨日、ぐるぐるタクシーで廻ってもらって気づかなかったけど、
実はバスターミナルは宿から歩いて5分程度のところだったのだ。

Gift、
良いヤツだったのか?
それとも?^^

朝8:00にリロングウェを出発、
またまたバスはダウングレード、
でも飽きる事はない、
だけど非常に疲れる^^

P1040541.jpg

ンカタベイに着くまで、
小さな街に立ち止まっては、
人が降りて乗って、
物売りがバスの回りを囲む、
その繰り返し。

物売りは食べ物なんかも売り歩いてるんだけど、
なんとなく止めといた。

ンカタベイに15:00に到着、
知り合った日本人に薦められてた宿、
Big blue star backpackerに決めた。

その日本人にンカタベイで何をすべきか聞いたら、
”何もしない”
って言ってたから、
数日、
俺もただのんびりすることにした。

ちょっとしたリゾート地な感じ。

歩いてると気さくに話しかけてくる、
安全そうだし、
確かに居心地よさそうな街。

宿のプライベート湖、

P1040546-.jpg

マラウイ湖。

レストランで食事、

P1040542-.jpg

P1040544-.jpg

そして、
街が停電、
なんとか宿まで戻って、
19:00、
真っ暗で何もできない、
何もするつもりがなかったから丁度いい?^^

blogの更新もできな~い
ルサカからリロングウェに移動するため、
朝6:30のバスに乗る。

どんどんバスのグレードが下がっていく、、、
途中、雨が降り出し、
そして雨漏りするバス、

P1040538.jpg

稲妻が光った。

リロングウェに21:00に到着、
なんだか危なげなバスターミナル、
最初に声を掛けてくれた若者タクシードライバーの車に乗り込む、
MK1000(\700)。

バックパッカーズを二件廻っても、
ドームの空きがない、
もう一件だけ乗せて行ってもらって、
MK600(\420)という超破格の宿を見つけてもらった、
ただしテント、

P1040539-.jpg

P1040540.jpg

タクシー代、
どう考えても高すぎるから、
明日のンカタベイのバスの時刻と、
バス停に行くための迎えを約束させた。

ただなぁ、
お金もう払っちゃってるから、
ちゃんと迎えに来てくれるかは不明、
Gift(=ドライバーの名前)、
信じてるよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。